*

大分→東京→ソウル

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

以下、ほぼ業務連絡。
昨日の早朝に東京を発ち、急遽大分へ飛び、竹田市まで往復、
昼は暑さに驚き、夜は寒さに凍え、
さきほど帰京。
で、明朝5時に家を出て、ソウル行き。
6日間、ソウルに滞在して30日に帰国する。
みなさんもよくご存じだと思うが、私はおそろしくぐだぐだしているので
こんな「ハード」なスケジュールはめったにない。
ソウルでは、前半はブラインドサッカーの北京五輪アジア地区予選の応援という名目で
友人であるスーダン人のアブ君と遊ぶ。
後半は私の本を翻訳刊行した出版社とこれから翻訳刊行する出版社を訪問するという名目で、
友人である韓国人の姜さんと遊ぶ。
このように過酷きわまる日程なので、メールの返事もままならない。
ソウル滞在中にネットカフェなどで書きますので、よろしくご理解を。

関連記事

no image

佐藤圭作監督『人間椅子』

私の学生時代からの数少ない探検部以外の友人である佐藤圭作が、 今度、商業映画監督としてデビューする

記事を読む

no image

シリア入国

昨日、トルコのユーフラテスから離れて、 シリア領に入った。 エンギンともお別れ。 彼は私の『怪獣記』

記事を読む

no image

多忙につき山歩き

依然として超多忙なので、 平日に探検部時代の後輩2人と「秘境ツアー」にいく。 三人とも当然、フリーか

記事を読む

no image

新刊の表紙はマダム・ヤン

6月26日に発売される新刊『アジア新聞屋台村』(集英社)の見本が届いた。 「マダム・ヤン」みたいな女

記事を読む

no image

イスラムと仏教

土曜日はイスラム地域を研究している若手研究者の会合に参加させていただく。 研究地域は多岐にわたってお

記事を読む

no image

スポーツノンフィクションとしてのブラインドサッカー

ブラインドサッカーという競技がある。 目の見えない人たちがボールに入った鈴の音を頼りにフィールドを

記事を読む

no image

小さいおうち

中島京子の直木賞受賞作『小さいおうち』(文藝春秋)を読む。 まあ、書き出しから文章がすばらしい。

記事を読む

no image

2010年小説ベストテン

恒例(だったっけ?)の年間枚ベストテンを発表したい。 私が今年読んだ本だから、出版年はバラバラだ。

記事を読む

no image

犬の力

前に評判になったミステリに『犬の力』とか言う本があった。私にはあまり面白くなくて途中で止めて

記事を読む

no image

鍵は辺境にある!らしい

すごい本が出たものである。 内田樹『日本辺境論』(新潮新書)。 「日本人とは何ものか? 鍵は『辺境

記事を読む

Comment

  1. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    お久しぶりです。ボクも講談社さんから2作目が出るのですが、今原稿の追い込み中です(息抜きしにきました)。リアル仕事と並行する執筆ですと、年に2作が限界だなぁとシミジミ実感です。1作目は出版社倒産で原稿料が入らず、今別出版社が出してくれると、死んだ著作がなんとか復活しそうです。校正するぐらいでイイのかなと業界を分からぬ私がいますが、兎にも角にも高野さんからの献本ありがとうございました。私の方のは増版されたら…でスミマセン(発売から有ってもずっとプレミア価格でして)。
    そうそう、抵抗力の無くなったサケ属の遡上サツキマス治療に成功しました。人間では抵抗力が無いと風邪を引いても致命傷という厄介な難病ですが、人への応用が利けば最高です。
    サケ属は産卵の姿を見ればボロボロになって2匹が寄り添い、産卵行動後100%死にますが、あのボロボロ状態は病気に対する治癒力が完全に無くなるからで、いやぁ、今は効果が出た薬品で他の動物で比較実験(二重盲検法といいます)を探していたりしています。
    トルコとクルドのイザコザやイランの拘束などと共に年末までは私も1日も休みが無く、執筆はこのように夜中、寝不足に拍車が掛かっています。高野さんも頑張ってください。お互い多忙中なのでレス不要です。ではまた〜

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • あと「ぜひユーチューバ—とかなってほしいです。めちゃくちゃ人気チャンネルになりそう」という感想もあった。そうか、そういう方向性もあったか。どうやってなったらいいのかわからんけど。 ReplyRetweetFavorite
    • 大阪大学外国語学部で行った講演会のアンケート結果を送ってもらった。概ね好評だったのだが、その中に「〜人、〜族、〜民族の使い分けが気になった」という感想が複数の学生(スワヒリ語専攻)から出ていた。そう、その辺は判断に難しく毎回迷うところなんです。 ReplyRetweetFavorite
    • 来年もたぶんやると思いますので、次回はまず仲野先生に広報します〜 ReplyRetweetFavorite
    • まるで阪大が母校かと思うほど。ありがたいです。 https://t.co/T2DVMLsqlo ReplyRetweetFavorite
    • あまりにも長いブランクに「話が合うかな?」とも思っていたけど、想像以上に盛り上がってしまい、対談が終わってからも喫茶店に移動して、タイのこと、文化人類学のこと、共通の知り合いである研究者(たくさんいた)のことなど、二人で3時間近く喋り倒してしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • 首都大学東京の研究広報誌「Miyacology」で綾部真雄副学長と対談。綾部さんはタイの山岳地帯をフィールドとする文化人類学者で、実はタイのチェンマイ時代にときどき一緒に飲んだり遊んだりしていた。それ以来会う機会がなく、今日が25年ぶり(推定)の再会だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 日曜日は京都精華大学、水曜日は大阪大学外国語学部でそれぞれ講演、今日はこれから首都大学東京と、なぜかわからないが今週は大学訪問ウィークになってしまった。というわけで、もろもろ業務や連絡が滞っていますという関係者のみなさんへのメッセージです。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑