*

突然、魂の叫び

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

どこか遠くへ行きたい−−。
これは平凡な日常に飽きた人間がよく思い浮かべることだろう。
私もよくそう思う。
しかし、私の場合、ただ遠くへ行くだけでは気がすまないから厄介だ。
じゃあ、何が必要か。
探し物がしたい。
どこか遠くへ行って、探し物がしたい。
それも「幻の〜」とか「謎の〜」なんて形容されるものや、昔はあったけど今は失われてしまったもの、あるいは忽然と姿を消してしまったものを探したい。
人でも動物でも旧日本軍の宝でも珍しいコーラのビンでも何でもいい。
知力・体力・気力を総動員して探したい。
しかし、今のところ、探すものがない。
「二十年前に失踪した父親が実は中東のどこかで生きているらしい…」
なんて母親が打ち明けてくれれば飛びつくのだが、残念ながら私の父親は東京のはずれで呑気にガーデニングなどしている。
「ふざけんな、オヤジ!」と憤りすら覚える。
こうなったら、他人の父親でもいいとさえ思える。
いや、父親じゃなくてもいいのだ。何でもいいのだ。
誰か私に「探し物」を教えてほしい。
ゲーテは死ぬ間際に言った。「もっと探し物を!」と。
ガリレオは異端審問のあと、こうつぶやいた。
「それでも私は探す…」
犬養首相にいたっては暴漢に向かってこう叫んだ。
「探せばわかる!」
嗚呼、誰か、私に探し物を教えてくれえ!
ミッションを与えてくれえ!
突然ながら、私の今現在の魂の叫びでした。

関連記事

no image

たぶん、みんなイライラしている

1月2日、八王子の実家に行くため京王線に乗っていた。 車内は高尾山や高幡不動へ行く初詣の客で混雑して

記事を読む

no image

ソマリの海賊に実刑判決!

ソマリの海賊裁判。 世間的には微妙に話題になっているこの裁判、私は一回だけ傍聴することができた。

記事を読む

no image

死んでも「生きるハードボイルド」

肝心の陳会長の話をしていなかった。 私はトリオ・ザ・パンチもイカ天も見たことがなく、したがって内藤陳

記事を読む

no image

『猛き箱舟』をうっかり再読

いろんな仕事がたまっているのに、船戸与一の大作『猛き箱舟』を読んでしまった。 西サハラを舞台にして

記事を読む

no image

就職するならNACK5

昨日(木曜日)、さいたま市を本拠地とするFM局NACK5の番組「セイタロウとケイザブロウのおとこラジ

記事を読む

no image

犬連れ旅はつづく

 犬との旅を終え、やっと東京に戻ってきた。思えば、ずいぶんいろんな場所へ行った。 いわき市と南

記事を読む

no image

びっくり!

 昨年11月に何度か上映会を行ったが、そのときこのブログを通じて、 私に直接「上映会を見たい」とメー

記事を読む

no image

ブックストア談は凄い!

「異国トーキョー漂流記」を大売りだししているユニークな書店「ブックストア談・浜松町店」へ行き、御礼

記事を読む

no image

サッカーの合間に

井田徹治『生物多様性とは何か』(岩波新書)を読む。 新聞記者だけあって、著者はかなりよく整理して書

記事を読む

no image

ソマリアの海賊裁判は面白い!

ほとんどの人が知らないと思うが、ソマリアの海賊が日本に来ている。 日本も国際協力の名の下に法整備を行

記事を読む

Comment

  1. ひとみ☆ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    探し物ありますよー。
    新しい私の仕事を探してください(笑)!
    コンサル業を廃業して新しいことしたい病にとりつかれております。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    申し訳ありませんが、そのような抽象的なオファーはお断りしております。
    私の探し物は質量を伴ったもの、もしくは写真や映像、録音に収められるものに限ります。
    新しい仕事なら、私の知っているAISAという会社をオススメします。すぐ採用されるのではないでしょうか。

  3. ひとみ☆ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    > 質量を伴ったもの、もしくは写真や映像、録音に収められるものに限ります。
    なるほど。
    牛久沼には本当に河童がいるのか(私のダンナはいると言い張ります)みたいな。
    うー、スケールがちっちゃいですね・・・

  4. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
    ミャンマーのカカボラジに行く道を、そのまま東に向きを変えて中国に向かう。 外国人には人跡未踏だし、訳のわからない話がいっぱい転がってるし
    高野さん向けでしょう。
    ミャンマー最大のインド−ジ湖の外国人が立ち入れない地域で魚釣りをする。 巨魚がいるそうです(本当か?)
    1980年代末期に絶滅したと言われるチンドウィン川の川イルカを探せ!!
    最後はN会長もご存知のチンドウィン川の龍、又はイラワジ川の龍を
    探せ!!
    カヤ州ならもっと面白話が転がってますよ、外国人は入れないけど

  5. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    ぜひ!
    インドの『謎の怪魚 ウモッカ』を探してください!
    ウモッカについては、こちらのサイトを。
    http://homepage3.nifty.com/Daiou3/
    NONOさんの記事もありますよー。

  6. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    ニューギニアのアマゾネスはどうでしょうか?
    W大探検部も調査しているみたいですし。
    インドネシアのパプア州側はともかく、パプアニューギニアサイドは
    個人的にまもなく自由アクセスが可能になりますので!
    あ、僕が行くわけじゃなかった。。。

  7. 義姉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    あの−、義姉の住むオーストラリアには探すのを商売にしている人たちがいるのでちょっとご紹介します。それは野生馬の群れを探して追いかけ、その子馬を捕まえて売る商売なんですね。そういう人たちは家族や仲間で原野を馬の群れを探しながら、転々と居住地を変えていくんです。適当なところに丸木で掘っ立て小屋を建てて、また次の場所へ移るという次第で。ふつうそんなことをしたら違法建築で捕まるはずですけど、市役所も彼らの居所を探しきれないんでしょうね。税金なんかもどうしてるんでしょうね。税務署も彼らを探しきれないということなんでしょうか。なんだかマタギに近い生活ですねえ。オーストラリアは人口のわりに国が広すぎるので、何となく法律の目からこぼれてしまったような人が時々います。

  8. 沈香はトラの敵

    以前、マレーシア南部のジャングルに入った時、ガイドとして雇った先住民族の男性が川の浅瀬で何かを拾い上げた。ちらりと覗くと、大きめの焼き芋程度の木切れのようだったが、後生大事にバッグにしまっていた。『gharu』という名の香木樹脂であるということであった

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑