*

ミャンマーでまた政変?!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 さあ、「ビルマロード」へ行くぞ!と気合を入れ、さらに今年末には「イラワジ河ほぼ全流下りをやるぞ!」とテンションをあげたとたん、「ミャンマーでまた政変が起きた」というニュースが舞い込んできた。
 まだ、確認はとれていないが、前回、キン・ニュン首相ら軍情報部一派を粛清した連中が仲間割れを起こし、ナンバー2のマウン・エーという実力者が自宅軟禁になっているという。
 他にも、党の第一書記や首相という要職にある人々が相次いで失脚した模様だ。
 さすがはミャンマーだ。
 私は以前より「ミャンマー=江戸時代」説を唱えていたが、時代をさらにさかのぼり、下克上の戦国時代に戻っていきそうである。
 有力者がみんな消えてしまい、これからいったいどうするんだろう?
 残ったのはよぼよぼのナンバー1だけである。
 …なんて、感心している場合じゃない。
 私が行けなくなるじゃないか!
 どうしてくれるんだ?!
 まあ、中国やタイが無関心を装っているし、このまま「別にたいしたことはない。今までどおりミャンマーは発展し続けています」というフリをする可能性もあるし、それを期待するしかない。
 ミャンマーという国は、ほんとうにこれからどうなってしまうのか、まったくわからない。
 いちばん大変なのは、もちろん国民なのだが…

関連記事

帰国。今回の無念について

昨夜、ソマリランド取材から帰国した。 今回の取材の目的は2つ。 一つは5月から連載を開始

記事を読む

no image

シリア入国

昨日、トルコのユーフラテスから離れて、 シリア領に入った。 エンギンともお別れ。 彼は私の『怪獣記』

記事を読む

no image

犬の力

前に評判になったミステリに『犬の力』とか言う本があった。私にはあまり面白くなくて途中で止めて

記事を読む

no image

月刊ランナーズ

なんと「月刊ランナーズ」というランニング専門誌の座談会に呼ばれてしまった。 ランナーでもないのに、

記事を読む

no image

プロレスの罠

80年代から90年代にかけて、年齢としては16歳から30歳くらいまで、 私はプロレスにものすごく夢

記事を読む

no image

イトコの息子と探検部の後輩

盲目のスーダン人・アブディンの親しい友だちで 外語大のアラビア語学科在籍中にスーダンへ一年間留学した

記事を読む

no image

オタクの底力を感じさせる『タイ・演歌の王国』

 タイ女性と結婚し、バンコクに十数年暮らしている友人Aさんが、「高野さん、この本、すごく面白いよ

記事を読む

no image

旅いろいろ

私が最近寄稿した雑誌が2冊、ほぼ同時に送られてきた。 どちらも旅の本で、一冊は「バックパッカーズ読本

記事を読む

no image

明日だそうです

さっきラジオ番組の電話インタビューに答えたのだが、 その前にディレクターの人が「『西南シルクロードは

記事を読む

タイ行きのお知らせ

今日からタイ行きである。 帰国は9月3日。二ヵ月弱も滞在することになる。 何しに行くのか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年9月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑