*

大人の遠足

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 ブータンが4月に延期になり時間がぽっかり空いたので、
発作的に小旅行に出かけることにした。
 ついでに「誰か一緒に行く人はいないか」と思い、何人かに声をかけたところ、
探検部の先輩の竹村さんと後輩の宮澤が「暇だからいいよ」と答えた。
 竹村さんは私がNHKハイビジョンスペシャル「ビルマロード」のロケに行ったときの
ディレクターで、宮澤は昔ワセダで一緒に暮らしていて、去年ソマリランドにも一緒に行っている。
 ともに気心が知れているというか、単なる遊び仲間なので、「大人の遠足」を存分に楽しんできたい。
 期間は19日から28日まで。
 関係者のみなさん、ご理解のほどよろしくお願いします。
写真:新宿の居酒屋で飲む竹村さんと私(撮影:宮澤信也)
 

関連記事

『移民の宴』重版。ついでにお詫びと訂正

先日、読者の方からこんなメールをいただいた。 「過日、御著「移民の宴」を拝読いたしまし

記事を読む

no image

新企画持ち込みについて<関係者各位>

以前より私のところにはあちこちの出版社やテレビ制作会社・テレビ局より企画が持ち込まれているが、今年に

記事を読む

no image

小説の書き方本、ベスト3はこれだ!

「本の雑誌」12月号が届いた。 特集は「いま作家はどうなっておるのか!」 ベテラン文芸編集者が匿名

記事を読む

究極の野菜はフグ野菜

今年も年初から忙しくなかなか読書の時間がとれないけれど、 読んだ本は当たりが多く、充実している。

記事を読む

携帯電話が故障中&ここ数年でベストのサッカー本

携帯電話が帰国直後に突然壊れてしまった。 いつもなら慌てて修理に走るところだが、これまで2ヶ月

記事を読む

no image

「世にも奇妙なマラソン大会」見本入手

本の雑誌社に行き、2月1日発売予定の新刊『世にも奇妙なマラソン大会』の先行予約サイン本のために、1

記事を読む

no image

どんびき芸、健在

付き合いのある新潮社の編集者Aさんより中島義道先生の新刊『女の好きな10の言葉』が届いた。 ぱらぱ

記事を読む

no image

見知らぬ超名作

 日頃から世間とのタイムラグというかズレを感じているが、「フラガール」には本当に驚かされた。 「フ

記事を読む

no image

探検部の仲間、ネパールにて死す

早大探検部時代のほぼ同期で、フリーのテレビディレクターをしていた 古賀美岐さんが28日夕方、ロケ先の

記事を読む

no image

こんな名著が!

たまたまネットで見つけた小島剛一『トルコのもう一つの顔』(中公新書)を読んだら、 あまりの面白さ、

記事を読む

Comment

  1. k.inoue より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; YTB720; GTB6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729)
    宮澤さんとは『巨流アマゾンを遡れ』の強盗に遭い、テロリストに間違えられて逮捕され、空っぽのバッグを抱いてショックを受けながらなんとかテフェまでたどりつきペルー人の行商人に拾われ立派な行商人になっていたあの宮沢さんではありませんか?
    違っていたらスミマセン・・・
    高野さんの本の中で何度も読み返すほど好きな『アマゾン〜』の中でも、
    宮沢さん発見のくだりは特に大好きなので、名前を見たとたん思い出してしまいました。
    それでは楽しい旅行になるよう、お祈りしています。
    宮澤違いなら、あの行商人宮沢さんは今もお元気でいらっしゃるでしょうか?

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; GTB6.4; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    もちろん、アノ宮澤君ですよ。
    ちなみに、『ワセダ三畳青春記』には「イシカワ」の名前で登場しています。
    現在はフリーのテレビ・カメラマンです。
    アフガニスタンやイラク、中国などで活躍しています。
    自衛隊がサマワに駐屯していたときはずっと現地にいました。
    筑紫哲也時代の「ニュース23」で流れたサマワの映像の大半は宮澤君が撮ったものです。
    優秀な映像カメラマンですが、実はスチル(つまり写真)もとてもうまい。
    去年は彼と一緒にアフリカのソマリア内にある未確認国家ソマリランドに
    行ってきました。
    20年ぶりのコンビ復活です。
    彼のソマリランドの写真は発売中の「G-diary」という雑誌で見ることができます。
    G-diaryはアジア文庫や紀伊国屋書店、ジュンク堂書店、リブロなどで入手可です。
    他はどこで入手できるのでしょうか?
    バンコクならどこでも置いてあるのですが。

  3. T・O より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
     西荻窪の神明通り、吉祥寺側(北側)に旅行書籍専門の本屋さんがあり、
    そこにバックナンバーと新刊が揃ってました。
     G−diary誌の話ですが。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑