*

切羽詰まったら本人伝説

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様


 竹島問題と尖閣問題が勃発して以来、毎日が憂鬱でならない。特に尖閣は、もういつ軍事衝突になってもおかしくない。
 例えば、中国でたまたま日本人が酔っ払ったチンピラにからまれて殺されてしまったり、あるいは尖閣に突っ込んできた中国漁師の一人が海上保安庁の船に追われたとき誤って海に転落死してしまったりしたら、それだけで被害者側の国の世論は激高するだろう。世論が燃え上がると、政治家は後ろに引けなくなる。
 軍事衝突になれば、人的・経済的な被害は莫大になり、どちらも大損する。そして他の国が喜ぶ。
 世界中でこれまでさんざん起きてきて現在も起きている戦争の超・古典的なパターンに、どうして21世紀の日本がハマッているのだろう。

 いったん軍事衝突が起きれば、その後もひじょうに危険だ。
 私は今、ソマリアの取材をずっと続けているが、戦争が悪化している場所は「それまで戦争をしたことがなかった地域」だ。そういう地域の人たちは、戦闘が始まると、頭に血が上って
まるで見境がなくなる。止めたくてもどうやって止めていいかわからない。
 逆に、ちょくちょく戦争を行っていた地域は戦争になれているため、手打ちの方法も確立されていて、停戦にこぎつけることができる。
 言うまでもなく、日本は「それまで戦争をしたことがない地域」である。始まったら止まらないだろう。
 まさに太平洋戦争の二の舞だ。

…と、とめどもなく暗い予想にとりつかれてしまうのだが、いくら私が声を大にしてこんなことを言っても誰も耳を傾けはしないし、戦争の前に私の精神状態が破綻してしまう。

 というわけで、長い前振りだったが、毎朝毎晩、南伸坊・本人、南文子・写真『本人伝説』(文藝春秋)を開き、大いに笑って気持ちを落ち着かせている。
いや、この本はすごい。あのひじょうに個性的な顔をした伸坊さんが、男性女性、日本人・外国人を問わず、「本人」になってしまう。

 スティーブ・ジョブズなんか、どう見ても「本人」にしか見えない。でもハリウッドの特殊メイクをやっているわけじゃない。髭なんかマジックで直接描いているという適当さだ。
他にもダライ・ラマ、石原慎太郎、ウディ・アレン、星野仙一、民主党の前原誠司も本人そのもの。どうして南伸坊がこうなってしまうのか理解できない。

 必ずしも全部がそっくりというわけではない。あえてデフォルメして作った顔もあり、そっちは戯画となっている分、さらに笑える。
 ヒラリー・クリントンや宮里藍は何度見てもおかしい。

 それからダルビッシュ有や斉藤祐樹みたいに、全然似ていないのもあるが、似ていないのにぬけぬけとそのふりをしている伸坊さんは、「化け損なっていることに気づかないタヌキ」なおもしろさがあって、やっぱり笑ってしまう。
 つまり、似ていても似てなくても笑えるというところが、この本のいちばんすごいところなのだ。

 「絶体絶命の危機を回避できるのはユーモアのみ」と、ある人は言った。
 たしかに、日本人と中国人全員が『本人伝説』を読めば、みんな肩の力が抜けて、この危機は確実に回避できると思うのだが。

 

関連記事

no image

本の雑誌年間ベスト1

本の雑誌1月号が届く。 恒例の年間ベストテンの1位はあの新人の快著。 しごく納得。 あの秘境ノンフ

記事を読む

no image

書店員の書いたプロレス&格闘技ミステリに感涙

大阪の書店でトークイベントを行ったとき、すごく変わった人に出会った。 書店員なのだが作家でもあ

記事を読む

no image

人生に生きる価値はない

これまでにも『ぼくは偏食人間』や『狂人三歩前』など、 笑える奇書を連発している中島義道先生の新作は

記事を読む

no image

高橋留美子に漫画化してもらいたい

相変わらず在日外国人取材の日が続いている。 忙しいのだが、移動や待ち時間も多いので、本は読める

記事を読む

no image

ボロボロのデビルマンみたいなやつ

月曜日、ヒストリーチャンネルの取材が終わったあと、 探検部の現役学生3名と飯を食う。 うち二人はニュ

記事を読む

no image

片野ゆか「愛犬王」発売

妻・片野ゆかによる本年度小学館ノンフィクション大賞受賞作『愛犬王 平岩米吉伝』(小学館)がようやく上

記事を読む

no image

昔の愛読書

今から30年以上も昔、私が小学生になったかならないかの頃、 トラゴロウというトラの出てくる物語を愛

記事を読む

no image

クールだけど超目立つ

 『謎の独立国家ソマリランド』、ついに昨日からAmazon.comで予約受付が開始された。

記事を読む

no image

日本の冬

会社員を辞めて山岳ガイドになった後輩と一緒に箱根の山を歩いた。 ただ普通に山歩きをするだけのつもり

記事を読む

no image

野宿の話はつづく

「高野さん、この前うちの近くで野宿してたでしょ?」と水泳のY先生にレッスンのあとで言われて驚いた。

記事を読む

Comment

  1. みどり より:

    毎日変わらない日常生活の中で、あまり賢くない私の小さい頭の中でさえも、戦争になってしまうのでは…と危機感を感じてます。高野さんの言葉はとても理解しやすくて…今凄く怖いです。こんな切ない状況いつまで続くんでしょうか…不安です。
    少し前に『異国トーキョー漂流記』再読しました。高野さんの優しさや男気、そして、時々クスっと笑ってしまうユーモアが沢山沢山ぎゅ〜っと詰まった人情味溢れる大好きな一冊です! 世界中の人達に(特に今は中国の方達)高野さんのこの本を読んでもらいたいです。きっと温かくて優しい優しい気持ちになるはずだから…。

  2. hu より:

    前にも香港の活動家が海に落ちて死んだけど何事もなかったから大丈夫だと思います。
    仮に日本人が行方不明になったとしても、全力でもみ消されるでしょう…。
    中国は内紛も含め周り中の国と戦争や紛争をやりなれているので、得にならない戦争はやらないと思われます。日本側が勝手に盛り上がってという可能性もなくはないでしょうけど、アメリカに無断で自衛隊を派兵したりしたらすぐにアメリカが介入するでしょうし、国民の大半が銃の扱いすら知らない国じゃ、民兵がゲリラ戦に参加することすらできないのではないでしょうか。それよりマイノリティへの襲撃が常態化することの方が怖いです。

  3. hu より:

    あと、イラクで日本人の青年が死んだときも、日本人の反応は「そんなところに行くほうがわるい」と、冷淡そのものでしたので、今中国で日本人が死んだとしてもそうなるでしょう。
    知り合いに中国駐在は沢山いますが現地はマスコミの報道よりずっと平穏で、デモを見かけるほうが難しい状態なのに、日本人からは「何で好き好んでそんなところいくの?日本で就職すればよかったのに」という扱いを受けています。
    どうも日本人は、外に出た人間を「国を棄てた人間」という扱いをしたがるみたいです。

    仮に尖閣諸島を武力で制圧されたとしても、日本人は民主党の悪口をネットに書きまくって、あとは中華料理屋にこっそり石でも投げてそれで終わりでしょう。武器もないし「敵」ははるか海の向こうで、政府は「二大政党」が足を引っ張り合って、武力行使を遂行するどころじゃありません。「平和国家」としては非常に理想的な状態ではないでしょうか。

  4. 高野 秀行 より:

    私はhuさんほど楽観的になれないのですが、今の時期、中国に行くのはとてもいいと思います。時間があれば私も行きたいんですが…。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ジュンク堂吉祥寺店では文化人類学特集をやっていたが、一冊だけ文化人類学と関係ない本があった。私の『謎の独立国家ソマリランド』。しかも、宮本常一『忘れられた日本人』とマリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』にはさまれて。何か間違ってると思うが、とても嬉しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 仕事と雑務がちょっと一段落したので、勇気を振るってものすごく久しぶりに大型書店(ジュンク堂吉祥寺店)へ行ったところ、あまりに楽しくて、3時間近くも店から出られなかった。だから大型書店は怖い。 ReplyRetweetFavorite
    • 今日、休日だったのか! どうも普通の月曜日と様子が違うと思ってた。 ReplyRetweetFavorite
    • 勉強会と2次会には万城目学さんも来てくれたのであれこれ話す。小説にしてもご本人と話しても、どこか万城目さんの目の付け所や思考回路は自分に似てると思ったら、万城目さんも「高野さんの思考回路は自分に似てる」と言う。しかし、酔っ払った二人にはどこが似てるのか言語化することができず。 ReplyRetweetFavorite
    • とある中東系勉強会で発表。研究者の人たちがメインの参加者だったので、とても勉強になった。これで5月末からほぼ毎週続いた講演会&トークイベント強化期間はとりあえず終了。 ReplyRetweetFavorite
    • 発酵こそ真のトラディショナルにして、オーセンティックでローカルなグレートアートだと、なぜかカタカナで思うんだけど。信じない人は小倉ヒラク君の『日本発酵紀行』を立ち読みしてほしい。写真を見るだけでわかると思う。 ReplyRetweetFavorite
    • 南信長さんが書評で進めていた相澤いくえさんの美大生漫画『モディリアーニにお願い』(小学館)をときおり読んでいる。青春ものとしてもクリエーターものとしても面白いのだけど、全く別次元の感想が頭から離れない。それは「どうして美大には発酵学科がないんだ?」ってこと。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑