*

大分→東京→ソウル

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

以下、ほぼ業務連絡。
昨日の早朝に東京を発ち、急遽大分へ飛び、竹田市まで往復、
昼は暑さに驚き、夜は寒さに凍え、
さきほど帰京。
で、明朝5時に家を出て、ソウル行き。
6日間、ソウルに滞在して30日に帰国する。
みなさんもよくご存じだと思うが、私はおそろしくぐだぐだしているので
こんな「ハード」なスケジュールはめったにない。
ソウルでは、前半はブラインドサッカーの北京五輪アジア地区予選の応援という名目で
友人であるスーダン人のアブ君と遊ぶ。
後半は私の本を翻訳刊行した出版社とこれから翻訳刊行する出版社を訪問するという名目で、
友人である韓国人の姜さんと遊ぶ。
このように過酷きわまる日程なので、メールの返事もままならない。
ソウル滞在中にネットカフェなどで書きますので、よろしくご理解を。

関連記事

no image

死んでも「生きるハードボイルド」

肝心の陳会長の話をしていなかった。 私はトリオ・ザ・パンチもイカ天も見たことがなく、したがって内藤陳

記事を読む

no image

ソマリランドに行く予定

15日の金曜日から、いよいよソマリランドに行きます。 今年になってから二度、「行く」と宣言しておいて

記事を読む

no image

略して『みらぶ~』!

『未来国家ブータン』の3刷りが届いた。こんな表紙である。すげ~なあ。 本書を「みらぶ~」と命名

記事を読む

no image

biiru no aji

Sakenomi ni totte,atsui kuni de naniyorimo nom

記事を読む

no image

再結成?

携帯が鳴り、着信記録を見ると「公衆電話」。 いったい誰かと思ったら、探検部の後輩で、ワセダの三畳時代

記事を読む

no image

インディアンの驚くべき小説

シャーマン・アレクシー『はみだしインディアンのホントにホントの物語』(小学館)という本を妻の本棚で

記事を読む

no image

国籍はスットコランド

同志・宮田珠己の新刊『スットコランド日記』(本の雑誌)が届いた。 表紙写真は宮田さん本人が撮ったス

記事を読む

no image

ニムラの時代到来&ツバルは沈まない

本日(9月21日)朝日新聞の朝刊11面にて、「明日来る」のトップバッターにして 私をブータンに送り込

記事を読む

no image

今度はインド人をアゼンとさせてしまう

また午前中、また別のソマリランド人と会った後、 いつもどおり、ドトールF店に「出勤」すると、なぜかそ

記事を読む

no image

おっぱいとトラクター

家に本があふれ出し、また本棚を買うか、古い本を処分するか、 あるいは「居間に本を置いてはダメか」と

記事を読む

Comment

  1. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    お久しぶりです。ボクも講談社さんから2作目が出るのですが、今原稿の追い込み中です(息抜きしにきました)。リアル仕事と並行する執筆ですと、年に2作が限界だなぁとシミジミ実感です。1作目は出版社倒産で原稿料が入らず、今別出版社が出してくれると、死んだ著作がなんとか復活しそうです。校正するぐらいでイイのかなと業界を分からぬ私がいますが、兎にも角にも高野さんからの献本ありがとうございました。私の方のは増版されたら…でスミマセン(発売から有ってもずっとプレミア価格でして)。
    そうそう、抵抗力の無くなったサケ属の遡上サツキマス治療に成功しました。人間では抵抗力が無いと風邪を引いても致命傷という厄介な難病ですが、人への応用が利けば最高です。
    サケ属は産卵の姿を見ればボロボロになって2匹が寄り添い、産卵行動後100%死にますが、あのボロボロ状態は病気に対する治癒力が完全に無くなるからで、いやぁ、今は効果が出た薬品で他の動物で比較実験(二重盲検法といいます)を探していたりしています。
    トルコとクルドのイザコザやイランの拘束などと共に年末までは私も1日も休みが無く、執筆はこのように夜中、寝不足に拍車が掛かっています。高野さんも頑張ってください。お互い多忙中なのでレス不要です。ではまた〜

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 本日19時から!「ポリタスTV」の「石井千湖の沈思読考」で、高野秀行著『語学の天才まで1億光年』をご紹介くださるそうです! ReplyRetweetFavorite
    • いや、明日はマジで楽しみ。いつも彼とはほろ酔いでてきとうなことを喋っているけど、明日はガチで行きたい。 https://t.co/Dw6TWxuX8Q ReplyRetweetFavorite
    • RT : Webマガジン「考える人」のリレー書評「たいせつな本 ―とっておきの10冊―」で、高野秀行さんが、「言語の面白さを教えてくれる10冊」のうちの1冊として、『日本語とにらめっこ 見えないぼくの学習奮闘記』(モハメド・オマル・アブディン著)を挙げて下… ReplyRetweetFavorite
    • そこまで想像が及ぶと、通訳の人に訊ける。すると「あー、そのとおりです!」という答えが返ってくる。実際はそこまで単純ではなかったけれど、大まかにはこんな感じ。現地語が少しでもわかると、それくらい取材ができてしまう一例です。 https://t.co/fp7bbdM1yA ReplyRetweetFavorite
    • つまり、テンジャンには食べ方がいろいろあるけれど、チョングッチャンには汁物しかない。だからチゲをつけない。そこからさらに、大半の韓国人はチョングッチャン=汁物と認識しており、他の形態を知らないから、それが日本の納豆と同じものだと全… https://t.co/ThbJrauA2d ReplyRetweetFavorite
    • どこの店でもこう書かれている。これを見るだけで「チョングッチャン(納豆)とテンジャン(味噌)は同じジャン(醤)でも食べ方がちがうんだな」と想像がつきます。テンジャンはチゲ(汁物)と書くのにチョングッチャンはチゲがつかない。 https://t.co/CD3d7gxmjM ReplyRetweetFavorite
    • 通訳がいても、現地の言葉がある程度わかるのはとても重要です。例えば、これはソウルにあるチョングッチャン(韓国納豆汁)の有名店の看板。左がチョングッチャン、右はテンジャンチゲ(味噌の汁物)と書かれています。… https://t.co/OjPuB6GZK3 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年9月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑