*

医学界に進出

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「週刊医事新報」なる医学雑誌が自宅に届き、何事かと思ったら
私の本が紹介されていた。
神奈川県葉山町すこやか子どもクリニックの三好邦雄先生という方が
エッセイの中で2ページ以上にわたり、
私の旅行記を5冊も取り上げてくれていた。
(残りは金子光晴『どくろ杯』の紹介)
なぜ医者の先生が私の本を読むのか。
答えが書いてある。
「万事いいかげんである。
これが自分のいいかげんさを押し殺して、
日々緊張している医者の私には何ともおかしい」
万事いいかげん、か…。
ちなみに三好先生がお気に入りの場面は
『西南シルクロード』で私と森が中国の公安に捕まって尋問を受ける場面と
『ウモッカ』でキタが野犬にかまれ、狂犬病のワクチンを打ってもらっているはずが
なぜか破傷風の注射だったという場面。
これで医学界にも高野本がひろく普及することと思われる。

関連記事

no image

ヒマラヤのイエティは神戸で飼育されていた!?

最近、さまざまな未知動物について調べているが、 私が知らなかったことがすごくたくさんあり、 驚きの毎

記事を読む

no image

朝までカラオケ

4年ぶりに会った後輩と下北沢で飲んでいたら 後輩の終電がなくなり、 朝までカラオケボックス。 カラオ

記事を読む

no image

怪獣はダメか

ブログに長井さんのことを書いたため、 朝から電話とメールがひっきりなし。 ついには渋谷のNHKに呼び

記事を読む

no image

マイブームじゃなかった…

依然としてマイ・ブームとして続いている「自閉症モノ」、 3冊目に読んだやはり泉流星の『僕の妻はエイリ

記事を読む

no image

幻の国ソマリランド

エチオピアを経て、ソマリアに入った。 ここが今回のほんとうの目的地なのだが、さすがに出発前は言いづら

記事を読む

no image

Low Positionの秀作3本

ドキュメンタリーの秀作を3本観た。 どれもLow Positionという制作グループのメンバーの手に

記事を読む

no image

本の雑誌年間ベスト1

本の雑誌1月号が届く。 恒例の年間ベストテンの1位はあの新人の快著。 しごく納得。 あの秘境ノンフ

記事を読む

no image

夢のようなアジアの列車旅

おかげさまで『謎の独立国家ソマリランド』は先週、日本経済新聞と東京(中日)新聞の書評で取り上げてもら

記事を読む

no image

ハッピー・ストリート

一年ほど前から腰痛リハビリのために水泳をやっているのだが、 そこで知り合いになった獣医さんに「バング

記事を読む

no image

サドゥはバカか

インドにはサドゥと呼ばれる「聖者」がいる。 ヨガをしたり、瞑想したり、 大麻を吸ったり、すっぽんぽ

記事を読む

Comment

  1. ぽち より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さんの本、かなり制覇しつつありますが
    万事いいかげんとは失礼なっ!!
    いいかげんに見えるところがスゴイのに。
    本当にいいかげんな人間には冒険なんて出来ないです!
    早くインドへウモッカ探しに行ってください☆

  2. 会長 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1)
    五冊も・・・・。
    三好先生、一度お会いしたいですね。
    先生のコメント、ストライクです
    すこやかこどもクリニックの先生なのか
    いろいろストライクです

  3. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    西南シルクロードの公安につかまって尋問を受ける所ちなみに自分もすきです。けどあそこの部分英語で読むとなんだかシリアスすぎ?で、いまいち笑えないんだよなー(あーもともと笑う部分じゃないですね)。もードンドン自己訳すすめてください。世界進出まっていますぅ。

  4. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    あ、すいません上記のコメント訂正させてください。西南と The shore beyond ggod evil が自分のなかでごっちゃになってました。ちなみに自分は巻頭にある For Yuka っていう部分にちょっとグッときました。

  5. aa より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.6) Gecko/2009011913 Firefox/3.0.6 Pathtraq/0.9
    私は外科医ですが、大の高野ファンです。
    何故か、いつも、緊張の中手術をしているので、
    高野さんの力の抜けた文章が、雰囲気が大好きなのです。
    つまり、癒しなのですね、高野さんの文章は。
    だから、全ての高野本を購入し、疲れたときは、読んでいます。
    自分には出来ない素晴らしい世界を、力まずに文章に表現できる
    業は高野さんにしか出来ないと思います。
    ただ、もっと、もっと、高野本を読みたいですね。
    どんどん、書いて下さい。御願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : いい本買った。世界各地から来ている難民の人たちが、日本で手に入る食材で作る料理の本。 https://t.co/tSZtHo5Yya ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【来店&オンライン】 『ある大学教員の日常と非日常』(晶文社) 『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)刊行記念 横道誠×高野秀行トークイベント 「迷宮めぐりの旅談義」 11/4(金)19:00 「混沌から明晰へ」と向かう作品世界… ReplyRetweetFavorite
    • 「連戦連敗の学習法」とは星の数ほどある語学習得法の中でも史上初にちがいない。 https://t.co/BJYpRz6oka ReplyRetweetFavorite
    • RT : 発売中の「女性セブン」に高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』についてのインタビューが掲載されています!取材、構成は佐久間文子さん。「びっくりするぐらい本格的な内容の本」としながら、高野さんの楽しい文体の理由も明かしてくださっています。 h… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 25以上の言語を学んだノンフィクション作家・高野秀行さんが明かす“連戦連敗”の学習法 https://t.co/odail34l2y 「ぼくは言語おたく、はやりの言葉で言うと『言語推し』ですね」 @… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『語学の天才まで1億光年』 スペイン語=カクカク「平安京言語」他方ポルトガル語は アマゾン冒険でローマ字読みで習ったポル語が全く聞き取れず、ネイティブに学ぶべきだったとしきりに後悔しつつ、両言語を縦横に語る至言の数々 ただスペ語にクレ… ReplyRetweetFavorite
    • 野谷文昭先生、おめでとうございます! この本は、実在した主人公がコンゴ→アマゾン(プトゥマヨ川流域)→独立運動と移行していくという点で、私の『語学の天才まで1億光年』と見事にシンクロしており、本当に驚かされました。 https://t.co/MhFDF26sS6 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年10月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑