*

これからは「盲人サッカー」だ!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

以前「少林サッカー」という面白い映画があったが、それはもう古い(私が言うまでもなく古いけど)。これからは「盲人サッカー」だっ!
と言っても何のことかわからないので、ご説明しよう。
 昨日、盲目のスーダン人留学生マフディ(仮名)を自宅に呼び、日本人の友人夫婦と一緒に宴会をした。
 なぜ、仮名かというと、彼のことは来年2月に集英社文庫より発売される「異国トーキョー物語」に同じ仮名で書いたからである。
 私がどうして盲目のスーダン人とつきあっているのか、それはその本に詳しく記したのでここでは説明しないが、とにかく面白い男である。
 
日本に来て6年だが、ものすごい日本語がうまい。
 アラブ人とアフリカ黒人がちょうど半々くらいに混ざったような肌の色と巻き毛の髪をしているが、接していると、日本人にしか思えなくなるくらいだ。
 彼はムスリムだが、酒好きである。
 昨日もビールやワインをガンガン飲んでいるので、私がわざと「ムスリムが酒を飲んでいいのか?」とツッコンだら、「規制緩和の一環ですよ」とニヤッとした。
 マフディは、いわゆる「原理主義」はもちろんのこと、頑ななムスリムを嫌っている。「神さまはね、いちいち戒律を全部守らなければ地獄へ落とすなんてことはしませんよ。もっと寛大なはずです」が持論だ。
 キリスト教や、ユダヤ教にも批判的。
 「やっぱ、一神教は心が狭くてダメですね。いい加減とか言われるけど、日本の八百万の神、あれがいちばんいいね」だそうだ。
盲人でありながら彼はスポーツが大好き。
 特に野球とサッカーはめちゃくちゃ詳しい。
 私は野球好きで、友人の一人はサッカーファンだったから、両方の話題にちゃんと対応する。
「広島カープのピッチャーは酷使されすぎて、すぐダメになっちゃう。まあ、金がないからしょうがないんだろうけど」とか「清水エスパルスのエメルソン、彼はすごいよ。早く帰化して日本代表になるといい」とか、実によく知っている。
(註:これは私の勘違い。エメルソンは浦和レッズでした。すいません)
 もっとも、本物の野球やサッカーはやったことがない。
 私は昨日、野球のグラブとボールをプレゼントした。彼は硬球を握ったのは初めてだったそうで、ボールの握り方も知らなかった。
 まず、ストレートの握りを教えたら、「え、二本の指しか使わないの?」と驚いていた。 わしづかみにすると思っていたらしい。
 私は、「ひとさし指と中指に力を入れてボールを放すと、球に回転がつき、ボールがホップするんだよ」と彼の手をとりながら説明すると、彼は「あー、そうすると、手元で球が伸びて、打ってもみんなフライになっちゃうわけね」と訳知り顔に言った。
 彼は全部「耳学問」だから、理屈はなんでも知っているのだ。そのくせボールの握りも知らないという落差が笑える。
と思っていたら、理屈だけでなく、実践もちゃんとやっていた。
 彼は「盲人野球」というのをやっている。音で判断できるように、中に鈴を入れたハンドボールを転がして打ったり投げたりするものだ。
 それは知っていたが、昨日初めて聞きびっくりしたのは「盲人サッカー」だった。
 同じように、ボールに鈴を入れるが、それ以外はほぼふつうのサッカーと同じルールだという。全力で走り、ドリブルで相手を交わし、シュートを打つという。
 彼のチームは昨年、全国大会で優勝したそうで、ものすごいうまい人が何人もいるそうだ。
 ゴール前でシュートを打つときは、ゴールの後ろでコーラー(caller)という人が指示を出して、ゴールの位置を教える。「そこから45度の方向」とか「キーパーが前に出てきている」とか。
 それを聞いて、的確な方向にシュートを打つ。ゴールが45度の角度なら45度の角度にぴったり打つ。もっとうまい人は、ゴールの隅を狙って、48度くらいの角度で蹴るというから驚く。
 鈴の音を利用したフェイントで相手のディフェンスを抜くという技もあるらしい。
「高野さんたちも今度一緒にやらないですか?」とマフディは言った。
「え、そりゃ、おれたちの方が勝つに決まってるだろう」私が笑うと、彼は笑い返した。
「目が見える人はアイマスクをつけるんですよ」
「え?!」
 私も友人も仰天した。同じ条件でやれと言うのか。
 しかし、目が見えない状態で、集団プレーをするなんて想像もできない。だいたい、怖くてまっすぐ走ることすらできないだろう。
 でも、マフディによれば、「最初は怖いけど、慣れると他の選手の動きのパターンがわかるから大丈夫」だそうだ。
 勘が研ぎ澄まされるらしい。
 日頃、日本代表の「決定力不足」を嘆き続けている友人は、大いに感心した。
 「よく、”うまいフォワードはゴールへの嗅覚が働く”っていうけど、まさにそれだね」  私も言った。
「日本代表も、一度アイマスクをして、盲人とサッカーをするといいんじゃないか。きっとすごく鍛えられる。それに目を開けたとき、目が見えるありがたさでボンボン、シュートを打てるようになるんじゃないか」
 友人は「あ、それ、絶対いいよ!」と興奮し、「オレ、ジーコに手紙書くよ!」とまで言っていた。
 実際見てみたいものだ。
「日本代表VS盲人代表」の試合
 いい勝負になるような気がする。
 
 しかし、日本代表の前にまず私自身が盲人サッカーに挑戦せねば。
 すごく面白そうだけど、怖いだろうなあ…。
 でも、やってみたい。
というわけで、これからは「少林サッカー」じゃなくて、「盲人サッカー」なのだ!

関連記事

no image

アスクル予約開始

いつの間にか、『放っておいても明日は来る』(本の雑誌社、通称「アスクル」)が アマゾンで予約がはじ

記事を読む

no image

「ゴールデン・トライアングル秘史」

トウ賢著(トウはトウ小平のトウ)「ゴールデン・トライアングル秘史(以下GT秘史)」(NHK出版)と

記事を読む

no image

編集力

本の雑誌の杉江さんが『辺境の旅はゾウにかぎる』のゲラをもってきてくれた。 エッセイ、対談、書評など中

記事を読む

no image

明日発売!

あっという間に日本の生活に戻り、 探しモノに狂奔していた日々が夢のようだが、 眠ると、毎回私はヨーロ

記事を読む

no image

高島先生の新刊

高島俊男先生が新刊を送ってくださった。 早速読んでみたが、これもまた名著です。

記事を読む

ドンガラさん、15年ぶりの緊急来日

私がかつて翻訳したコンゴ文学の名作『世界が生まれた朝に』(小学館、絶版)。 その著者であるエマ

記事を読む

no image

ブータン旅より帰国

バンコク市内から幸か不幸かちゃんと空港へ行けてしまい、 本日帰国した。 タイ王朝が崩壊するかもしれ

記事を読む

no image

エチオピアへ

突然ながら、6月1日より30日まで一ヵ月間、 アフリカ方面に出かけることした。 行き先は未定だが、と

記事を読む

no image

加点法の傑作「ジェノサイド」

ソマリ旅行中、なにしろ一人だけで話し相手もいないから、 iPhoneでツイッターをよく見ていた。

記事を読む

no image

「アドゥンはタイ人」さんご来場

上智大学の講義第2回。 ゲストであるタイの伝統音楽家アドゥンさんと大学の北門で待ち合わせていたのだ

記事を読む

Comment

  1. nanhai より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    先日はどうもごちそうさまでした。
    すっかり酔っぱらってしまい失礼いたしました。
    でもとっても楽しかったです。
    今日散歩がてら、芦花公園にあるフットサル場の
    案内をもらってきました。個人参加できる日もあるみたいですよ。
    残念ながら盲人サッカーにはちょっと不向きっぽい場所でしたが・・・。
    で、マフディ(仮名)君の名誉のために、ひとつ指摘をば。
    エメルソンは清水エスパルスの選手ではありません。
    浦和レッズです。今度サッカーも見に行きましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 高野本史上最大の問題作。絶賛してくれる人もいれば、読み終えて森に投げ捨てたという人もいるウモッカ…。 https://t.co/YpM8HMfqGi ReplyRetweetFavorite
    • RT : 『本を売る技術』矢部潤子さんの文章が、朝日新聞「折々のことば」に‼︎ 「走っているからこそ考える、手や足を動かしているからこそ思い付くのかもしれない」 私もノートに書き写した言葉でした。 https://t.co/qdCJ4Lr7jy ReplyRetweetFavorite
    • 久しぶりに新宿の紀伊国屋書店に行ったら、ノンフィクションコーナーに内澤旬子さんの「着せる女」が大展開されていた。パネルにはデカデカと私のスーツ姿の写真が掲載されていて、大笑い。私の本では全然ないのだが。 ReplyRetweetFavorite
    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑