*

辺境ミステリの醍醐味

公開日: : 最終更新日:2012/09/24 高野秀行の【非】日常模様


 私はついこの間まで「辺境作家」と名乗っていたくらいの辺境好きだが、年を追うごとにその度合いがどんどん強まっている。
 最近ではアメリカやイギリスの文化や歴史に全く興味が持てない。小説でもノンフィクションでもアメリカやイギリスが舞台になっていると
読む気がしない。

 そこで困るのがミステリである。私は海外ミステリも好きなのだが、圧倒的に英米が強いのだ。
 英米以外のヨーロッパが舞台ならまだ耐えられるので、最近ではアイスランドのインドリダソンが気に入っている。でも欲を言えば、欧米以外が舞台になっている、しかも登場人物もなるべく欧米人ではなく現地の人が出てくるミステリが読みたい。
 その点で70年代のラオスを舞台にした「老検死官シリ先生シリーズ」は理想的なミステリだった。

 シリ先生を読んでしまうと、次がしばらく続かなかったが、このほどT.S.ストリブリング『カリブ諸島の手がかり』(河出文庫)というこれまたユニークなミステリに出会うことができた。
 こちらは1920年代のカリブ諸島を舞台にしているという、実に渋い小説だ。

 しかも、単に舞台が辺境というだけではない。物語もひじょうに風変わりだ。シリ先生とちがって、こちらは同時代、つまり1920年代に発表されている。
なんとヴァン・ダインのフィロ・バンスが登場する前だという。
 なのに、すごく現代的なのである。著者は西欧文明に批判的で、現地の人たちを見下すところがほとんどないし、探偵役であるポジオリ教授(現地人ではなくイタリア系アメリカ人)は
いっこうに事件を解決できない。できないのに、毎回僻地の島で起きる事件に首をつっこむ。
 キャラクター的には金田一耕助なのだが、頭の中身は等々力警部(だっけ?)という感じだろうか。
 そして、事件の背後に流れるテーマは毎回、哲学的な要素をもっているうえ、現地の雰囲気が実にリアルに伝わり、(ここが大事なのだが)、シニカルなユーモアにあふれている。

 正直言ってミステリとしては、どの短篇も謎が完全に解き明かされなかったり、推理に首をひねる部分があるのだが、それ以上に「アンチ・ミステリ」もしくは「メタ・ミステリ」っぷりが面白く、次へ次へと読み進めてしまった。

 シリ先生にしても、ポジオリ教授シリーズにしても、作者は欧米人である。1920年代にカリブ諸島を旅したり、現在でもラオスに長期滞在する欧米の小説家は珍しく、
その時点ですでに他の作家とはちがった方角を向くのかもしれない。舞台が辺境というだけでなく、内容的にも相当に辺境で、驚くほど私好みである。

 他にも辺境ミステリはあるのだろうか。ご存じの方は教えてください。
(私の言う「辺境ミステリ」は、作者が現地に行ったことがあり、よく知っているものにかぎります)
 

関連記事

no image

今年からノンフィクション作家

みなさん、明けましておめでとうございます。 今年は何をするか。 まずは肩書きを変えることにした。 正

記事を読む

no image

エンタメノンフ文芸部創部集会

まだ月曜日の話が終わらない。 夜は本の雑誌社に集合し、 「エンタメノンフ文芸部」創部集会。 部長・宮

記事を読む

no image

大人の遠足・国内篇

こんな時期に国会に行ってきた。 正確には衆院議員会館。 「日本西サハラ友好議員連盟」設立総会というの

記事を読む

no image

講談社ノンフィクション賞の最終候補になった

以下のようなことになったそうです。 -----------------------------

記事を読む

no image

酒とつまみ 最新号

酒飲みの酒飲みによる酒飲みのための雑誌「酒とつまみ」13号が届いた。 ここの名物インタビュー「酔客

記事を読む

no image

陳会長の誕生パーティで動転する

日本冒険作家協会の内藤陳会長の誕生日パーティがあるから来ないかと友人に誘われ、行ってみた。 陳会長は

記事を読む

no image

ラジカル佐藤英一先輩逝く

昨日は大阪に行ってきた。 早大探検部で私より2つ上の先輩が心筋梗塞で急逝し、その告別式があったのだ

記事を読む

no image

旅のうねうね

宮田部長がツイッターでつぶやいていたのを見て、グレゴリ青山の旅エッセイ漫画『旅のうねうね』を読ん

記事を読む

no image

アジア未知動物紀行

朝日新聞の読書欄で『メモリークエスト』の書評が出た。 「スーパー小学生」なんて言葉が丸山眞男とダライ

記事を読む

no image

『ルポ アフリカ資源大国』 

ソマリアに行ったことのある日本人ジャーナリストはいないかと調べてみたら、 毎日新聞のアフリカ特派員だ

記事を読む

Comment

  1. みどり より:

    こんにちは。私も本が大好きです。ミステリーも好きです。高野さんオススメの『シリ先生』も今日オススメの本も興味津々です。是非読んでみたいです。
    金田一耕介…旦那さんが映像の方ですけど好きで、昔、夜夜中、暗い中で一人静かに焼酎をお供によく見ていました。うぅぅ、… 不気味…私は苦手です。しかし苦手と言いながら、京極夏彦さんの京極堂シリーズ等は「うっ…、」とか「ぐっ…、」とか言いながらも、時々榎さんの可笑しさに和まされ救われながら何とか最後まで読めました。^^
    高野さん、高野さん好みの素敵な辺境ミステリー本が見つかるといいですね。あっ…、高野さんご自身でお書きになられるというのはどうでしょうか?!! うわぁーっ♪ そうなったら素敵です。是非是非読んでみたいです。

  2. みどり より:

    ど、どうしましょう…滅茶苦茶嬉しいです。(≧ω≦)私にとっては雲の上のずーっと上の憧れの存在な方なのに…まさか返信を頂けるなんて…夢のようです。本当にありがとうございます。
    はい!!楽しみにしてお待ちしてますので是非素敵な辺境ミステリーをお願いします。(*^_^*)

  3. nekoya より:

    いつも楽しく拝見させて頂いています^^
    特に本選びではいつも参考にさせて頂いています。
    辺境モノでお薦めは「ガラパゴスの怪奇な事件 」です。
    ノンフィクションなのでミステリーと言っていいかどうかは
    定かじゃないですが。。。
    絶版となっていますが、アマゾンマーケットプレイスで1円で出ていました。
    でも、もう読まれてるかもしれないですね^^;

    • 匿名 より:

      「ガラパゴスの怪奇な事件」、私の意図とは全然ちがうのですが、たしかに興味はそそられますね。1929年といえば、くしくも「カリブ諸島の手がかり」が発売された年。この頃、中南米の島嶼部へ行くのが流行ったのでしょうか。アマゾン中古で1円なので、注文しました。楽しみです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑