*

カゴの中の鳥のつぶやき

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

謎の海賊国家プントランドに入ってからもうすぐ一週間。
今は首都のガロウェという町にいる。
滞在してみれば、意外に普通で、なんというか、
ワ州を思い出す部分もある。
でも私に対する警備は異常なほど厳重。
昼間、町にでるにも必ず車で護衛の兵士が四人つく。
ただの雑貨屋で缶詰を買おうとしても、まず先に兵士が
降りてポジションをとらないと、私は車から降りられない。
俺は大統領かよと思う。
これからさらに南の町に移動するのだが、
ドライバーと兵士には直前まで出発時間を教えないという。
南の町はプントランドの最南端の国境の町でもあり、
またちょっと変なところらしい。
今回こそ、ネット環境はもうないんじゃないかと思うけど、
毎回そう思って必ずあったのでわからない。
まあ、ネットはなくても、葉っぱがあれば、いいんだけど。

関連記事

no image

戯作者とGダイ

井上ひさし『京伝店の煙草入れ』(講談社文芸文庫)を読む。 (「煙草」は字がちがう。「煙」が火へんに

記事を読む

no image

お祓いしたくなるほどの夏休み

 宮田部長、杉江さんと一緒に行った「エンタメノンフ文芸部シュノーケル分科会奄美合宿夏休みデラックス篇

記事を読む

no image

V字に向けて

後手後手になってしまっているが、2月20日ジュンク堂書店での 「エンタメノンフ三銃士トークショー」は

記事を読む

no image

花と兵隊

タイ・ミャンマー国境に今でも住んでいる元日本兵(未帰還兵)を撮った ドキュメンタリー映画「花と兵隊」

記事を読む

no image

人は夢だけでは生きて行けない

かすれ声のまま、大学へ。 幸いマイクがかろうじて音を拾ってくれていたが、 声は突然、完全ストップす

記事を読む

no image

名犬ラッシー 家路

妻の希望で夕食後「名犬ラッシー 家路」を見る。 1943年製作、ラッシーとエリザベス・テイラーの両

記事を読む

no image

編集力

本の雑誌の杉江さんが『辺境の旅はゾウにかぎる』のゲラをもってきてくれた。 エッセイ、対談、書評など中

記事を読む

no image

名著復刊!

知らなかったが、本屋大賞では現在絶版になっている本の復刊も訴えているらしい。 それに応え、集英社文庫

記事を読む

no image

2010年ノンフィクション・マイベストテン

続いてノンフィクション。 1位〜3位 木村元彦『悪者見参』『誇り』『オシムの言葉』(集英社文庫)

記事を読む

no image

やっぱりミャンマーの辺境は怖い

先日、ヤンゴンで世話になった友人Kさんから こんなメールがさっき届いた。 「昨日、ヤンゴン・プタオ

記事を読む

Comment

  1. koikea より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB7.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; CIBA; InfoPath.3; AskTbTKR/5.8.0.12304)
    相変わらず常人の体験できない経験をされてますね。
    あまり羨ましくはないけれど……。
    とにかく誘拐にだけはお気をつけください。
    それと「ネット環境」ですが、これも非常に貴重な情報です。
    どこまでつなげられるのか、しっかりレポートをお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • あと「ぜひユーチューバ—とかなってほしいです。めちゃくちゃ人気チャンネルになりそう」という感想もあった。そうか、そういう方向性もあったか。どうやってなったらいいのかわからんけど。 ReplyRetweetFavorite
    • 大阪大学外国語学部で行った講演会のアンケート結果を送ってもらった。概ね好評だったのだが、その中に「〜人、〜族、〜民族の使い分けが気になった」という感想が複数の学生(スワヒリ語専攻)から出ていた。そう、その辺は判断に難しく毎回迷うところなんです。 ReplyRetweetFavorite
    • 来年もたぶんやると思いますので、次回はまず仲野先生に広報します〜 ReplyRetweetFavorite
    • まるで阪大が母校かと思うほど。ありがたいです。 https://t.co/T2DVMLsqlo ReplyRetweetFavorite
    • あまりにも長いブランクに「話が合うかな?」とも思っていたけど、想像以上に盛り上がってしまい、対談が終わってからも喫茶店に移動して、タイのこと、文化人類学のこと、共通の知り合いである研究者(たくさんいた)のことなど、二人で3時間近く喋り倒してしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • 首都大学東京の研究広報誌「Miyacology」で綾部真雄副学長と対談。綾部さんはタイの山岳地帯をフィールドとする文化人類学者で、実はタイのチェンマイ時代にときどき一緒に飲んだり遊んだりしていた。それ以来会う機会がなく、今日が25年ぶり(推定)の再会だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 日曜日は京都精華大学、水曜日は大阪大学外国語学部でそれぞれ講演、今日はこれから首都大学東京と、なぜかわからないが今週は大学訪問ウィークになってしまった。というわけで、もろもろ業務や連絡が滞っていますという関係者のみなさんへのメッセージです。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑