*

「未確認思考物隊」出演者

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

関西テレビ「未確認思考物隊」のプロデューサーと会い、
やっと共演する人たちの名前がわかった。
MC(司会のことらしい):浅越ゴエ
レギュラー:私、竹内義和
準レギュラー:松尾貴史(キッチュ)、大槻ケンヂ
もともとオーケンさんと二人でレギュラーをやる予定だったのだが、
オーケンさんは筋肉少女帯復活ツアーで忙しく、結局スポット参戦に落ち着いた。
私はテレビをほとんど見ないため、浅越さん、竹内さん、松尾さんのお三方は
名前すら聞いたことがあるような、ないような…という程度。
どんな人かは、プロデューサー氏やディレクター氏に簡単に説明してもらうが、
ピンと来ない。
テレビを見ることもない人間がテレビに出ていいのだろうか、とあまりに基本的な問題に気づくが、今さら遅い。
放送は1月21日スタート。
毎週月曜日深夜24:35から30分だそうです。

関連記事

高野はぐれノンフィクション軍団に新メンバーが加入

前作『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)で新田次郎文学賞を受賞した川内有緒(

記事を読む

no image

白石顕二さんを悼む

今年の3月にこのブログ上で「アフリカの奇跡!」と題する話を書いた。 そこで紹介した白石顕二さんが先

記事を読む

no image

踊るダルビッシュの謎

斉藤祐樹が日本ハムに入団したため、以前にも増してダルビッシュ有のニュースが多い。 で、思い出したの

記事を読む

no image

月刊日本語

日本語教師やそれを目指す人向けの雑誌「月刊日本語」(アルク)のインタビューを受ける。 担当の編集者

記事を読む

no image

誘拐は困る

アフリカ・中東の紛争地取材の超ベテラン、大津司郎さんに8年ぶりくらいで会う。 もう60歳くらいのはず

記事を読む

no image

『アジア新聞屋台村』続編?

以前、アジア各国の新聞を発行しているエイジアンという不思議な新聞社で働いていたことがあり、その顛末を

記事を読む

no image

他人ごとなら面白いが

「本の雑誌」今月号が届いた。 特集は「この妻がすごい」。 小説、ノンフィクションを問わず、本に出て

記事を読む

no image

番組はよかったけれど…

もう先週の話になってしまったが、私が関わったNHKのドキュメンタリーが放映された。 自分が旅した様子

記事を読む

no image

今更アニー・プルーの衝撃

この前、マイクと話していたとき、「アニー・プルーがいい」と言っていた。 私も十年以上も前、まだ早稲

記事を読む

no image

やっぱりミャンマーの辺境はいい

 ミャンマーより帰国した。  たった一週間の慌しい旅だったが、同国最北部の辺境地まで行き、イラワジ

記事を読む

Comment

  1. k.inoue より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    はじめまして。ブログは2ヶ月位前から会社のPCや携帯から拝見させていただいてましたが、本日めでたく自宅にnewパソコンが着ましたので、コメントさせて頂きます。実は高野さんの本との出会いは「高野和明」さんの本を探していて、『高野秀行』さんの☆ワセダ三畳青春記☆をを購入しました。という、とんだ『高野』さん違いからでした。しかも、しばらく気づかず小説も面白いけど、探検もしてこんなに面白い文章も書くなんて何てお人なんだ!!って驚嘆していました。さらに会社の10歳も年下の後輩に高野さん違いを指摘され、非常に恥ずかしい思いをしたのでした。大変失礼な出会いではありましたが、私にとってはこれは運命かとも思える、大笑い、泣きもあり、地球を少し考えるきっかけになる本に出会えて幸せこの上なし!!です。しかもこの1月から私たちのリアル青春のオーケン様となんとテレビ競演なんて!!これもまた運命・・・と勝手に妄想しております。幸い関西在住ですので、バッチリ拝見させていただきます。関西(出来れば大阪近辺)での上映会もあれば良いのですが・・・まずはオーケン様とのテレビ競演、楽しみにしております。あっ、遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
    本年もさらなるご活躍をお祈りしております。
    インドに行けると良いですね!
    では、長文失礼いたしました。

  2. 山口敏太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506)
    高野さん
    こんばんは、作家の山口敏太郎です。先日はお世話になりました。楽しい番組ですね。大人の遊び心満載です。
    でも、つちのこ捕獲器・パクパクに付着した砂塵が僕ののどを直撃し、最後は苦しかったです(w
    また機会があれば、宜しくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑