*

常識がひっくり返るドキュメンタリー「えんとこ」を見るべし

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 12月6日(月)、13:00より、ポレポレ東中野で「えんとこ」というドキュメンタリー映画が特別上映される。
「えんとこ」とは、”遠藤さんのところ”の略。
 遠藤さんは全身麻痺の24時間要介護の人。
 寝たきりどころか食事も自力ではとれないという大変な人だ。
 私も一度「えんとこ」を訪ねたことがある。
 ちょうど夕食時だったが、口や舌の筋肉を自由にコントロールすることができないので(筋肉が勝手に動いてしまう)、介護の人がタイミングを見計らって口の中にスプーンを突っ込む。それを遠藤さんがものすごい時間をかけて咀嚼する。
 たしか夕食だけで2時間か3時間かかったのではないか。
 朝飯も1時間以上かかるらしい、便も同じくらいかかるから、生きていくのに最小限必要なことをやってるだけで一日が終わってしまう。
 すさまじい生き様だ。
 でも、「えんとこ」は、「必死に生きようとする遠藤さんと、彼を支える介護ボランティアたちの心温まる感動秘話」なんかじゃない。(まあ、そんなものを私がここで紹介するはずもないが)
 かといって、大宅賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した「こんな夜更けにバナナかよ」みたいな話でもない。
 「バナナ」は、やはり全身麻痺の障害者が主人公で、自己中でものすごくアクの強いその人物に呆れながらも、彼との付き合いを通してボランティアたちが人間的に成長していくという話だ。
 遠藤さんは、「バナナ」の主人公みたいにわがままではない。
 だいたい、いちばんちがうのは、介護人がボランティアじゃないということだ。
 自治体から遠藤さんがお金を引き出し、介護人にバイト代を払っている。
 介護人には福祉の専門家やふつうの人もいるが、 中には引きこもりで他の仕事ができないとか、演劇をやっててふつうのバイトができないとか、 精神科系の病気を抱えてるとか、しまいにはオーバーステイの外国人までいる。
 彼らはみな、一般の仕事が見つからないか勤まらないかで、「えんとこ」へやって来る。 そして、遠藤さんにバイト代をもらってなんとか生活をしている。
 ちなみに、私が「えんとこ」を訪れたのも、いわゆる「心の病」を患って以来、ふつうの職につけなくなった友人の働き場所を探してまわっていたら、そこが見つかったのである。(結果的には諸般の事情で実現しなかったが)
 物理的には、彼らが遠藤さんに飯を食わせてあげてるのだが、生活的には、遠藤さんが彼らに「飯を食わせてやってる」のだ。
 私の知り合いのミャンマー人など、もう「えんとこ」だけに生活を依存している。それがなければ生きていけないのだ。
 ちなみに、そのミャンマー人は遠藤さんのことを「社長」と呼んでいて、私は笑ってしまった。たしかに、介護される遠藤さんが「経営者」で、介護する側が「従業員」だもんな。
 これまでも日本語もよくわからない中国人やらペルー人やらがバイトしてきたらしい。
よっぽど私が「えんとこ」について書きたいくらいだが、書くつもりがないのは、すでに「えんとこ」というドキュメンタリー映画があると聞いたからだ。
 数年前に撮られたそうだが、私はまだ見ていない。
 それがこの度、たった一回だけだけど上映されるわけだ。
 またしても、ポレポレ東中野で。
 貴重な機会なので、ぜひ見に行きたい。
 会社員の人はキツイと思うが、時間に都合がつく方は是非ごらんになってください。

関連記事

no image

大学の講義のゲストみたい

上智大学講義、第10回目。 今年ラストの授業のゲストは琉球カウボーイフィルムズ統括プロデューサーの

記事を読む

no image

大家のおばちゃんには誰も勝てない

日曜日、「野々村荘」の大家のおばちゃん宅で宴会をした。 久しぶりに会うおばちゃんは齢83という高齢で

記事を読む

no image

八王子の人間だから

火曜日に集英社の会議室で角幡唯介と対談したが、 三日後の金曜日、まったく同じところで今度は中島京子

記事を読む

no image

ソマリ語国際放送・東京支局を開局

ソマリランドの首都ハルゲイサに本社をおく「ホーン・ケーブル・テレビジョン(HCTV)」という ソマリ

記事を読む

no image

「出張上映会」依頼第1号

無料出張上映会だが、早くも依頼第1号が来た。 早稲田大学の社会人学生という人。 大学の学生会館を利用

記事を読む

no image

2010年ノンフィクション・マイベストテン

続いてノンフィクション。 1位〜3位 木村元彦『悪者見参』『誇り』『オシムの言葉』(集英社文庫)

記事を読む

no image

野球選手じゃなくてよかったという話だ

珍しく夕方家にいたので、テレビでドラフトを見ていた。 指名された選手は、斉藤、大石、沢村のビッグ3以

記事を読む

no image

笑えてスカッとするフランス映画

軍事産業を皮肉った面白いコメディをやっているというので、 下高井戸シネマに見に行った。 タイトルが

記事を読む

no image

多忙につき

多忙である。 おそらく一般の人からすれば「まあ、ふつう」くらいだと思うが、 私のレベルでは「超多忙

記事を読む

no image

目指すはドリトル先生

読者の方からご指摘があったが、今回の『メモリークエスト』のカバーは 「ドリトル先生」をイメージした

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 初めて行く場所は必ず道を間違えるので、念のため、1時間早く家を出たけど、全然間に合わず。これからは2時間前に出るべきか。ていうか、もう、そういう問題ではないのか。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー人の友人のお父さんが先月コロナで亡くなり、今日は和光市のミャンマー寺院で法要なんだけど、気づいたら入間市に着いていた。副都心線が池袋で二股に分かれるとは夢にも思わず。また間違えてしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • PCの画面も見るのが辛い。でも締切が迫っている。これは手書きで原稿を書くしかないか。 ReplyRetweetFavorite
    • ありがとうございます。Kindle Paperwhiteを持っていたことに先ほど気づきました。 ReplyRetweetFavorite
    • 突然、液晶画面を見ると涙が出るようになった。iPhoneでの読書にハマり、一週間毎日3時間ぐらい読んでいたせいか。しかも読みやすくするため、明るさをMAXにしていた。また間違ってしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • これは凄かった!現代の探検とはこれだと思う。 https://t.co/Oj0Y21itOw ReplyRetweetFavorite
    • RT : #ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。 ノンフィクション作家 高野秀行さん@daruma1021とのトークショーの様子を特別公開✨ パラレルワールドのような北朝鮮の不思議さに驚かされ、タイムトラベルのような姉妹の再会に胸を突かれる。こんなSFっぽ… ReplyRetweetFavorite
  • 2021年9月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑