*

野宿の話はつづく

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「高野さん、この前うちの近くで野宿してたでしょ?」と水泳のY先生にレッスンのあとで言われて驚いた。
生まれ育ったのも今住んでいるのもずっと中井で、伊野尾書店のすぐそばなんだという。
もっと驚いたのは「前は、あの本屋さんの脇で野宿してる人がたくさんいたんですよ」とY先生がいったこと。
伊野尾書店の脇はガードになっていて、その下がホームレスのねぐらになっていたらしい。
要するに、あそこは「由緒ある野宿スポット」だったわけだ。
ちなみにY先生は「店長さんらしき人はお店で見たことがないですね」と首をひねっていた。
伊野尾さん、ふだんは店にいないのか。
たぶんプロレスを見に行っているか、またわけのわからないイベントの企画で
出かけているにちがいない。

関連記事

no image

今まだそこにいるんだけど…

ソマリランドの首都ハルゲイサもそろそろ一週間。 ソマリ人との付き合いは二週間。 さすがに最近は慣

記事を読む

no image

野球選手じゃなくてよかったという話だ

珍しく夕方家にいたので、テレビでドラフトを見ていた。 指名された選手は、斉藤、大石、沢村のビッグ3以

記事を読む

no image

三沢の試合を見よ

アフリカに行っている最中、三沢光晴の急死について、 知人や読者の人たちから多数のお知らせメールをいた

記事を読む

no image

タンデム三輪車「トライデム」

拙著『異国トーキョー物語』の最終章に「盲目のスーダン人留学生・マフディ」という男が出てくる。 本名は

記事を読む

no image

ルーマニアの歌姫

「ラフ・ガイド・トゥ~」というCDのシリーズがよくて、最近よく聴く。 今日はルーマニアのジ

記事を読む

no image

NHKの仕事でまたミャンマー

(撮影:森清、『西南シルクロードは密林に消える』より) ※こんな映像が撮れればいいのだが…    

記事を読む

no image

新刊の表紙はマダム・ヤン

6月26日に発売される新刊『アジア新聞屋台村』(集英社)の見本が届いた。 「マダム・ヤン」みたいな女

記事を読む

no image

奄美合宿

ツイッターを始めてから、ブログに書いたのかそれともツイッターに書いたのかわからなくなることが多々ある

記事を読む

no image

続・プロレスの罠

こんなことをしていてはイカン!と思いつつも またもやプロレス本を一気読み。 小島和宏『ぼくの週プロ

記事を読む

no image

道動物?

月刊プレイボーイの旅特集号で、 前川健一、蔵前仁一の両氏と座談会を行う。 といっても、私はろくに旅の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【新刊】『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行(新潮文庫)辺境作家が目指した未知の大陸、それは納豆だった。山奥のジャングルで出会った納豆ご飯、ぱりぱりと割れるせんべい納豆、日本の究極の納豆…知的好奇心あふれるノンフィクション。… ReplyRetweetFavorite
    • RT : テレワークで自宅にいたり、衣替えも迫り、すっかりスーツを着たり、目にする機会がなくスーツ好きには残念な日々ですが、そんな不満を内澤旬子さんの『着せる女』を読んで解消しましょう! 宮田珠己さんや高野秀行さんのビフォーアフターの写真も収録!… ReplyRetweetFavorite
    • RT : ソマリランドの次はえっ?!納豆?!と驚いた高野秀行さんの『謎のアジア納豆』が文庫化されましたよー!新潮文庫です! https://t.co/WQ9LwokyCJ ReplyRetweetFavorite
  • 2020年5月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑