*

まるで結婚式のような…

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 上映会第3弾はmixiの高野秀行コミュの主催。
 これが凄かった。
 コアなファンばかり50人も集まり、みなさん、ほとんど私の本を読んでいるので、
他の上映会のように『怪獣記』や『ムベンベ』がどういう本なのかなどという説明は一切なし。
 いきなりビデオを流せるのでたいへん楽だった。
 これまでの上映会は最初は固い雰囲気で二次会あたりで盛り上がるのだが、
今回は初っ端からお客さんが暖まっており、ビデオでも私の発言でもとにかくどっかんどっかん受ける。
 出席者が一言ずつメッセージを書いた「ファンレターズ」なるものもいただく。
 うーん、まるでアイドルみたいだ。
 一次会もさることながら、二次会も大盛況。
30人が出席、高田馬場のミャンマー・レストラン「ミンガラバー」が貸切である。
 こちらでも私はあちこちのテーブルに呼ばれて記念写真を撮られたり、
知られざるエピソードを訊かれたりする。
 何かに似ている…と思ったら、結婚式にそっくりだ。特に二次会は。
 この日ばかりは主人公をみんながひたすら立てて、ちやほやしてくれるのである。
 個人的にはなかなか思うようにいかない状況が続いているが、それを束の間忘れさせてもらった。
(写真:出席者のある女性は「燐光」という錦鯉の専門誌(!)の編集者で、
見本誌を一部いただいた。こんな雑誌があるのか…)

関連記事

no image

日本人はサッカーをビルマ人から学んだ

二週間前くらいだろうか、電車に乗っていたら突然、啓示が下りた。 「スローに生きよ」 そういう声が聞こ

記事を読む

no image

カン様と韓国

先週、金曜日の話だが、上智大学最後のゲスト対談。 私の本を韓国に紹介、翻訳しているイヤギ・エージェン

記事を読む

no image

エンタメノンフ@ジュンク新宿

ジュンク堂新宿店にて「エンタメノンフ」のフェアをやっているというので見に行った。 最初なかなか見つか

記事を読む

no image

インドのビザがとれる

インド謎の怪魚ウモッカ探しだが、いいアイデアは何も浮かばない。現地の漁師に聞いて、網を毎日覗くくらい

記事を読む

no image

フーテンのマハさん

「小説すばる」の「海辺で読みたいブックガイド」という企画で、先日『楽園のカンヴァス』(新潮社)で山本

記事を読む

no image

サッカーファンになる予定なのに…

着実にサッカーファンに向かって前進しているはずなのだが、 吉祥寺の書店でターザン山本『「金権編集長

記事を読む

no image

白骨になっても大丈夫

先日山形に行ったとき、山形大法医学教室の梅津和夫先生にDNAの検査をしてもらった。 口の中に綿棒を突

記事を読む

no image

ギックリの元はこの本でとれた

まったくげっそりした一週間だった。 せっかくここ数年でかつてないくらい体調も体力もあがってきた

記事を読む

no image

編集力

本の雑誌の杉江さんが『辺境の旅はゾウにかぎる』のゲラをもってきてくれた。 エッセイ、対談、書評など中

記事を読む

no image

リキシャ・アートは語る

バングラの印象といえば、リキシャ。 自転車がひっぱるサイクルリキシャがメインだが、 人間を乗せるだ

記事を読む

Comment

  1. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1)
    先日はどうもありがとうございました。
    主催者の”よっしぃ”です。
    予想通りの濃い会になり、参加された方も
    すごく満足していて、主催(というよりも会場をおさえただけ)の
    私としても鼻高々という気分です。
    ぜひ、第2回も、という声もあがっています。
    個人的には、この錦鯉専門誌の編集者が
    船戸与一の大ファンで、そこから高野さんを知った(しかも女性)
    という話に驚き
    「うむ、次は船戸コミュと連合して、”探検部先輩・後輩対決”だな」
    と思っている次第であります。

  2. rinko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    うわあーー!写真載せていただいて、ありがとうございます!
    よっしぃさんのコメントにも登場させてもらって・・・感無量です。
    先日の上映会&二次会、本当にありがとうございました。
    高野さんご本人にお目にかかれて、ホントに最高の1日でした。
    次回作出版記念パーティーとか、何でもいいんですが、
    このコミュニティでまた何かできたら・・・と熱望しています。
    そして高野さん&船戸さんはワタシの永遠のアイドルです♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • スイカをバットでかち割ったアブ。ホームランを打ったような清々しい笑顔だが、横で見ていた末っ子はスイカ割りの趣旨がわからないらしく、お父さんが突然スイカを破壊したのを見て、わっ!と驚愕してた。 https://t.co/FiAM6BZdW8 ReplyRetweetFavorite
    • いわきの海水浴の写真が発見された。スイカ割りの準備をする子供や私たち、そして一度も見たことないのにカープの鈴木誠也のフォームを真似しようとする盲目の天才アブ。青い空が見ている。 https://t.co/t3DFEbUfqK ReplyRetweetFavorite
    • 決して美談ではなく合理的な話であるのがいい。 https://t.co/AxJosuQ94I ReplyRetweetFavorite
    • かつてケニヤのソマリ難民キャンプで働いていた私の知り合いの人(ユニークだけど一応日本人)が、新潟県南魚沼の廃寺を改装して民宿を始めたところ、外国人客が押し寄せているという。「外国人は時間的余裕があるから日本人とは旅のしかたがちがう… https://t.co/lh0ii3yaQz ReplyRetweetFavorite
    • RT : ミャンマーの柳生一族 (カラー版) (集英社文庫) (高野秀行) が、Kindleストアランキング24時間で、21534位⇒30位に急浮上しました。 https://t.co/8K0zamslhk ReplyRetweetFavorite
    • しかし、3作連続で福島正実訳はびっくり。この人の訳文は明朗かつ深みがあり、会話文はともかく、地の文章は40年たっても全然古びていない。 ReplyRetweetFavorite
    • SF古典宇宙の旅・第4弾は『鋼鉄都市』アイザック・アシモフ(福島正実訳、ハヤカワ文庫)。ストーリーより世界描写中心なので、テンポはイマイチだが、よくSFとミステリと人間ドラマを組み合わせている。反宇宙人の群衆が歌う「くされ宇宙人」には爆笑。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑