*

急性アルコール分離症候群

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日、帰国しました。
ソマリランド(&ソマリア)に行ったときはいつもそうなのだが、
だいたい毎日葉っぱを喰っているし、酒はほとんど飲まない。
そんな生活を続けていると、酒が飲めるところに出てもあまり飲みたいと思わない。
飲んでもうまくない。
今回もそうだった。
ジブチへのフライトの中でハイネケンを飲んだら、「苦い! まずい!」
まるで高校生のとき、初めてビールを飲んだのと同じ気持ちになってしまった。
ワインは味としてはまだマシだが、気持ちよく酔うことができないのは同じ。
「なんだか変な気分だな…」と思っているうち、急に眠くなったり、気持ち悪くなったりする。
私はこれを「急性アルコール拒否症候群」と呼び、恐れおののいている。
この症状はアルコールを断っている時間が長ければ長いほどつづく。
前回は2ヶ月近かったため、酒がうまく感じられるまで一週間もかかった。
それまでは毎日、まずいのを我慢して呑み続けねばならない。
ひじょうに辛い。
(もっとも、アルコールを2ヶ月も断ったら、そのあとで酒が旅の前と比べて2倍以上も強くなっていたのにも驚いた。肝臓が劇的に休まったのだろうか。)
さて、今回は2週間くらいだったため、帰国直後に飲んでもまあまあ酔うことができ、
一安心。
でも、とてもいつもの「五臓六腑に染み渡るううう!!」という感じにはほど遠い。
まあ、まずくはないけど…という程度だ。
今夜あたりは、どうだろう。
そろそろ試してみる時間だ。

関連記事

no image

対談は仕事場でなく家庭で

宮田珠己さんとの対談シリーズ「タカタマ対談」の第5弾を 本の雑誌の杉江さん立会いの下、 関東某所に実

記事を読む

no image

帰国、暑い、その他

タイより帰国した。 みなさんから聞いていたとおり、暑い。 チェンマイはもちろん、バンコクも比較になら

記事を読む

no image

おすもうさん

相変わらず慌しい日がつづいているが、移動時間や待ち時間も多いため 仕事はできなくても本は読める。

記事を読む

no image

「中国人の本音」

人気ブログ「大陸浪人のススメ」の管理人で、それを書籍化した「中国人の本音 中華ネット掲示板を読んで

記事を読む

新連載開始?

今、すでに五誌(紙)で連載していてアップアップなのに 今度は「本の雑誌」で新連載を開始してしま

記事を読む

no image

絶滅動物の生き残り?

さて、マリンダはいったいなにものなのか。 既知の現生哺乳類にはこんな動物はいない。 ところが、過去に

記事を読む

no image

僕が、落語を変える

私は自分のことを「文芸人」だと思っている。 文章を芸とする芸人であるという自覚だ。 だから、「芸人

記事を読む

no image

またプロレスの話ですが

三沢光晴の一件について長らく考えていたが、結局「三沢は死んでいない」という結論に達した。 「彼は俺

記事を読む

no image

個人的2011年ミステリ・ベストワンはこれだ!

最近の海外ミステリはとにもかくにも猟奇連続殺人事件が多い。 「サイコパスもの」とでもいうのか。 私

記事を読む

no image

島国チャイニーズと沖縄系ブラジル人

読了してから時間が経ってしまったが、野村進『島国チャイニーズ』(講談社)は 万人にお勧めの良書であ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2023年1月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑