*

ワンのネコ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 辺境お宝写真


トルコ東部、もうイラクやイランの国境に近いところにワンという町がある。
そこには「ワン湖」というトルコ最大の湖もある。
毎日会話でワン、ワン言ってるわけだが、しかし、ここにはワン(犬)は見かけない。
かわりにネコがいる。「ワンネコ」という不思議な名前で呼ばれている。
このワンネコ、右と左の目の色がちがうことで有名。
どうしてそうなるのかわからないが、昔からそうらしい。
ワンの大学にあるワンネコ研究所(あー、ややこしい!)に出かけて実際に見てみた。
ここではワンネコを飼育繁殖されている。かつては普通に住んでいたワンネコだが、
今では絶滅寸前で、この研究所でのみ、見られることができる。
間近でよく見ると、目の色は青、緑、黄色、オレンジとさまざまだが、すべて左右の目の色がちがう。
純白で長めの毛はペルシアネコを連想させ(実際にペルシアに近いのだから近い系統なのだろう)、高級感があふれている。
ワンネコはこの研究所から外へ出すことを固く禁じられている。
もし、このネコを売ったら、さぞかし儲かるだろう。
1匹200万円でも売れるんじゃないか。
この研究所には現在150匹ほどのワンネコがいる。
全部売り飛ばしたら3億円か。
この辺で大流行の麻薬や石油の密輸に匹敵するほど儲かりそうだ…というのが、
ワンネコ研究所訪問の感想であった。

関連記事

no image

世界のHANDAは10年保証

お宝写真・ビルマロード特集<3>カチン州・ミッチーナ ミャンマーは自由の国である。 アメリカなんて

記事を読む

no image

「ピグミー」が撮った写真

辺境お宝写真<4> かつて「ピグミー」と呼ばれていたが、今ではこの言葉が差別語となってしまい、なん

記事を読む

no image

ねえ、せんせえ、キスしてあげる!

辺境お宝写真<3>  1992年から93年、私はタイ国立チェンマイ大学で日本語講師をしていた。  

記事を読む

no image

カンフー茶芸

 昨年、周星馳の「少林サッカー」がヒットしたおかげで、香港および中国では、サッカーをはじめ、車の駐車

記事を読む

no image

纏足(てんそく)の老婆は実在した!

辺境お宝写真<5>  昔むかし、中国がまだ清と呼ばれていたころ、纏足(てんそく)という習慣があった

記事を読む

no image

幻の幻覚剤ヤヘイ

辺境お宝写真<8> 私は「幻」という言葉に弱い。 だから「幻の幻覚剤ヤヘイ」というものがある

記事を読む

no image

胎盤ゲットの巻

辺境お宝写真<7>  1993年暮れ、中国・大連で念願の胎盤をゲットした。  長らく探しただけにそ

記事を読む

no image

インディアン、ウソつかない

お宝写真・ビルマロード特集<1> 場所・ナムカム(中国国境近く) ミャンマーで走っている車の大半は

記事を読む

no image

エチオピアン・ハードボイルド

 エチオピアの荒野を旅していたときのことだ。  乾いた風と孤独の魂が私に一滴のアルコールを求めさせ

記事を読む

no image

辺境お宝写真<1>ロストワールドだ!

 また、突然、思いつきではじまった辺境お宝写真のコーナー。  私がこれまで世界各地で撮影した極め付

記事を読む

Comment

  1. OPPU より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    “Vankedisi”、金と銀の眼を持つ、泳ぎが好きな猫ですね。
    神秘的な猫ですよね(猫はみな神秘的ですが)。
    ちなみに、眼の色は時間によって変化したりするのでしょうか?
    しかし、そんな貴重な猫をみて、カネですか(笑)。食いたいと言い出すよりはまともな反応ですが。

  2. 白谷 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.22; Mac_PowerPC)
    初めまして。つい最近ここを知った者です。
    この種類のネコではなかったかも知れないが、「左右の目の色が異なる種類のネコはどちらかの耳が聞こえない」ということを聞いたことがある。
    そして黒猫には「左右の目の色が異なる」種類はいないらしい。
    私の記憶違いかと思い、検索をかけてみると、やはり「青に近い色の側の耳は聞こえないことが多い」とのこと。
    ただこのワンネコにもあてはまるのかは不明(肝心なところなのに…)。
    現在、都内23区の外れの近所では、まあまあ猫の姿を見かける。
    私道にいるネコは、車が入ってこないせいか近付いても逃げない。道路の真ん中でねそべっていたりもする。
    そういえば、ロンドンのド真ん中で見たネコはいずれも近付いてもまったく逃げなかった。
    この猫の写真をみて、連鎖的に色々なことを思い出しました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ご丁寧にどうもありがとうございます!「モディリアーニにお願い」は第3集までコンスタントに面白かったです。第4集も期待してます。奄美のケンモン話は私も好きです。 ReplyRetweetFavorite
    • 辺境ドトールで仕事してたら、店長がどこかから個人的に入手した「ウィスキーコーヒー」を飲ませてくれた。ウイスキーの樽にコーヒー豆を何年も寝かせて作ったものだという。アルコール分はもちろんないけど、香りも味も濃厚なウイスキー風味で、だんだん酔ってきた。 ReplyRetweetFavorite
    • ジュンク堂吉祥寺店では文化人類学特集をやっていたが、一冊だけ文化人類学と関係ない本があった。私の『謎の独立国家ソマリランド』。しかも、宮本常一『忘れられた日本人』とマリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』にはさまれて。何か間違ってると思うが、とても嬉しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 仕事と雑務がちょっと一段落したので、勇気を振るってものすごく久しぶりに大型書店(ジュンク堂吉祥寺店)へ行ったところ、あまりに楽しくて、3時間近くも店から出られなかった。だから大型書店は怖い。 ReplyRetweetFavorite
    • 今日、休日だったのか! どうも普通の月曜日と様子が違うと思ってた。 ReplyRetweetFavorite
    • 勉強会と2次会には万城目学さんも来てくれたのであれこれ話す。小説にしてもご本人と話しても、どこか万城目さんの目の付け所や思考回路は自分に似てると思ったら、万城目さんも「高野さんの思考回路は自分に似てる」と言う。しかし、酔っ払った二人にはどこが似てるのか言語化することができず。 ReplyRetweetFavorite
    • とある中東系勉強会で発表。研究者の人たちがメインの参加者だったので、とても勉強になった。これで5月末からほぼ毎週続いた講演会&トークイベント強化期間はとりあえず終了。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑