*

ヒンディー語と春風亭昇太

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

トルコの怪獣取材もいいが、忘れちゃいけないインド・ウモッカ探索行。
そう、凝りもせず今年の11月末から再びチャレンジするのだ。
去年は、現地語についてはウモッカタウンのあるオリッサ州の公用語オリヤー語を習っていったが、
あとで聞くと、ウモッカタウンも他のインドの大多数の土地でも
今やヒンディー語が通じるという。
オリヤー語はテキストはともかく、辞書がないのが厳しい。
それで今回はヒンディー語をやることにした。
ヒンディーがちょっとでも話せれば、インドはどこでもかなり行けるし、
パキスタンやネパール、バングラでも使えると思う。
先生は在日43年のナレシ・マントリ先生。
現在77歳、法華経のヒンディー語訳をライフワークにしている。
で、私は週に二回、先生の自宅を訪れ、山のような法華経の文献に囲まれながら
「ナマステー」とかやっている。
   ☆      ☆        ☆
新宿サザンシアターに春風亭昇太の独演会を聞きに(見に)行く。
非現実の世界を描いた奇妙な味わいの新作ばかり三本。
相変わらず爆笑爆笑で突っ走りながら、最後の「吉田さんのソファー」に愕然。
笑いで心が開放されているときに切ない話をいきなりされると
胸に深々と突き刺さってしまう。
春風亭昇太、あらためて恐るべし。

関連記事

no image

映画「ホテル・ルワンダ」を見るべし!

試写会で、映画「ホテル・ルワンダ」を見た。 1994年、ルワンダで三ヶ月で数十万人が虐殺されるという

記事を読む

no image

鍵は辺境にある!らしい

すごい本が出たものである。 内田樹『日本辺境論』(新潮新書)。 「日本人とは何ものか? 鍵は『辺境

記事を読む

no image

小島よしおとマッスル板井

 無料出張上映会は好評で、すでに10月末に1件、11月にも3件も依頼が入ってしまった。  まあ、人気

記事を読む

no image

南米の超古代文明!?

日本唯一、世界でも二人しかいない「カーニバル評論家」で、 『カーニバルの誘惑−−ラテンアメリカ祝祭

記事を読む

no image

カレセン・アジアン・ミステリ

 「カレセン」のつづき。  カレセン先生が事件を解決するというなんとも渋いミステリを発見した。 コ

記事を読む

学校や仕事に行くのが辛いとき、この映像を見よう

アブディンの『わが盲想』、やっと重版がかかった。 「すぐにドカーンと売れる」という私の皮算用か

記事を読む

no image

セルビアの宍戸錠

セルビア共和国の首都ベオグラードに こんな人がいた。 動物の皮で作った不思議な楽器を演奏していた。

記事を読む

no image

奇人コレクション

その昔、「PLAYBOYドキュメント・ファイル大賞」というノンフィクションの賞があった。  選考委

記事を読む

no image

判断能力の急激な低下

うーん、参った。 内澤さんの話、何も問題なかったのか。 これでは私がただ赤っ恥をかいただけではない

記事を読む

no image

人の旅がうらやましいときは

最近ここに書くのをすっかり忘れていたような気がするが、「メモリークエスト2」の方も少しずつ進めている

記事を読む

Comment

  1. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 1.1.4322)
    >あとで聞くと、ウモッカタウンも他のインドの大多数の土地でも
    今やヒンディー語が通じるという
     うーんどうなんでしょうね。
     宿オヤジさんは「漁師さんは南部の州から出稼ぎに来ているから
    ヒンディー語通じないよ」と言っていましたが。

  2. haru より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    タカノさん、サザンシアターいらしてたんですか!!!!!???
    うわ・・・
    わたしも行ってました・・・
    気がつかなかった。当たり前ですね、あれだけの人ですものね。
    うわ・・・
    ああ・・・
    しかし、お会いしてみたかったです。
    最高によかったですね、昇太師匠。栗コーダーカルテットも最高。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 初めて行く場所は必ず道を間違えるので、念のため、1時間早く家を出たけど、全然間に合わず。これからは2時間前に出るべきか。ていうか、もう、そういう問題ではないのか。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー人の友人のお父さんが先月コロナで亡くなり、今日は和光市のミャンマー寺院で法要なんだけど、気づいたら入間市に着いていた。副都心線が池袋で二股に分かれるとは夢にも思わず。また間違えてしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • PCの画面も見るのが辛い。でも締切が迫っている。これは手書きで原稿を書くしかないか。 ReplyRetweetFavorite
    • ありがとうございます。Kindle Paperwhiteを持っていたことに先ほど気づきました。 ReplyRetweetFavorite
    • 突然、液晶画面を見ると涙が出るようになった。iPhoneでの読書にハマり、一週間毎日3時間ぐらい読んでいたせいか。しかも読みやすくするため、明るさをMAXにしていた。また間違ってしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • これは凄かった!現代の探検とはこれだと思う。 https://t.co/Oj0Y21itOw ReplyRetweetFavorite
    • RT : #ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。 ノンフィクション作家 高野秀行さん@daruma1021とのトークショーの様子を特別公開✨ パラレルワールドのような北朝鮮の不思議さに驚かされ、タイムトラベルのような姉妹の再会に胸を突かれる。こんなSFっぽ… ReplyRetweetFavorite
  • 2021年9月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑