*

連絡とれました

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「巨大生物UMA」のサイトを主催しているSさんから、
めでたくお返事がきました。
私もいよいよ「謎の怪魚ウモッカ」探しに行くか!?

関連記事

no image

帰国&新刊「アスクル」

さっき帰国した。 これで年内は長期で出かけることはなく、おとなしくしていることと思う。 年明けには一

記事を読む

no image

また未知動物

磯崎憲一郎の第二弾、『世紀の発見』(河出書房新社)。 帯の惹句によれば 「ガルシア=マルケス『百年

記事を読む

no image

ぐにゃぐにゃ

「未確認思考物隊」の第9回「都市伝説」と「超能力」の収録に出る。 「魔法使いアキット」さんという、名

記事を読む

no image

うなドン

日曜日、和光大学で教えているロバート・リケットさんという人と下北沢で会う。 リケットさんは南三陸のフ

記事を読む

ムエタイのちチュニジア飲酒紀行

3,4日前に発売になった「ゴング格闘技」7月号で、格闘家・ムエタイ研究家の菱田慶文先生(帝京平成

記事を読む

no image

言い忘れた!

いい忘れていたのだが、昨日の晩、NHKクローズアップ現代で 生物多様性に関する番組があり、 私の上司

記事を読む

no image

うちの子は中華学校に入れたい

最近、「移民の宴」の取材があまりに頻繁で、 週に3,4回、編集の河井さんとカメラマンの森清と一緒に

記事を読む

no image

「倒壊する巨塔」は訳が素晴らしい!

ローレンス・ライト著、平賀秀明訳『倒壊する巨塔』(白水社)を読んだ。 素晴らしい本だった。 「イス

記事を読む

no image

人生の内定がとれてないアナタに

 内澤副部長の名作ポップはコレ。  副部長の漫画イラストなんて見たことがない。お宝ものだ。  ス

記事を読む

no image

山口晃「親鸞」書籍化を熱望!

『ヘンな日本美術史』(祥伝社)を読んで以来、山口晃に嵌ってしまったとブログやツイッターに書いたと

記事を読む

Comment

  1. ひとみ☆ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    すごい!!
    てゆーかイラストのウモッカかわぃいのですけど。

  2. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
     高野さん、こんにちは、初めまして、ウモッカ実働隊のタカといいます。
    ウモッカの現地調査は多くの人が絡んでいるので、さくだいおうさんの
    判断にお任せするとして、他にも「面白そうなもの」は沢山ありますよ。
     私は2000年と2002年にネッシー(2000年は下調べだけ)、2003年に
    ウモッカタウンとオゴポゴ(カナダのオカナガン湖)、2004年にはパプア・
    ニューギニアのNew East Britain島のKopopoに「恐竜の生き残り」を探しに
    行ってきました。成果は上がっていませんが、計画を練っているときは
    ワクワクします。 http://farshores.org/c04dino1.htm
     ムベンベも行ってみたかったのですが、サラリーマンで、長くても2週間
    しか休めないし、今コンゴは治安が悪いので諦めていますが、他にも
    トルコ・ワン湖のジャノや、マレードラゴン(マレーシア)、イリッシー(西表島
    近辺で目撃例のある首長竜)や、与那国島の海中遺跡(これは自分でも
    潜ってきました)等、UMA以外でも面白いものは沢山ありますよ。
     是非、ネットの世界にもアンテナを張って、新しいニュースをキャッチして
    みて下さい。
    http://farshores.org/crypt.htm   
    http://user.bahnhof.se/~wizard/GUSTeng03/okandadjur_nytt.html  ここの
    左欄に沢山の情報があります。Jan氏とはメル友です。
     もし、またいつかムベンベをやることがあったら、その時は是非誘って
    下さい。ハードな藪こぎにも耐えられるように体力を維持しておきます。
    ではっ!

  3. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    連続すみません。上のfarshoresというサイトはかなり頻繁に更新して
    いるらしく、今見たら、カナダ・ケベック州の湖で撮影された怪獣の? 写真
    が載っていました。 http://farshores.org/c05mon12.htm
     また、与那国島の海底遺跡を見下ろす位置に人面岩? らしきものを発見した人たちは、「神々の指紋」の日本語訳を出版した人を中心にした
    「黄トンボ」というグループらしいのですが、「何か面白いことをやってみたい」
    との思いで、海底遺跡を見下ろす位置あたりのジャングルを1ヶ月くらい
    かけて調査したそうです。
     高野さんも含めてこういうワクワクする人がいることがとても楽しいです。
    (脈絡ないですね、済みません)
     

  4. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    >タカさん、
    いろいろとご教示ありがとうございます。
    他のものはともかく、今はウモッカで頭がいっぱいです。
    タカさんは現場へ行かれた数少ない方ですから、ぜひお話を聞かせてください。
    まずは「代表」のさくだいおうさんにお会いしてからだと思いますが。

  5. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
     高野さま。
     先日はお電話ありがとうございました。
     で、結局現地調査することになりましたか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑