*

エンタメ・ドキュメンタリー

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

フジTVの『フジテレビ批評』という番組に出演した。
テーマは「エンタメ・ノンフとエンタメ・ドキュメンタリー」
エンタメノンフの意味は意義を話して、次にはテレビのドキュメンタリーでも
それが可能なのではないかってことを話した。
テレビはバラエティ番組では徹底的にふざけて、ドキュメンタリーだと徹底的にシリアスになるという二極分化が進んでいる。
そうじゃなくて、もっとディレクターが自分の色を出す、楽しめるドキュメンタリーがあったらいいんじゃないか…。
そんな偉そうなことをテレビで話してしまった。
それもこれも、この番組、毎週土曜日の朝5:30から放映、
つまり誰も見る人がいないだろうと安心して出たのだ。
昨日(5日)収録し、今朝放映したが、今のところ、
見たという人は全国で三人しか確認されていない。
ちなみに、昨日は私のあとに次週放映分が収録され、呼ばれていたのは
シリアス・ノンフの大家、佐野眞一先生。
バッティングしないように、素早く逃げた…。

関連記事

no image

『ワセダ1.5坪青春記』見本、届く

前にもお伝えした『ワセダ三畳青春記』の韓国語版、 『ワセダ1.5坪青春記』の見本が届いた。 おおっ

記事を読む

no image

『困ってるひと』再び

私の記念すべきプロデュース第一作、大野更紗『困ってるひと』(ポプラ社)が文庫化された。 たった

記事を読む

no image

チェンマイに行きます

二日前、チェンマイにいる知人が病気で重篤な状態にあるという知らせを受けた。 ビルマ(ミャンマー)の反

記事を読む

no image

新刊入荷『青春の門』

今日も外出。 といっても毎日、最終的にはワセダの「野々村荘」に落ち着く。 これは外出ではなく、アパー

記事を読む

no image

育ての親

自然現象なのかバイオリズムなのか、 周期的に「落語がすごく聞きたい」という時期がくる。 今がその時期

記事を読む

no image

英雄の葬儀

 先日、私がチェンマイに見舞いに行ったシャン人の長老セン・スック(別名クン・チャ・ヌー)が亡くなっ

記事を読む

no image

ほんとうに極限捜査

一週間くらい前、「あまりに重過ぎて飽きた」といった オレン・スタインハウアーの『極限捜査』(文春文

記事を読む

no image

国籍はスットコランド

同志・宮田珠己の新刊『スットコランド日記』(本の雑誌)が届いた。 表紙写真は宮田さん本人が撮ったス

記事を読む

no image

勝利の方程式も崩れるときはある

丹沢・大山登山の翌日は予想通りというか、足が激しく筋肉痛。 トレランの鏑木さんに影響されて、山を駆

記事を読む

no image

旅に出るにはワケがある

わけあって部屋の片付けをした。 ゴミためのようで、足の踏み場もなかったのだが、 片付けるとウソのよ

記事を読む

Comment

  1. にゃむ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    こんばんは。はじめまして。にわかファンです。『ワセダ三畳青春期』を読んで、最近高野さんの本ばかり読み漁り、『西南シルクロード』を読むと当分出ないので、どうしよう!と、焦ります。これは、週末金沢に行くのに取ってあるのです。おいしいお菓子みたいに、早く食べたいけど食べ終わりたくない、そしてまたすぐ食べたいと、思ってしまうのです。
    『怪魚ウモッカ格闘記』も、とてつもなかった!
    結局「行けなかった」ことで一冊書き下ろしてる人って、私は知らなかったので、びっくりしながらも感動してしまいました。高野さんの書くものは、内容ももちろんですが、文章自体がすごく魅力的!
    「男子って、馬鹿だよねー」と言いながら、本当はどうしようもなく憧れてしまう。
    いいなあ。賢い人が真剣に馬鹿なことをしているのが、たまらなくかっこよくて、モテそうで憎たらしい!わけもなく嫉妬。
     高野さんがインドに行けるといいな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年6月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑