*

高野本、韓国進出第2弾

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

『ワセダ三畳青春記』が韓国で出版されて二週間ほど経つ。
「河童団」はどう訳されているのかという疑問は解決しないまま、今度は読者の方から
「しいたけに気をつけろ」はどう訳されているのか?という新たな疑問を寄せられた。
 私も以前、翻訳をやっていたからよくわかるのだが、ダジャレや言葉遊びはいちばん訳すのがむずかしい。説明すると、白けてしまうし。
 さて、そんな疑問を抱えたまま、今度は『幻獣ムベンベを追え』の韓国出版が
進んでいることが明らかになった。
 版元は別である。韓国では高野本ブームが起きているのだろうか。まだ日本でも起きてないのに。
 こちらは舞台はコンゴだから基本的に日本のことはわからなくてもいい。
 訳には苦労が少ないかもしれない。
 が、それよりも、「日本の大学生が昔アフリカに謎の怪獣を探しに行った」なんて話に
興味をもつんだろうか。
 近々、韓国へ行って、様子を探ってみたい。
      ☆         ☆          ☆
 「新グレートジャーニー」で朝鮮海峡(対馬海峡)を横断してきたばかりの関野吉晴さんと
都内某所の秘密スポットでおちあい、
その後なぜか渋谷駅前の餃子の「王将」で長々と話し込む。
関野さんは喋り方が訥々としているから話下手とか無口と思われているが、
実はかなり話好きで、内容もすごくおもしろい。
関野さんは現在、蔵野美術大学の教授(文化人類学)だが、
学生に「携帯電話」は何からできているか、その材料はどこから来ているのか調べろというテーマを出したことがあるという。
携帯を分解するところから始め、部品が600以上あることを確認、そのいくつかを徹底的にたどる。
例えば、ある部品の原材料を追及していったら、コンゴ民主共和国(旧ザイール)でしか産出しない金属で、それが長年続くコンゴ内戦の要因の一つとなっていて、アメリカが利権確保でずっと戦争に関わっていることまでわかったという。
別にジャーナリストやノンフィクション作家の仕事ではない。
ただの美大の学生たちが授業の課題で調べただけだ。
なのに、そんなに面白くなる。
さすが関野先生の授業というしかない。
まったく、どうしてそういう発想がノンフィクション界に生まれないのだろうか。
猛省すべきだ。
だいたい、こういうものこそエンタメノンフのかっこうの題材だし、辺境を身近にするという私のテーマではないか。
猛省すべきは私なのだった。

関連記事

no image

新刊の表紙はマダム・ヤン

6月26日に発売される新刊『アジア新聞屋台村』(集英社)の見本が届いた。 「マダム・ヤン」みたいな女

記事を読む

no image

神奈川の市長問題

ニッポン放送のラジオ番組「ドリームランナー」に出演(収録)する。 パーソナリティは横浜の中田市長。

記事を読む

no image

手がもぞもぞ

ジュンク堂新宿店で上映会+サイン会。 ここで本を見たり買ったりする以外に自分が何かするというのは な

記事を読む

no image

マリンダは馬じゃない

(右絵:斜め後ろから見た、走り行くマリンダ) マリンダはどんな形をしているのか。 レース中であり、し

記事を読む

no image

ムスリム力士のことを考えて仕事が手に着かない

ツイッターでもちょっと書いたけど、大嶽部屋に入門したエジプト人力士アブディラーマン(アブディラフマン

記事を読む

no image

「クロワッサン」で料理デビュー

明後日(3月25日)発売の「クロワッサン」が届いた。 表4(裏表紙?)をめくったところに、内澤

記事を読む

no image

銀河ヒッチハイク・ガイド

 「しばらく新刊を断ち、家にある未読の本を読もう」という“新刊ラマダン”をやっていたが、実はユーフ

記事を読む

ギラギラと輝く船戸ワールドの原点

知り合いである大学の先生が仕事の忙しさを「まるで障害物競走のよう」とたとえていたが、 私もまさ

記事を読む

no image

『謎の独立国家ソマリランド』PV&オタク本の魔力

『謎の独立国家ソマリランド』発売1カ月を記念して(?)、 プロモーション映像を作った。 http

記事を読む

no image

an anとミャンマー

お待ちかね、「an an」に登場した。 しかも「永久保存版」と記されている。 美人レシピ142だそ

記事を読む

Comment

  1. プラム より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/418 (KHTML, like Gecko) Safari/417.9.2
    初めまして。
    夏の終わりに何を読もうかと書店で考えていたところ、
    集英社の夏イチのストラップが気に入り、集英社文庫を物色。
    タイトルが目に止まり
    「ワセダ三畳青春期」を読んでから大ファンです!!!
    一緒に購入した新潮文庫の「檸檬」と共に
    独自に広がる素敵な世界観にノックアウトでした。
    「幻獣ムブンベを追え」も痛快で壮大!
    もう一冊読んでファンレターを書きます。
    普段は書かないのですが集英社の方に感激を届けたいと思いました。
    あちらへ送ったものは高野さんは読まれますか?
    このブログのおかげで野々村荘のおばちゃんが
    元気なことを知れてとても嬉しかったです。
    インターネット万歳!
    私は油絵学科出身で、関野先生の授業を受講していましたよー!
    多岐に渡る様々なへんてこ課題がよく出ていました。
    これからも笑い転げて元気の出るパンチ文学を
    楽しみにしています。
    長井さんのご冥福を心よりお祈り致します。

  2. プラム より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/418 (KHTML, like Gecko) Safari/417.9.2
    「ワセダ三畳記」ですよね、、大変失礼しました。

  3. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    コンゴでとれる貴金属はコバルトのことですよね。
    コンゴに限らず、希少金属はアフリカ諸国や中国に偏在していて、今その争奪戦が起こっています。そのことを詳しく書いた「レアメタル・パニック」というビジネス書は、かなり良くできた本です。
    エンタメではありませんが、「レアメタル・パニック」著者の中村氏の生き方が山師そのもので、エンタメじゃないけどエンタメの要素もあるという、なかなか面白い本です。
    と、勝手に紹介。

  4. shima より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    レアメタルの争奪戦で日本はかなり後れをとってるそうですね。ものつくりの国としては、これってかなり深刻な問題ですよね。

  5. garfield より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    韓国で<ワセダ三畳青春期>を読んだ読者です。
    (韓国ではワセダ1.5坪青春期ですが…)
    本当に楽しく読めたのでいろいろ検索してみたら、
    ここに来る事になりました。
    河童団のことですが、韓国版ではカバ団になっています。
    やはり河童は日本の想像上の生き物なので
    そのまま訳することは難しかったのかもしれません。
    (でもカバになるよりは良かったんだろうと私は思います。)
    「しいたけに気をつけろ」はどの部分なのか分からないので
    どう訳されているかここで書けないので、残念です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 本日19時から!「ポリタスTV」の「石井千湖の沈思読考」で、高野秀行著『語学の天才まで1億光年』をご紹介くださるそうです! ReplyRetweetFavorite
    • いや、明日はマジで楽しみ。いつも彼とはほろ酔いでてきとうなことを喋っているけど、明日はガチで行きたい。 https://t.co/Dw6TWxuX8Q ReplyRetweetFavorite
    • RT : Webマガジン「考える人」のリレー書評「たいせつな本 ―とっておきの10冊―」で、高野秀行さんが、「言語の面白さを教えてくれる10冊」のうちの1冊として、『日本語とにらめっこ 見えないぼくの学習奮闘記』(モハメド・オマル・アブディン著)を挙げて下… ReplyRetweetFavorite
    • そこまで想像が及ぶと、通訳の人に訊ける。すると「あー、そのとおりです!」という答えが返ってくる。実際はそこまで単純ではなかったけれど、大まかにはこんな感じ。現地語が少しでもわかると、それくらい取材ができてしまう一例です。 https://t.co/fp7bbdM1yA ReplyRetweetFavorite
    • つまり、テンジャンには食べ方がいろいろあるけれど、チョングッチャンには汁物しかない。だからチゲをつけない。そこからさらに、大半の韓国人はチョングッチャン=汁物と認識しており、他の形態を知らないから、それが日本の納豆と同じものだと全… https://t.co/ThbJrauA2d ReplyRetweetFavorite
    • どこの店でもこう書かれている。これを見るだけで「チョングッチャン(納豆)とテンジャン(味噌)は同じジャン(醤)でも食べ方がちがうんだな」と想像がつきます。テンジャンはチゲ(汁物)と書くのにチョングッチャンはチゲがつかない。 https://t.co/CD3d7gxmjM ReplyRetweetFavorite
    • 通訳がいても、現地の言葉がある程度わかるのはとても重要です。例えば、これはソウルにあるチョングッチャン(韓国納豆汁)の有名店の看板。左がチョングッチャン、右はテンジャンチゲ(味噌の汁物)と書かれています。… https://t.co/OjPuB6GZK3 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年9月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑