*

お祓いしたくなるほどの夏休み

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

 宮田部長、杉江さんと一緒に行った「エンタメノンフ文芸部シュノーケル分科会奄美合宿夏休みデラックス篇」は最高だった。

天気は島の人も感心するくらいよく、海は透明で、シュノーケリング初心者の私も存分に楽しむことができた。筋金入りの夏休み原理主義者にして世界中の海を潜ってきた宮田部長までも「ここほどすごい場所は数年ぶりだ。世界レベルでもそうないと思う」と唸るほどだった。

私にしても、何も目的を持たずに、気の置けない男友だちと旅行するなど、20年ぶりくらいである。着替えはその辺でフルチンだし、泳ぐのに疲れたらその辺の木陰で転がって寝てしまうし、シュノーケルからあがると今度は磯にいる海の生物を集めて、「マイ池」とか作って戦わせたり、水着姿の若い女の子を見かけるとみんなして気づかないふりして横目でじーっと眺めたりと、まるで小学生の夏休みそのまま。

 しかも本物の小学生とちがい、泳ぎ終われば、生ビールと奄美特産の黒糖焼酎が待っている。暮れゆく海と移り行く雲を眺めながら杯を傾ける。

私や杉江さんは「こんなにいいことだらけで大丈夫だろうか?」「お祓いしたほうがいいんじゃないか」と不安に駆られたほどだが、宮田さんはさすが部長、毅然として「まだまだこんなもんじゃ足りん!」と言い放ち、明日からは新潟の浜辺に遊びに行くという。いや、恐れ入りました。

  内澤さんにもお土産の焼酎(近々「幻の酒」になりそうだというやつ)を買ってきたことだし、今回の合宿の反省会も兼ね、久しぶりに本業(?)の文芸部の活動を再開したいと思う。

関連記事

no image

どんびき芸、健在

付き合いのある新潮社の編集者Aさんより中島義道先生の新刊『女の好きな10の言葉』が届いた。 ぱらぱ

記事を読む

no image

なかなか出発できない件について

悪戦苦闘の挙げ句、『移民の宴』は無事校了。予定通り11月15日に発売される。 旅の準備も今よう

記事を読む

no image

寿司と酒

久しぶりにスーダンの盲人留学生アブディンと会い、 珍しくイスラムの話など真面目な話をしたが、そのあと

記事を読む

no image

クールだけど超目立つ

 『謎の独立国家ソマリランド』、ついに昨日からAmazon.comで予約受付が開始された。

記事を読む

no image

もう一人の「高野秀行」との出会い

ご存知の方も多いと思うが、将棋の棋士に私と同姓同名の「高野秀行五段」という人物がいる。 ネットで「高

記事を読む

no image

大家のおばちゃんには誰も勝てない

日曜日、「野々村荘」の大家のおばちゃん宅で宴会をした。 久しぶりに会うおばちゃんは齢83という高齢で

記事を読む

no image

異常ラジオ「東京ガベージコレクション」出演

平山夢明兄いがパーソナリティを務めるTOKYO FM「東京ガベージコレクション」というラジオ番組

記事を読む

no image

芥川賞受賞の衝撃作

あまりに評判がいいので、磯崎憲一郎『終の住処』(新潮社)を読んでみたら、 衝撃を受けた。 こ、これ

記事を読む

no image

逃避の週末

大野更紗さんに『困ってるひと』の続編というか第2弾の連載を書いてもらうことになっていて、その構成案

記事を読む

no image

天下一とはすでにプロレス

好村兼一『伊藤一刀斎』(上・下、廣済堂出版)読了。 『行くのか武蔵』(角川学芸出版)がよかったので

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    いいな〜夏休み!しかも合宿!!おいどんも行きたかです…渓谷で流し素麺とかやりたい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 初めて行く場所は必ず道を間違えるので、念のため、1時間早く家を出たけど、全然間に合わず。これからは2時間前に出るべきか。ていうか、もう、そういう問題ではないのか。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー人の友人のお父さんが先月コロナで亡くなり、今日は和光市のミャンマー寺院で法要なんだけど、気づいたら入間市に着いていた。副都心線が池袋で二股に分かれるとは夢にも思わず。また間違えてしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • PCの画面も見るのが辛い。でも締切が迫っている。これは手書きで原稿を書くしかないか。 ReplyRetweetFavorite
    • ありがとうございます。Kindle Paperwhiteを持っていたことに先ほど気づきました。 ReplyRetweetFavorite
    • 突然、液晶画面を見ると涙が出るようになった。iPhoneでの読書にハマり、一週間毎日3時間ぐらい読んでいたせいか。しかも読みやすくするため、明るさをMAXにしていた。また間違ってしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • これは凄かった!現代の探検とはこれだと思う。 https://t.co/Oj0Y21itOw ReplyRetweetFavorite
    • RT : #ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。 ノンフィクション作家 高野秀行さん@daruma1021とのトークショーの様子を特別公開✨ パラレルワールドのような北朝鮮の不思議さに驚かされ、タイムトラベルのような姉妹の再会に胸を突かれる。こんなSFっぽ… ReplyRetweetFavorite
  • 2021年9月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑