*

謎の怪魚ウモッカ!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

突然、魂の叫びを発したところ、いろいろとおもしろそうな「探し物」関連のコメントをいただいた。
その中で、りーだーさんに教えてもらった「インドの謎の怪魚・ウモッカ」というのが凄かった。
私はネットに疎いので全然知らなかったが、今ネット上で大人気のUMA(未確認動物)らしい。
主催しているのは「謎の巨大生物UMA」というサイト。
われらがムベンベ探検隊の話も載っているし、それどころかわれらがノノさんが手記を寄せている。
http://homepage3.nifty.com/Daiou3/
さて、「ウモッカ」である。
体長約2メートル、全身をパイナップルのような棘のあるウロコで覆われ、まるで爬虫類が魚になったような異様な姿をしているという。
1997年ごろ、ハンドルネーム「モッカさん」という人がたまたまインドの浜辺で漁師が網から引き上げているのを目撃、そのスケッチをサイトに載せたのが始まりである。
モッカさんの魚=ウオ・モッカ=ウモッカという順序で命名されたとか。
もし、このスケッチどおりの魚が見つかれば、古代魚の生き残りもしくは爬虫類から進化した魚(?!)かもしれず、シーラカンス以上のインパクトを世界に与えるはずだという。
このサイトの主催者は生物学ではないが、れっきとした科学研究者で(どうも医学博士らしい)、他に意見を寄せている人々の中にも研究者が少なからずいる模様。
しかも、ネットを通じて集まった同志が、それぞれ科学的な意見を出し合い、あげくには著名な古生物学者にまでスケッチを見せ、興味をそそったりもしている。
しかし、惜しむらくは、まだ誰も現地で調査をしていない。
同志のひとりがインド出張のついでにたった一日だけ現場を見てみただけである。
それから、すでに8年あまりが経過しているが、ネット上ではますます盛り上がっているが調査の方は何も進展がない様子である。
サイト主催者は、ウモッカが目撃されたインドの町の名前を伏せている。
ベンガル湾に面しており、日本人旅行者もふつうに行く場所だということはわかるが、どの辺かは判断できない。
地名を伏せているのは、ウモッカ目当てにどっと日本人旅行者が押し寄せ、地元の人たちが迷惑することだという。賢明な判断だと思うが、結果的にはサイトの同志(ウモッカ調査団という名称がついており、「電車男」の掲示板みたいな結束をもっている)が行かなければこのままずーっとウモッカ調査は行われないだろう。
ぜひ、その辺の詳しい事情を知りたいと思いメールを出したのだが、返事は自動返信だった。
同サイトは毎日のアクセスが1万件を超え、大量のメールが毎日届くので、いちいち返事など出せない。もっと言えば、メールチェックをするにも一カ月くらいかかるらしい。
「行列のできる〜」みたいな状態だ。
下手すると私のメールも埋もれてしまうかもしれないし、だいたい一カ月も待てない。
私は日本で最もUMA探しの経験が深い人間であり、インドには専属のヒンディー語通訳も所有しているし、うってつけの人材だ。
というか、すっごくそのウモッカとやらを探したい。
しかし、ウモッカ調査団とコンタクトがとれない。
何か方法がないもんだろうか…。

関連記事

no image

霊能質問会で充実

親戚の葬儀に出てお骨をひろったあと、斎場からそのまま大阪へ直行、 「未確認思考物隊」の第5回「霊能質

記事を読む

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。 ふつう、文庫化といえば、単

記事を読む

no image

アジア新聞屋台村プレイバック

 昨日、突然5年ぶりにエイジアン新聞社の劉社長から電話がかかってきた。 「急ぎの仕事があるからやって

記事を読む

no image

ムボガ

昨日、宮田珠己さんから『なみのひとなみのいとなみ』のサイン本が 送られてきた。 これで『なみのひと〜

記事を読む

no image

ツチノコ発見!?

ツチノコにそっくりのヘビを発見した!と知人から画像が送られてきた。 発見したままの姿で、もちろんフ

記事を読む

no image

漁師の作家

 「本の雑誌」9月号が出た。特集は「エンタメ・ノンフの秋」。  これを機に各書店で、エンタメ・ノンフ

記事を読む

no image

オモシロイ人

この前対談をした内澤旬子さんのブログに、 そのときのことが書かれている。 あと、半分ケモノ化した私の

記事を読む

no image

この地獄を見よ

丸善ラゾーナ川崎店のエンタメノンフフェアに触発されて 仕事もそっちのけで読みまくっている。 この二

記事を読む

no image

尼僧が行く!

誰か人を別の人に紹介するのがとても好きである。 昔から、自分には彼女がいないのに、友人に女の子を紹

記事を読む

no image

腰痛探検家

11月に集英社文庫から刊行予定の『腰痛探検家』のゲラが出たので、 久しぶりに読み返したところ… あま

記事を読む

Comment

  1. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    やった!!
    乗り気になってくださいましたね!!
    ううっ、できることならボクもついていきたい!!!

  2. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; MSN 2.5; Windows 98)
    りーだーさん、紹介サンクスです。
    ついて来れますよ!!!ちょっと更新しました。
    高野さん、今度電話します。
    貴兄の活力、行動力、恐るべき!!!

  3. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    >さくだいおうさん、
    お電話お待ちしてます!
    >りーだーさん、
    こちらも紹介サンクスです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 今までは料理しながら献立を考えていた。だから最終的にどんな食卓になるのか自分でもなかなか予想ができなかった。 ReplyRetweetFavorite
    • 主夫になって9年目、献立を先に作ると晩飯の支度がスムーズになることに気づいた!! ReplyRetweetFavorite
    • RT : ここが #納豆 発祥の地かどうかは別として、「日本における納豆の本場中の本場」である可能性は高い。ひじょうに古い時代から納豆が食べられていたのも確かだろう。/納豆民族はアジア大陸では常に国内マイノリティにして辺境の民だった。(第九章)#高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • これは今まで全く考えてみたことがなかった。言語に関するとても面白い問題だ。 https://t.co/Q4utk1E4ex ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「うちの息子は特に好きで、毎朝、納豆チャーハンを食べてる」。父親より小さめのターバンを巻いた若者ははにかんで頷いた。/インドのシーク教徒が作る納豆チャーハン。それは何料理と呼べばいいのか、もう全然わからない。(第五章より)#高野秀行 著『#謎… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「日本人もトナオを食べる⁉ ほんとう⁉」「本当だよ」「ファンタスティック‼」納豆を食べると言って欧米人に驚愕されるとは夢にも思わなかった。(第一章より) 辺境作家 #高野秀行 さんの新たなる代表作『#謎のアジア納豆』。納豆を求める旅がこんなに… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 新潮社 高野秀行著「謎のアジア納豆」が文庫になって帰ってきた! 知られざるアジア各地の納豆がここに!! https://t.co/G4uznohU9k ReplyRetweetFavorite
  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑