*

山口晃「親鸞」書籍化を熱望!

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

ScannedImage-2
『ヘンな日本美術史』(祥伝社)を読んで以来、山口晃に嵌ってしまったとブログやツイッターに書いたところ、
私が今連載をしている「Fole」という、みずほ総研の会員誌の担当編集者Mさんからメールが届いた。

それによれば、Mさんも山口さんが大好きで、「Fole」の表紙の装画も一年頼んだことがあるという。
うち、4回はなんとオリジナル!
鼻血出そうだ。あの山口晃に自分の趣味で作品を頼んで描いてもらうなんて!!

中でも東京タワーの絵は山口晃大画面作品集にも収録され、クリヤファイルにまでなっていて(上)、
もはや代表作の仲間入りだ。

羨ましさ余って、そのMさんを誘い、横浜そごう美術館で行われている展覧会に行ってしまった。
山口さんの人ととなりや仕事ぶりなどを根掘り葉掘り訊ねてファン心理を満足させたのもさることながら、
なにしろ展覧会がよかった。

正直な話、誰か特定の個人の展覧会など行ったのは生まれて初めてじゃないかと思うのだが、
なにより本物は画面が大きいうえ、書籍未掲載の作品が多数並べられており、
かぶりつきで2時間以上夢中になってしまった。

よかったものはたくさんあったし、その感想もいろいろあるのだが、
時間もないし、ここでは「親鸞」について、一言。

五木寛之が地方紙で『親鸞』(現在は講談社文庫で読める)を連載したときの挿絵を山口さんが描いていて、
それがどうにもこうにも素晴らしい。
二十人くらいの別人の、それもみんな腕の立つ画家やイラストレーターが順番で描いているんじゃないかというほど
回ごとに作風を変え、洒落っ気と凄みがたっぷり。

これ、物語のどういう場面で使われたのかとても知りたい。
この素晴らしい挿絵をぜひ書籍化してほしい。
各絵には細かくキャプションを入れて、五木先生の『親鸞』のどの場面に対応するのかも記す。

そうすれば、絵だけでなく、二度楽しめる。
展覧会で絵を見てるだけで楽しめたが、「私たち結婚しました。これから二人で仏道を歩み…」なんていう通知はがきの絵など、
いったい何の場面のことなのか知りたくて知りたくて悶絶してしまう。
五木先生もよく怒らなかったなと感心する(怒ったかもしれないけど)

五木先生『親鸞』の売上げにも直結するので、ぜひ講談社で出してくれないだろうか。
もちろん他社でもいいのだが、とにかくいまや国民的画家・山口晃と五木先生のコラボですよ。
私からの切なるお願いだ。

関連記事

no image

東京に戻りました。

だいぶ予定より遅くなりましたが、おかげさまで無事帰国しました。 2ヶ月近くも、めくるめくソマリ・ワン

記事を読む

no image

ブータンは4月

2月にブータンに行く予定だったが、向こうの事情やこちらの事情などで 4月に延期になった。 それまでゆ

記事を読む

no image

幻の国ソマリランド

エチオピアを経て、ソマリアに入った。 ここが今回のほんとうの目的地なのだが、さすがに出発前は言いづら

記事を読む

no image

鼠にも刺青を彫る?!――『バタス 刑務所の掟』

藤野眞功『バタス 刑務所の掟』(講談社)を今頃読んだ。2010年に出たとき、本屋で立ち読みしたが、な

記事を読む

no image

故郷再訪

実家に帰る用があったので、ちょっと気が向いて、 子どもの頃住んでいた家の辺りや遊び場にしていた場所を

記事を読む

no image

白骨になっても大丈夫

先日山形に行ったとき、山形大法医学教室の梅津和夫先生にDNAの検査をしてもらった。 口の中に綿棒を突

記事を読む

no image

未確認思考物隊

1月からどうやら本当に始まるらしい関西テレビの 変な番組のタイトルが決まったと連絡があった。 「未確

記事を読む

no image

また「テレビみたい」と言われるんだろう

日曜日の朝刊のテレビ欄で知ったのだが、 「ウルルン」の後番組として「地球感動配達人」とかいう番組がは

記事を読む

no image

彼らもイランに行った

自分の本が出ると、意味もなく書店に“確認”に行くという癖は 何冊出しても換わらない。 今回も『アジ

記事を読む

no image

いい人症候群の後遺症

震災以来、突然「いい人」のふりをしてしまう恐ろしい伝染病「急性いい人症候群」に冒されていたが、 ここ

記事を読む

Comment

  1. やすっぽ より:

    高野さん。私も山口さんの大ファンです。その親鸞ですが、7月1日から完結編がスタートしますよ。私も毎回楽しみです。仏教の観念的な内容を、視覚的に見事に表現していて驚きます。東京地域では東京新聞で読めます。では。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/release/CK2013051002000110.html

    • 高野 秀行 より:

      すみません、コメントを見逃してました。
      『親鸞』の続篇をやるんですか?!
      もう7月1日から「東京新聞」を購読しますよ。ああ、楽しみ。

  2. すみっこ より:

    はじめまして、高野さん。私も山口さんが大好きです。東大出版会の「UP」という雑誌に、山口さんが「すゞしろ日記」というマンガを連載されているので、たまに図書館で閲覧したりもしてます。(書籍にもなっています)
    京都の「えき美術館」でこの展覧会を観て、まったく高野さんと同じ思いをし、同じことを考えたので、うれしさのあまりコメントしてしまいました。私も山口画伯の「親鸞」が出版されることを、切にお願いいたしております。

  3. HU より:

    展覧会、一昨日までだったんですねー。ショック。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2023年2月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑