*

酒よりカツカレー

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

モガディショからソマリランドのハルゲイサに戻り、さらに今日、飛行機で隣のジブチに出た。
世間のイメージとはまったく逆に、この3都市の中では無政府状態のモガディショが圧倒的に発展した大都市で、次が国際的に未確認なソマリランドのハルゲイサ、そして街も、走ってる車もボロくて、格差がひどく、遅れた感じがするのがこのジブチ。
つまり、どんどん安全で国際社会にちゃんとリンクしているところに移るに従って、
どんどん場末感が強まって行くという不思議な状況なのである。
もっとも、ここでも周囲の人はふつうにソマリ語で会話をしているし(公用語はフランス語だけど、街の中心部を一歩離れるとほとんどフランス語は聞かない)、言動がふつうにラフだし、みんな葉っぱを食ってるし、ソマリワールドの中から全然出てはいない。
あ、そうそう、ここは酒が飲めるんだ!!
それは今までとまったくちがう世界じゃないか!!と今気づいたのだけど、
いつもながら、さっぱり酒を飲む気がしない。
いや、目の前にあれば飲むけど、わざわざ酒を出す店に行って飲むのが面倒くさい。
それよりツイッターで友人がつぶやいていたせいで、カツカレーが食いたくてしかたない。

関連記事

no image

こんなことをやってる場合か

重要事が押し迫るほど、人は余計なことをやりたがる。 明日の出発に備え、歯磨き粉と爪きりと電池を買い

記事を読む

no image

エメリウム光線か

持病の腰痛を治すため、「すごい治療師」のところへ行く。 「すごい」と言われる民間療法の治療師はこれで

記事を読む

no image

ソマリアのワークショップで怪しまれる

日本エネルギー経済研究所・中東研究センターが主催するソマリア問題のワークショップというやつに行ってき

記事を読む

no image

生物「超」多様性問題

探検部の後輩で今、テレビのディレクターをやっている男が生物多様性問題について取材をしているというので

記事を読む

帰国しました

昨日(3日)の午後、無事に帰国した。 二ヶ月ぶりの日本の印象は、「こぢんまりしている」。 成

記事を読む

no image

クールだけど超目立つ

 『謎の独立国家ソマリランド』、ついに昨日からAmazon.comで予約受付が開始された。

記事を読む

no image

羨ましい病

ニューギニア、アマゾン、ナイル、モンゴル、タイ、カンボジア…と世界中の辺境に単身で飛び回って、巨大

記事を読む

no image

計算ができないのか?

野々山さんのご指摘で気づいたが、 前回の日記で換算した部数計算がまるっきりまちがっていた。 日本に換

記事を読む

no image

『困ってるひと』再び

私の記念すべきプロデュース第一作、大野更紗『困ってるひと』(ポプラ社)が文庫化された。 たった

記事を読む

no image

あの素晴らしい旅行記をもう一度

なんとなく小島剛一著『トルコのもう一つの顔』(中公新書)を再読したが、 あらためて素晴らしい本だ。

記事を読む

Comment

  1. hu より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; BOIE9;JAJPMSE)
    イスラム飲酒紀行がライフワークじゃなかったんでしょうか・・。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • つい自分のことを喋りたくなるというのはいい本の証拠ですよね。「弱い本」という概念も新鮮でした。 https://t.co/diLzGixbfC ReplyRetweetFavorite
    • 食べる(理解する)のも出す(感想を言う)のも難しい本でした。食べて出すというのは本当に難しい、それだけはよくわかりました。 https://t.co/Pja7l63gRt ReplyRetweetFavorite
    • イベントの打合せはひじょうに難しい。何が難しいかって、油断すると打合せでつい面白いことをバンバン言ってしまうこと。それは本番のためにとっておかなければいけないのに。話の途中でハッと気づいて寸止め。その繰り返し。 https://t.co/QlCNGZd3dO ReplyRetweetFavorite
    • RT : 月曜日担当・松原です☺️ きょうの内容は・・・ 🍁街ネタ・一関「太鼓店の和太鼓工作キット」 🍁トレンド 本「幻のアフリカ納豆を追え!/#高野秀行」を紹介! きょうからお便りテーマもあります! みなさんのメッセージお待ちしています! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの最新刊、「幻のアフリカ納豆を追え!」では、バオバブの種から作った納豆が出てきます。(昨日読んでました) めちゃ面白いので機会があれば是非! ReplyRetweetFavorite
    • 本書に記されている難病当事者の圧倒的な孤独に坂口安吾の言う「文学のふるさと」を感じてしまった。「生存それ自体が孕んでいる絶対の孤独」、救いがなく慰めようもないけれど文学がそこから始まるしかないもの。… https://t.co/r0tsEFvz2X ReplyRetweetFavorite
    • 私は以前、やはり自己免疫疾患系の難病を患っている大野更紗さんの『困ってる人』(ポプラ文庫)という本をプロデュースした。大野さんは「難病の人の状況や気持ちがあまりにも理解されていない」と声を大にして(でもユーモアたっぷりに)訴えた画… https://t.co/UYvJhSv7tF ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑