*

英訳「突破者」を外国人はどう読む?

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

なんとなくアマゾン書店の洋書コーナーを眺めていたら、
おもしろい本をみつけた。
宮崎学「突破者」の英語版だ。
版元は、私の「ビルマ・アヘン王国潜入記」英語版を出しているコタン・パブリシング。
序文をロバート・ホワイティング(『菊とバット』『東京アンダーグラウンド』などの著者)が書いている。
前々からコタンの金丸社長より「今度『突破者』をやるんです」と聞いていたが、
それからだいぶ時間が経ったにもかかわらず何の音沙汰もないので、
ボツになったのかなと思っていたころである。
相当苦労されたようだし、ほんとうによかった。
興味がある方はこちらをご参照ください。
http://www.kotan.org/books/index.html
日本人が日本人向けに書いたヤクザや全共闘の話がどこまで外国人に通じるのか、
通じたとして外国人がどう感じるのか、
たいへんに興味がある。
外国の友人をお持ちの方はぜひとも勧めてみてください。
私も、今年から、「自著海外雄飛計画」第2弾を開始しようと思う。
自著を英語や中国語で翻訳出版をするのだ。
外国人読者の方はお楽しみに。
日本人読者にはどうでもいいことだと思われるだろうが、
案外そうでもないかもしれない。
これまたお楽しみに。

関連記事

no image

名探偵なき大巨篇ミステリ

最近小説が読めなくなっていると前に書いたが、 とくにミステリはダメだ。 なにしろリアルでは原発や放射

記事を読む

2014年のベスト本はもう決まった!!

昨年、あれだけ「小説がダメだった」とぼやいていたのが天に聞こえたのだろうか。 今年最初に読

記事を読む

no image

藤沢周平症候群にお悩みの方へ

前にも書いたが、長年私は深刻な藤沢周平症候群にかかっている。 この病気にかかると藤沢周平以外の時代

記事を読む

no image

素晴らしき酒飲み書店員飲み会

酒飲み書店員飲み会(ややこしいね)に招待してもらい、一緒に飲む。 千葉周辺の書店員さんたちと出版社の

記事を読む

no image

タマキングの原点はここにあった!

週末、書店でのトーイベントのため大阪に行ってきたのだが、実に楽しかった。 なにしろ、朝は杉

記事を読む

no image

離島に電子書籍を!

最近は中東・アフリカのイスラム圏に行き、取材して原稿を書くことが多い。 そういうとき、ネットは便利だ

記事を読む

no image

「メモリークエスト」再開

銀座のマガジンハウスに行き、「an an」と「TARZAN」のインタビューを受ける。 両方ともマラ

記事を読む

no image

『怪獣記』本日発売

本日、『怪獣記』(講談社文庫)発売。 見所は森清の単行本未収録(もしくは単行本時にはモノクロだった)

記事を読む

no image

春日部がブータンを支配している

今回、私が一緒に共同調査(?)を行ったブータン国立生物多様性センターの所長は 本人はロンドンとオース

記事を読む

no image

元首相になりたい

福田首相が一昨日、突然辞任した。 次は麻生太郎が首相になるらしい。 それ以来、「みんな、どうして首相

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • たぶん、どっちかが死ぬ。 https://t.co/yZgTTAsMpC ReplyRetweetFavorite
    • さらに電話でこの友人に問いただすと、「俺にはコスプレとファッションのちがいがわからない」とか「ただの布に10万とか出すなんてどうかしてる」など、迷言の数々。内澤さん、もし続篇やるなら、この男をバーニーズに連れて行ってやってください。鴨田さんとの一騎打ちが見たい。 ReplyRetweetFavorite
    • 私の親しい友人が内澤旬子さんの『着せる女』の写真を見て、「beforeの何が悪いのかわからん」「afterは単にみんな、スーツの人になっただけに見える」などという恐るべき感想を述べていた。村西監督じゃないが「下には下がいる」。 ReplyRetweetFavorite
    • よかった、森の中に捨てられないで。 https://t.co/RHPN5DeTlF ReplyRetweetFavorite
    • 新型肺炎のニュースを見聞きしていると、病気に罹患してないのに気鬱、苛立ち、焦燥感といった各種症状におそわれる。そんなときは全卓樹著『銀河の片隅で科学夜話』(朝日出版社)が効くと気づいた。ひそやかな科学の好奇心が鎮静剤になる。造本も素晴らしい。 ReplyRetweetFavorite
    • 「パラサイト」もびっくり。半地下どころか墓場の地中深くに潜っていたのか、私は。 https://t.co/FspAO48snC ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子さんの新刊『着せる女』(本の雑誌社)読了。「職質もののファッション」を纏う男性陣に似合うスーツを選ぶ顛末。ビフォーアフターの写真つきです。笑いで免疫力増しましたわ。高野秀行さんの場合が、ビフォーもアフターも破壊的に凄い。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑