*

仕事の邪魔になる本を是非!

公開日: : 最終更新日:2014/04/10 高野秀行の【非】日常模様

2014.04.02kaigyo
帰国するなり、仕事と雑務が山積。
って、最近いつも同じことを書いている気がする。
ちょっと前まではこんなことなかったのになあと思う。
5年くらい前は、帰国後は「リハビリ」と称して友達と飲みに行ったり、
のんびり本を読んだりして、2週間くらいは仕事なんかしなかった。
まあ、仕事がなかったわけだが。

それはともかく、この本だけはまだ刊行されたばかりだし、
自分も帯の推薦文を書いたので紹介したい。

武石憲貴『新・世界怪魚釣行記』(扶桑社)
前作の『世界怪魚釣行記』(同じく扶桑社)で、世界中の秘境を渡り歩いては、怪魚と格闘してそれを
釣り上げ、私を嫉妬と羨望の渦に叩き込んだ武石さんが、まさかの第2弾。

今回も凄い!
文章は相変わらずユーモアがあるし、オールカラーの写真が衝撃的。
中でも日本の「怪物」、ミズダコとの格闘シーンと添い寝シーン(!)はこれだけでも買う価値がある。
今もこの文章を書くために、パラパラめくっていると、仕事がどうのなんて愚痴をこぼしてる場合じゃない、怪魚だ! 格闘だ! 探検だ!と
すぐに仕事など放り出してどこか辺境に出かけたくなり、全く帰国早々困ったものなのだった。

関連記事

no image

語学オタクが喜ぶ変な辞書

シャン語の辞書がほしくて、ヤンゴンに移住した私のITの師匠Gさんに訊いてみたら、 さっそく足と

記事を読む

no image

島田荘司『占星術殺人事件』

知り合いの先生に頼まれ、神奈川県の高校でミニ講義みたいなことをやった。 たまには趣向を変えて、辺境

記事を読む

no image

辺境女子作家・名須川先輩デビュー!

『メモリークエスト』で、「日本への身元保証人になってほしいと迫ったミャンマー人のアナン君」と「古今東

記事を読む

no image

中島京子さんとの対談@web集英社文庫

四国での講演会ツアーから戻る。 web集英社文庫で中島京子さんとの対談がアップされていた。 http

記事を読む

no image

新連載「謎の独立国家ソマリランド」本日開始!!

web本の雑誌にて、新連載「謎の独立国家ソマリランド」が始まりました。 この連載はもちろん本にするた

記事を読む

究極の野菜はフグ野菜

今年も年初から忙しくなかなか読書の時間がとれないけれど、 読んだ本は当たりが多く、充実している。

記事を読む

no image

名犬ラッシー 家路

妻の希望で夕食後「名犬ラッシー 家路」を見る。 1943年製作、ラッシーとエリザベス・テイラーの両

記事を読む

no image

2007年に読んだ本ベスト10(ノンフィクション部門)

明けましておめでとうございます。 遅ればせながら2007年に読んだ本ベストテン(ノンフィクション部門

記事を読む

no image

オモシロイ人

この前対談をした内澤旬子さんのブログに、 そのときのことが書かれている。 あと、半分ケモノ化した私の

記事を読む

no image

アジアの匂い

2泊3日で、熊本と鹿児島の高校に講演に行ってきた。 今年が3回目。これまで群馬、新潟、香川、愛媛に行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑