*

トルクメニスタン特集

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


毎回ディープな特集で楽しませてくれるバンコク発の特殊月刊誌「G-Diary」。
ちょっと遅くなってしまったが、今月号はなんと特集が「トルクメニスタン紀行」だ。
中央アジアの北朝鮮などと言われる謎の国だが、
特に紛争をしているわけでもないので普通はまったく報道されない。
ひじょうに行きづらい(ビザの取得など)ので
旅行記やブログにも登場しない。
こんな国の旅行記に大きくページを割くのはGダイだけだ。
ふうん、なるほど、こんな感じなのかとたいへん興味深く読んだ。
酒の記事だけなくて残念だが、それは自分で探せという神の思しめしかもしれない。

関連記事

no image

「倒壊する巨塔」は訳が素晴らしい!

ローレンス・ライト著、平賀秀明訳『倒壊する巨塔』(白水社)を読んだ。 素晴らしい本だった。 「イス

記事を読む

no image

身体のいいなり

内澤旬子副部長の新刊『身体のいいなり』(朝日新聞出版)はもうとっくに読んだのだが、 来月11日にト

記事を読む

no image

ソマリランドで発見した素敵なドリンク

人と喋っているときはいいのだが、一人になると、波のように佐藤先輩のことが押し寄せてきて、 いろんな

記事を読む

no image

あの映画は何だったのか

名前はよく知っているし、名場面や音楽も知っているような気がするが、 実は一度もちゃんと見たことがない

記事を読む

no image

東武東上線では東武動物公園には行けない!?

「アスクル」はAmazon.comで発売直後から長らく、「3〜6週間待て」と書かれていたが、 ようや

記事を読む

no image

人は夢だけでは生きて行けない

かすれ声のまま、大学へ。 幸いマイクがかろうじて音を拾ってくれていたが、 声は突然、完全ストップす

記事を読む

no image

月刊ソマリランド

お伝えしそびれていたが、バンコク発の月刊風俗情報誌Gダイアリーで 三ヶ月連続で「ソマリランド」のこ

記事を読む

no image

失われた聖書男を求めて

A.J.ジェイコブズの『聖書男 現代NYで-「聖書の教え」を忠実に守ってみた1年間日記』(阪急コミュ

記事を読む

no image

イケメンなのか昆虫なのか

新潮社にて、トレイルランの第一人者・鏑木毅氏と対談。 さらっとした長髪とにこやかな笑みがなんとも魅

記事を読む

no image

「占い」と「UFO」収録

雪の東京へ出て大阪のスタジオ収録へ。 箱根を越えたら雪などまったく降ってないのでちょっと驚く。 今回

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【高野秀行オンラインイベント「辺境チャンネル」開催まであと3日】  今回のテーマは話題の新作『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)です。高野さんは納豆にどんな未知を感じ、アフリカまで向かったのか。そこで何を見つけたのか?見逃し視聴付きチ… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)読了。前作『謎のアジア納豆』と対になる、世界中の「納豆」を体当り取材で追ったノンフィクション。前作では、納豆が日本独特の食べ物であるという思い込みを払拭し、ミャンマーやブータンでも納豆菌で豆を発酵させた… ReplyRetweetFavorite
    • 昨日突然びっくりするような本の原稿が送られてきた。今読み始めたけど、えらく面白い。こんな本があるんだなー。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【高野秀行辺境チャンネル開催まであと4日】 ゲスト出演に向けてリハーサル。もちろんゲストは『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)でまさかの再会を果たし、大活躍した高野さんの幼なじみ健ちゃんです!納豆探査の話から高野さんの少年時代の話まで… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 八重洲ブックセンターのキャンペーンで高野秀行さんがピックアップしてくれた作品に俺の著書が入ってるうううう!!!! 俺にとってはガチで驚天動地でして、っていうのは高野さんの大ファンで全作品読んでるんですよ。本気で嬉しいマジで嬉しいこれからも仕事がんばります… ReplyRetweetFavorite
    • 角幡に「文化探検」と言ってもらえたよ。嬉しい。探検部だからね。 https://t.co/3xKTnZM81B ReplyRetweetFavorite
    • 日本の農耕は大豆栽培から始まった。でもなぜ大豆だったのか? 本作では人類史上のミステリーに迫っています。 https://t.co/xOoA24H6VY ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑