*

野宿の話はつづく

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「高野さん、この前うちの近くで野宿してたでしょ?」と水泳のY先生にレッスンのあとで言われて驚いた。
生まれ育ったのも今住んでいるのもずっと中井で、伊野尾書店のすぐそばなんだという。
もっと驚いたのは「前は、あの本屋さんの脇で野宿してる人がたくさんいたんですよ」とY先生がいったこと。
伊野尾書店の脇はガードになっていて、その下がホームレスのねぐらになっていたらしい。
要するに、あそこは「由緒ある野宿スポット」だったわけだ。
ちなみにY先生は「店長さんらしき人はお店で見たことがないですね」と首をひねっていた。
伊野尾さん、ふだんは店にいないのか。
たぶんプロレスを見に行っているか、またわけのわからないイベントの企画で
出かけているにちがいない。

関連記事

内側から見た「やくざ」

最近イースト・プレスの本が面白い。 まあ、知り合いの編集者が増えて新刊を送ってきてくれるせいも

記事を読む

no image

こういうときこそ日常

あいかわらず地震のニュースはひどい。 でもあまり悲惨な映像を見続けていると精神的に参ってしまうので

記事を読む

no image

アブディン作家化大作戦

mixiのトークイベントの翌日、私もただ二日酔いでうなっていたわけでもなくて スーダンの魔術師(?)

記事を読む

no image

スットコランド日記

宮田珠己ことタマキングが「web本の雑誌」で連載している 「スットコランド日記」(毎週月曜更新)を読

記事を読む

no image

今年も奇書で行きます

新年あけましておめでとうございます。 今年は高野本プチバブル最終年になる。 新刊、文庫合わせて5冊

記事を読む

no image

エメリウム光線か

持病の腰痛を治すため、「すごい治療師」のところへ行く。 「すごい」と言われる民間療法の治療師はこれで

記事を読む

no image

なぜ小説を書かないのか?

早大探検部OB会<特別ホラー篇>みたいな催しがあり、 「もっと若手がほしい」とのことで40歳の私も召

記事を読む

no image

大野更紗ができるまで

火曜日、『困ってるひと』が発売されて初めて大野更紗さん宅を訪れた。 思えば、彼女から「何か書きたい

記事を読む

no image

ディアスポラ

エンタメ・ノンフ作家は彷徨うことが宿命づけられている。 本人もそうだが、著書はもっと。 書店に棚がな

記事を読む

no image

トルクメニスタン特集

毎回ディープな特集で楽しませてくれるバンコク発の特殊月刊誌「G-Diary」。 ちょっと遅くなって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 本当はまだ公開したくなかったのだけど……。思いがけずヤズディ教徒の人たちの案内でイラク・クルディスタンをまわった話。 https://t.co/uBdGd8BvHG ReplyRetweetFavorite
    • これはどう考えても文庫解説の域を超えた「暴走」。黒田さんにちょっと申し訳ない。 https://t.co/k9DRWYfN0c ReplyRetweetFavorite
    • やんちゃな高井先生は20歳も年上である山岸先生の発言に「屁理屈来たーー(笑)」とか「もう完全に逃げてるとしか思えない」などと全盛期のモハメド・アリ並の挑発を交えながら打ち合いを挑み、山岸先生も真正面から受けて立っている。こんな格闘技みたいな科学本があったとは。 ReplyRetweetFavorite
    • 山岸明彦・高井研著『対論! 生命誕生の謎』(インターナショナル新書)を読了。これはめっちゃ面白かった。生命がどこでどのように生まれたのかという超根本的な問題について、異なった意見の二人が真っ向からぶつかり合う。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【サイン本販売中】本の雑誌社WEBストアでは高野秀行さんや坪内祐三さん、平松洋子さんなどなど貴重なサイン本を販売しております。また本の雑誌社特製グッズや宮田珠己さんのオリジナルグッズも。もちろん本の雑誌最新号と大人気のおすすめ文庫王国202… ReplyRetweetFavorite
    • 図星だったでしょ。 https://t.co/t5eQSgxKKf ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」1月号が届いていた。恒例の2019年の総合&ジャンル別ベストテン。ランクインしたほとんどの本が未読であるのも驚きだが、中には買ったまま未読の本もあって二度びっくり。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑