*

山口晃「親鸞」書籍化を熱望!

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

ScannedImage-2
『ヘンな日本美術史』(祥伝社)を読んで以来、山口晃に嵌ってしまったとブログやツイッターに書いたところ、
私が今連載をしている「Fole」という、みずほ総研の会員誌の担当編集者Mさんからメールが届いた。

それによれば、Mさんも山口さんが大好きで、「Fole」の表紙の装画も一年頼んだことがあるという。
うち、4回はなんとオリジナル!
鼻血出そうだ。あの山口晃に自分の趣味で作品を頼んで描いてもらうなんて!!

中でも東京タワーの絵は山口晃大画面作品集にも収録され、クリヤファイルにまでなっていて(上)、
もはや代表作の仲間入りだ。

羨ましさ余って、そのMさんを誘い、横浜そごう美術館で行われている展覧会に行ってしまった。
山口さんの人ととなりや仕事ぶりなどを根掘り葉掘り訊ねてファン心理を満足させたのもさることながら、
なにしろ展覧会がよかった。

正直な話、誰か特定の個人の展覧会など行ったのは生まれて初めてじゃないかと思うのだが、
なにより本物は画面が大きいうえ、書籍未掲載の作品が多数並べられており、
かぶりつきで2時間以上夢中になってしまった。

よかったものはたくさんあったし、その感想もいろいろあるのだが、
時間もないし、ここでは「親鸞」について、一言。

五木寛之が地方紙で『親鸞』(現在は講談社文庫で読める)を連載したときの挿絵を山口さんが描いていて、
それがどうにもこうにも素晴らしい。
二十人くらいの別人の、それもみんな腕の立つ画家やイラストレーターが順番で描いているんじゃないかというほど
回ごとに作風を変え、洒落っ気と凄みがたっぷり。

これ、物語のどういう場面で使われたのかとても知りたい。
この素晴らしい挿絵をぜひ書籍化してほしい。
各絵には細かくキャプションを入れて、五木先生の『親鸞』のどの場面に対応するのかも記す。

そうすれば、絵だけでなく、二度楽しめる。
展覧会で絵を見てるだけで楽しめたが、「私たち結婚しました。これから二人で仏道を歩み…」なんていう通知はがきの絵など、
いったい何の場面のことなのか知りたくて知りたくて悶絶してしまう。
五木先生もよく怒らなかったなと感心する(怒ったかもしれないけど)

五木先生『親鸞』の売上げにも直結するので、ぜひ講談社で出してくれないだろうか。
もちろん他社でもいいのだが、とにかくいまや国民的画家・山口晃と五木先生のコラボですよ。
私からの切なるお願いだ。

関連記事

no image

イベントのお知らせ

2月21日(木)20:00~、下北沢のB&Bにて『謎の独立国家ソマリランド』の刊行記念ト

記事を読む

no image

酒飲み書店めぐり

『怪獣記』の担当編集者とともに、丸一日かけて書店へ挨拶まわり。 ほとんどが名高い(?)酒飲み書店員

記事を読む

no image

私の名は紅

前から気になっていたケン・フォレットの世界的ベストセラー『大聖堂』を読み始めたのだが、 物語はとく

記事を読む

no image

抱かれたい路上の男ナンバーワン

先日紹介した『TOKYO 0円ハウス0円生活』(大和書房)の著者・坂口恭平が その本に登場するスーパ

記事を読む

no image

千葉のソマリランド人

千葉県東金に住むソマリランド関係者がいる、と前に書いた。 曖昧な言い方をしてしまったが、その人物、実

記事を読む

no image

子供がノノさんになっていいのか

杉江さんから「な、な、なんか大変なことになってる!」と まるで銭形平次のところに駆け込んでくる八五郎

記事を読む

no image

『間違う力』発売開始

『間違う力 オンリーワンの10カ条』(メディアファクトリー)が発売になった。 丸善川崎ラゾーナ店で

記事を読む

no image

スリランカ人しかいない焼肉屋

探検部の後輩たち数人と渋谷のラブホ街の真ん中にある焼肉屋に行く。 裏情報誌「裏モノジャパン」の編集長

記事を読む

no image

続・プロレスの罠

こんなことをしていてはイカン!と思いつつも またもやプロレス本を一気読み。 小島和宏『ぼくの週プロ

記事を読む

no image

たぶん、みんなイライラしている

1月2日、八王子の実家に行くため京王線に乗っていた。 車内は高尾山や高幡不動へ行く初詣の客で混雑して

記事を読む

Comment

  1. やすっぽ より:

    高野さん。私も山口さんの大ファンです。その親鸞ですが、7月1日から完結編がスタートしますよ。私も毎回楽しみです。仏教の観念的な内容を、視覚的に見事に表現していて驚きます。東京地域では東京新聞で読めます。では。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/release/CK2013051002000110.html

    • 高野 秀行 より:

      すみません、コメントを見逃してました。
      『親鸞』の続篇をやるんですか?!
      もう7月1日から「東京新聞」を購読しますよ。ああ、楽しみ。

  2. すみっこ より:

    はじめまして、高野さん。私も山口さんが大好きです。東大出版会の「UP」という雑誌に、山口さんが「すゞしろ日記」というマンガを連載されているので、たまに図書館で閲覧したりもしてます。(書籍にもなっています)
    京都の「えき美術館」でこの展覧会を観て、まったく高野さんと同じ思いをし、同じことを考えたので、うれしさのあまりコメントしてしまいました。私も山口画伯の「親鸞」が出版されることを、切にお願いいたしております。

  3. HU より:

    展覧会、一昨日までだったんですねー。ショック。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 橋本幸士先生の『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社)がとても面白かったので、大栗博司著『大栗先生の超弦理論入門』(講談社ブルーバックス)にも手を出してみた。『超ひも〜』も大半がわからなかったが、こちらはほとんどわかなかった。だけど無類の面白さ。って、どういうことなんだろう? ReplyRetweetFavorite
    • 今なら宮田さんの小説に適切なアドバイスができますよ。 https://t.co/Ny6Wde0yPM ReplyRetweetFavorite
    • 本書によれば、「自分は普通以下のアホ」であり、「人生は楽しくないもの」と認識することによって断酒が可能になるという。断酒するつもりはないけど、こう考えるのは悪くないかも。 ReplyRetweetFavorite
    • 町田康著「しらふで生きる」(幻冬舎)が面白い!と噂に聞いたので読んでみた。久しぶりの町田節を堪能。30年間大酒を毎日飲み続けた町田さんがなんと断酒したという話だが、なんと酒云々を超えて「幸福論」になっている! ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑