*

新刊「世界のシワに夢を見ろ!」完成

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


いよいよお待ちかね、新刊「世界のシワで夢を見ろ!」(通称「しわゆめ」)が完成した。
これはヤングチャンピオン誌に連載されたコラムを単行本化したものだ。
全25本のコラムにはすべて佐渡川準氏(少年チャンピオンで「無敵看板娘」という人気漫画を連載中)によるイラストがついているので、カバーも氏にイラストをお願いした。
連載をずっと読んでいる奇特な人以外は、帯のコピーが謎だと思われるが、
本を買って読めばちゃんとわかる。
だから、本を買え!という意味なのである。
すでに印刷所にまわされ、8月10日に全国の書店に並ぶ予定だ。

関連記事

no image

ソマリ語国際放送・東京支局を開局

ソマリランドの首都ハルゲイサに本社をおく「ホーン・ケーブル・テレビジョン(HCTV)」という ソマリ

記事を読む

no image

お礼申し上げます

現在、チェンマイから北へ数十キロ行ったところにあるチェンダオという町のはずれにいる。 巨岩の塊のよ

記事を読む

no image

入管が素晴らしかった件

木曜日、アブにつき合ってアメリカ大使館へビザを申請に行った。 車両内でアブとはぐれてしまった満員電車

記事を読む

no image

わが読書人生史上、最高に驚いた出来事

宮田部長の『スットコランド日記 深煎り』(本の雑誌社)を読んでいた。 例によって、四国のお遍路だと

記事を読む

no image

大脱出記を生かすも殺すも表現次第

なぜかよくわからないが、小説では「表現」や「いかに書かれているか」が問題とされるのに、 ノンフィク

記事を読む

no image

シャンの新年って何だ?

以前、ミャンマーのシャン人(自称「タイ」)の独立運動を手伝っていた関係で、 今でもシャン・コミュニ

記事を読む

no image

タマキングにカヌーを習う

先週の金曜日、またしてもタマキング(宮田珠己)と一緒に川へ出かけた。 私は来年初めにメコン川を二ヶ月

記事を読む

no image

イランの料理をみくびっていた

日曜日、「おとなの週末」で連載開始する「移民の宴」の第2回取材で、 イラン人のベリーダンサー、ミーナ

記事を読む

no image

原稿と有酸素運動

 web本の雑誌で連載している宮田珠己「スットコランド日誌」http://www.webdokush

記事を読む

no image

忘年会ゼロで読書

今年の暮れは素晴らしいことに、忘年会ゼロ。 単に友だちが離れて行っているだけかもしれないが、自分の

記事を読む

Comment

  1. サカモト より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.1 (KHTML, like Gecko) Safari/312
    おめでとうございます!
    とても楽しみです! 読みますね。

  2. macocci より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    楽しみです。
    「談」浜松町店の中野さん、また高野秀行フェアやってくださいね!

  3. yuu2980 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
    小学館のHPでは8・12発売になってますが…?
    とりあえず、10日に本屋走ってみます。 

  4. 風りん ナベタケン より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    高野さん、おめでとうございます!それに下北沢440での僕らのライブ見に来てくれて、ありがとうございました。ブログいつも楽しみしてます!!リンクもはっていただき、感謝してます!

サカモト にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 萩尾望都さんがある候補作について、全体の構成力に難があるのが惜しいと言い、さらに「構成がどうすれば良くなるかは体力だ」と述べているが、「体力」とは一体何なのかは書いておらず。経験なのか物語を考える練度なのか。わかるようでわからず、わからないようでわかるような気もする。 ReplyRetweetFavorite
    • 「小説新潮」12月号に日本ファンタジーノベル大賞が発表されていた。私はファンタジーに興味はないが、選考委員の選評というやつは昔から好きで、自分もノンフィクション賞の選考委員になった今はもっと好きなので、さっそく読んでみる。やっぱ、面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 個人的に一押しは『謎のアジア納豆』。高野秀行さんがシャン語やビルマ語より秋田弁の聞き取りに苦闘する場面がツボにはまりました。「なまはげだけが秋田じゃない」秋田ブックフェア in 代官山蔦屋書店  https://t… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 芝園団地の大島隆さんと、団地オーソリティの大山顕さんの対談at下北沢B&B。おもしろくないわけがない! https://t.co/wkGzpQoUS3 ReplyRetweetFavorite
    • 来月10日にはそのカーニバルシリーズの続篇で、ゲストは関野吉晴さん。ラテンアメリカに興味がある人は行くしかないな。https://t.co/HFhYCOOCfS ReplyRetweetFavorite
    • 冒険家にしてカーニバル評論家の白根全さんのイベントに行ってきた。ゲストはピーター・バラカンさん。写真、映像、そして何より自由でパッションにあふれたカリブの音楽が最高。なぜ自分は色気のない不自由なイスラム圏を長く彷徨っているのだろうと思うほど。 ReplyRetweetFavorite
    • 謎の孤立言語ブルシャスキー語の研究者とはどんな人か、興味がある人はぜひ。 https://t.co/eFcNKTfphj ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑