*

大分→東京→ソウル

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

以下、ほぼ業務連絡。
昨日の早朝に東京を発ち、急遽大分へ飛び、竹田市まで往復、
昼は暑さに驚き、夜は寒さに凍え、
さきほど帰京。
で、明朝5時に家を出て、ソウル行き。
6日間、ソウルに滞在して30日に帰国する。
みなさんもよくご存じだと思うが、私はおそろしくぐだぐだしているので
こんな「ハード」なスケジュールはめったにない。
ソウルでは、前半はブラインドサッカーの北京五輪アジア地区予選の応援という名目で
友人であるスーダン人のアブ君と遊ぶ。
後半は私の本を翻訳刊行した出版社とこれから翻訳刊行する出版社を訪問するという名目で、
友人である韓国人の姜さんと遊ぶ。
このように過酷きわまる日程なので、メールの返事もままならない。
ソウル滞在中にネットカフェなどで書きますので、よろしくご理解を。

関連記事

no image

ラッシャー木村はツイていた

一昨日、夜ケーブルテレビでナイターを見ようとしたら、 たまたまNOAHの試合がやっていた。 しかも「

記事を読む

no image

板みたいなもん…

実家の親に頼まれ、新しいパソコンのセットアップに行ったのだが、 niftyのありえないようなシステ

記事を読む

no image

マイナー・ミート対談

9月15日(土)にジュンク堂池袋店にて、『世界屠畜紀行』の内澤さんとトークセッション (まあ、公開対

記事を読む

no image

「未来国家ブータン」本日発売

都内の一部ではすでに発売しているらしいが、正式には本日が「未来国家ブータン」(集英社)の発売日であ

記事を読む

no image

「アンダーグラウンド」は私の理想

下高井戸シネマで、エミール・クストリッツァ監督の超名作「アンダーグラウンド」を観る。 この映画を観

記事を読む

no image

Iran no kiken

Iran no Tehran,Esfahan to mawari, ima wa K

記事を読む

no image

間違えてしまった…

「ミャンマーの柳生一族」が予想以上に好評だ。 あんなトンチキな本、誰が読むんだろうと他人事のように思

記事を読む

no image

旅の間の読書

2月発売のソマリ本の準備で、ブログを更新する時間もなかなか取れないし、帰国後に本も全く読めていな

記事を読む

no image

ライバルは漱石!

紀伊国屋新宿東口本店へ行き、 「私のオススメ本 バトルロイヤル」をのぞいてきた。 たしかに10冊、面

記事を読む

本の雑誌はみんなの実家なのか

ツイッターでつぶやいたので重複するようだが、昨日久しぶりに本の雑誌を読んだ。  いつも買おうと思い

記事を読む

Comment

  1. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    お久しぶりです。ボクも講談社さんから2作目が出るのですが、今原稿の追い込み中です(息抜きしにきました)。リアル仕事と並行する執筆ですと、年に2作が限界だなぁとシミジミ実感です。1作目は出版社倒産で原稿料が入らず、今別出版社が出してくれると、死んだ著作がなんとか復活しそうです。校正するぐらいでイイのかなと業界を分からぬ私がいますが、兎にも角にも高野さんからの献本ありがとうございました。私の方のは増版されたら…でスミマセン(発売から有ってもずっとプレミア価格でして)。
    そうそう、抵抗力の無くなったサケ属の遡上サツキマス治療に成功しました。人間では抵抗力が無いと風邪を引いても致命傷という厄介な難病ですが、人への応用が利けば最高です。
    サケ属は産卵の姿を見ればボロボロになって2匹が寄り添い、産卵行動後100%死にますが、あのボロボロ状態は病気に対する治癒力が完全に無くなるからで、いやぁ、今は効果が出た薬品で他の動物で比較実験(二重盲検法といいます)を探していたりしています。
    トルコとクルドのイザコザやイランの拘束などと共に年末までは私も1日も休みが無く、執筆はこのように夜中、寝不足に拍車が掛かっています。高野さんも頑張ってください。お互い多忙中なのでレス不要です。ではまた〜

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑