*

旅いろいろ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

私が最近寄稿した雑誌が2冊、ほぼ同時に送られてきた。
どちらも旅の本で、一冊は「バックパッカーズ読本」(双葉社)、
もう一冊はビーパル増刊号の「bp」というムック。
私は日頃、旅関係の雑誌も本も、ほとんど読まないので、
「へえ」と物珍しく読んでみた。
両方とも旅の本(ムック)なのに、あまりに対照的だ。
「バックパッカー」があくまで泥臭く垢抜けない一方、「bp」はひたすらスタイリッシュ。
アウトドアグッズへのこだわりや美しい写真はファッション雑誌のようだ。
「bp」に比べると、「バックパッカーズ」は明らかに古くさい。
「bp」の方がこれから旅をする若者には断然訴えると思うが、でも紹介されているモノは高すぎる。やはり、これも経済的に余裕のある中高年のほうが読むのだろうか。
それにしても、日本の旅業界は私にとって未知の世界なのだなと痛感した次第。
※スキャナーが壊れたので、「bp」の画像はありません。

関連記事

no image

再結成?

携帯が鳴り、着信記録を見ると「公衆電話」。 いったい誰かと思ったら、探検部の後輩で、ワセダの三畳時代

記事を読む

no image

宣教師ニコライのファンになる

今、「移民の宴」で在日ロシア人取材をやっているので、その資料として中村健之介『宣教師ニコライと明治

記事を読む

no image

歯ブラシ40本

上海に住んでいる後輩のイシカワ(仮名)が一時帰国しており、 ワセダのアパートでビールを飲む。 彼は2

記事を読む

no image

2011年のベスト本はもう決まった!

数日前、増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社)を読了した。 これほど面白くて

記事を読む

no image

古墳プレイ

集英社の財団主催の高校講演会、今年はなんと高野山高校に行ってきた。 校長先生は高位の僧侶で、話をする

記事を読む

no image

ノビシロマン

水泳に行くと、仲間というか先輩の方々から「高野さんはいいね、ノビシロがいっぱいあるね」と言われる。

記事を読む

no image

加点法の傑作「ジェノサイド」

ソマリ旅行中、なにしろ一人だけで話し相手もいないから、 iPhoneでツイッターをよく見ていた。

記事を読む

no image

略して『みらぶ~』!

『未来国家ブータン』の3刷りが届いた。こんな表紙である。すげ~なあ。 本書を「みらぶ~」と命名

記事を読む

no image

butan no bukkyou

Zenkai no shasin no bijo wa watashi no zonka-go(bu

記事を読む

no image

館山で昼寝

ぶらっと東京湾フェリーに乗って館山に行ってみた。 船の中でビールを飲んだら眠くなり、館山駅近くの小

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年9月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑