*

あの湖が…!!!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

Google Mapというのをご存知だろうか。
私は意外にも知っていたが、ミャンマーをちょこっと検索しただけで飽きてしまい、
そのまま忘れていた。
最近、ムベンベ隊の元メンバーであるMから、そのGoogle Mapでのすごい画像が届いた。
なんと、それはコンゴの「あの湖」じゃないか!!
http://maps.google.co.jp/maps?ll=1.346216,17.155838&spn=0.082821,0.083659&t=k&hl=ja
緑の中にぽっかりと丸い青。
入り江まではっきりと映っている。
湖の周辺には川はまったくないが、小さな池はぽつぽつとあるのもわかる。
「あの頃、これがあったらなあ!」とはMの弁だが、いやほんと、あったらいろいろなことに悩まなくて済んだろう。
湖の形態を調査する必要もなかっただろう。
アメリカのレガスターズ隊の地理的調査が大ウソだということもすぐにわかっただろう。
湖が川とつながっていて、ムベンベがそこを行き来しているなんてデマにも耳を貸さずに済んだはずだ。
もっとも、これがあっても、テレ湖へ行くたいへんさは変わらず、ムベンベの正体もまったくわからないままだが。

関連記事

no image

言い忘れた!

いい忘れていたのだが、昨日の晩、NHKクローズアップ現代で 生物多様性に関する番組があり、 私の上司

記事を読む

no image

元気が出てしまう(?)自死の本

いわゆる「野暮用」ってやつで、仕事に専念しているわけでもないのにともかく忙しくて ブログを更新でき

記事を読む

no image

エンタメ・ドキュメンタリー

フジTVの『フジテレビ批評』という番組に出演した。 テーマは「エンタメ・ノンフとエンタメ・ドキュメン

記事を読む

no image

なぜ妻子持ちは超過酷に挑むのか

1カ月ほど前、鏑木毅『激走100マイル 世界一過酷なトレイルラン』(新潮社)という本を読んで感銘

記事を読む

no image

私も外出作家へ

珍しく朝から快晴。 空気が澄み渡り、なにやらトルコのワン湖周辺にでもいるようだ。 部屋にこもっている

記事を読む

no image

上智大学で比較未知動物学?

 なぜか来年度の後期(10月〜2月)、上智大学外国語学部の非常勤講師を務めることになった。  大学で

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

no image

FUTONと焼酎

事情があって中島京子の作品を読み返しているが、 『FUTON』(講談社文庫)はあらためて素晴らしい

記事を読む

no image

有名人ではありません

この一週間はインタビューが多い。 読売新聞、PL教の雑誌、そして今日は図書館教育ニュース。 最近では

記事を読む

no image

本の雑誌年間ベスト10入り

担当編集者から連絡があり、「アジア新聞屋台村」が「本の雑誌2006年度ベスト10」の8位になったそう

記事を読む

Comment

  1. 一ファンより より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    Google MapじゃなくてGoogle Earthじゃないですか?
    (一応貴著は全部買って読んだファンより)

  2. 一ファンより より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    ああすいません、Google Mapっていつの間にか全世界対応になっていたのですね。
    高野さんのコメントから察するに、高野さんはGoogle Earthをご存じなさそうな感じがしますが、一度ご覧になって下さい。
    Google Mapの数百倍驚きます。
    Google EarthはWebで見るのではなく、アプリをダウンロードするもので、無料。但し英語版のみ。

  3. 某ファンより より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    お客様のウェブ ブラウザは、Google ローカル で完全にサポートされていません。
    ——という表示が出て、my PCから見れない・・・。
    いちおう一年前に買ったWinXPなのですが?

  4. kow より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    Google Earthなら、下の数字を入力すれば、テレ湖に飛べるはずです
    1.33909239040842,17.13765977139371
    ただし、ズームアウトしないと、湖の全貌は見られないかもしれません。

  5. kow より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    ちなみにマップの写真そのものはGoogle Mapと同じです。
    ただ、自宅とテレ湖をマーキングして、ジャンプさせてみると
    その距離感とか楽しめると思います
    あと、ワ州はなかなか見つかりませんでした…
    探し方甘いです、自分

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑