*

高野本、韓国進出第2弾

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

『ワセダ三畳青春記』が韓国で出版されて二週間ほど経つ。
「河童団」はどう訳されているのかという疑問は解決しないまま、今度は読者の方から
「しいたけに気をつけろ」はどう訳されているのか?という新たな疑問を寄せられた。
 私も以前、翻訳をやっていたからよくわかるのだが、ダジャレや言葉遊びはいちばん訳すのがむずかしい。説明すると、白けてしまうし。
 さて、そんな疑問を抱えたまま、今度は『幻獣ムベンベを追え』の韓国出版が
進んでいることが明らかになった。
 版元は別である。韓国では高野本ブームが起きているのだろうか。まだ日本でも起きてないのに。
 こちらは舞台はコンゴだから基本的に日本のことはわからなくてもいい。
 訳には苦労が少ないかもしれない。
 が、それよりも、「日本の大学生が昔アフリカに謎の怪獣を探しに行った」なんて話に
興味をもつんだろうか。
 近々、韓国へ行って、様子を探ってみたい。
      ☆         ☆          ☆
 「新グレートジャーニー」で朝鮮海峡(対馬海峡)を横断してきたばかりの関野吉晴さんと
都内某所の秘密スポットでおちあい、
その後なぜか渋谷駅前の餃子の「王将」で長々と話し込む。
関野さんは喋り方が訥々としているから話下手とか無口と思われているが、
実はかなり話好きで、内容もすごくおもしろい。
関野さんは現在、蔵野美術大学の教授(文化人類学)だが、
学生に「携帯電話」は何からできているか、その材料はどこから来ているのか調べろというテーマを出したことがあるという。
携帯を分解するところから始め、部品が600以上あることを確認、そのいくつかを徹底的にたどる。
例えば、ある部品の原材料を追及していったら、コンゴ民主共和国(旧ザイール)でしか産出しない金属で、それが長年続くコンゴ内戦の要因の一つとなっていて、アメリカが利権確保でずっと戦争に関わっていることまでわかったという。
別にジャーナリストやノンフィクション作家の仕事ではない。
ただの美大の学生たちが授業の課題で調べただけだ。
なのに、そんなに面白くなる。
さすが関野先生の授業というしかない。
まったく、どうしてそういう発想がノンフィクション界に生まれないのだろうか。
猛省すべきだ。
だいたい、こういうものこそエンタメノンフのかっこうの題材だし、辺境を身近にするという私のテーマではないか。
猛省すべきは私なのだった。

関連記事

no image

念願かなってモガディショ

今から十数年前だから、1990年代半ばか後半くらいだろうか。 ヨーロッパか中東かアフリカか忘れたが、

記事を読む

no image

呆然

ソマリアのモガディショでいつも世話になっている友人のジャーナリスト2名が「日本に是非来たい」というの

記事を読む

no image

『わが盲想』の意外な落とし穴

いよいよアブディン『わが盲想』(ポプラ社)が本日発売である。 宮田珠己部長には前もって献本

記事を読む

no image

ぶったるんでるのか、それとも…

最近どうにも体調がわるい。 3,4年ぶりに腰痛が再発したのを皮切りに、これまた5年ぶりとも6年ぶり

記事を読む

no image

両国の暴走特急相撲

金曜日。午前中は六本木ヒルズに行き、J-WAVEの番組を収録。 web本の雑誌BOOKSTANDなる

記事を読む

no image

ニュースゼロ&イベント&アスクル

まずはお知らせから。 明日、日本テレビのニュースゼロで、私の知り合いのフリージャーナリスト、 大津司

記事を読む

no image

79人はちと多いのでは…?

上智大学の講義は、先週、実質的に第一回目で マレーシアでジャングルビジネスを営む二村聡さんにお越しい

記事を読む

タイ北部最大の市場…なんてあったのか

全然知らなかったが、チェンマイ郊外にタイ北部最大の市場(七日市)があり、 友だちに連れて行って

記事を読む

no image

カゴの中の鳥のつぶやき

謎の海賊国家プントランドに入ってからもうすぐ一週間。 今は首都のガロウェという町にいる。 滞在し

記事を読む

no image

『腰痛探検家』韓国マンガ版?

韓国語版『腰痛探検家』のレビューは、読者の方々があっという間に正確に翻訳してくれた。 高野本の読者

記事を読む

Comment

  1. プラム より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/418 (KHTML, like Gecko) Safari/417.9.2
    初めまして。
    夏の終わりに何を読もうかと書店で考えていたところ、
    集英社の夏イチのストラップが気に入り、集英社文庫を物色。
    タイトルが目に止まり
    「ワセダ三畳青春期」を読んでから大ファンです!!!
    一緒に購入した新潮文庫の「檸檬」と共に
    独自に広がる素敵な世界観にノックアウトでした。
    「幻獣ムブンベを追え」も痛快で壮大!
    もう一冊読んでファンレターを書きます。
    普段は書かないのですが集英社の方に感激を届けたいと思いました。
    あちらへ送ったものは高野さんは読まれますか?
    このブログのおかげで野々村荘のおばちゃんが
    元気なことを知れてとても嬉しかったです。
    インターネット万歳!
    私は油絵学科出身で、関野先生の授業を受講していましたよー!
    多岐に渡る様々なへんてこ課題がよく出ていました。
    これからも笑い転げて元気の出るパンチ文学を
    楽しみにしています。
    長井さんのご冥福を心よりお祈り致します。

  2. プラム より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/418 (KHTML, like Gecko) Safari/417.9.2
    「ワセダ三畳記」ですよね、、大変失礼しました。

  3. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    コンゴでとれる貴金属はコバルトのことですよね。
    コンゴに限らず、希少金属はアフリカ諸国や中国に偏在していて、今その争奪戦が起こっています。そのことを詳しく書いた「レアメタル・パニック」というビジネス書は、かなり良くできた本です。
    エンタメではありませんが、「レアメタル・パニック」著者の中村氏の生き方が山師そのもので、エンタメじゃないけどエンタメの要素もあるという、なかなか面白い本です。
    と、勝手に紹介。

  4. shima より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    レアメタルの争奪戦で日本はかなり後れをとってるそうですね。ものつくりの国としては、これってかなり深刻な問題ですよね。

  5. garfield より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    韓国で<ワセダ三畳青春期>を読んだ読者です。
    (韓国ではワセダ1.5坪青春期ですが…)
    本当に楽しく読めたのでいろいろ検索してみたら、
    ここに来る事になりました。
    河童団のことですが、韓国版ではカバ団になっています。
    やはり河童は日本の想像上の生き物なので
    そのまま訳することは難しかったのかもしれません。
    (でもカバになるよりは良かったんだろうと私は思います。)
    「しいたけに気をつけろ」はどの部分なのか分からないので
    どう訳されているかここで書けないので、残念です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑