*

上野動物園ゾウ秘話(1)

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 辺境動物記

 
 長らく行方不明になっていた本が発見された。
「もう一つの上野動物園史」(小森厚著、丸善ライブラリー)
 動物好きの私には面白い話がてんこ盛りだが、特にゾウの箇所は驚かされた。
 いわゆる「かわいそうなゾウ」という話があるだろう。
 戦争が激しくなり、猛獣を処分しなければならなくなった。
 ゾウもその対象となり、毒の入ったエサを与えたが、賢いゾウはそれを食べない。
 皮膚が厚くて、毒薬の注射もできず、しかたなく、動物園側はエサを与えることを中止した。餓死させるのだ。
 ゾウにはなぜあれだけ優しかった動物園の人が食べ物をくれなくなったのかわからない。ふらつく身体で立ち上がり、一生懸命、芸をして見せる…。
 と、これだけ書いてもうすでに目がうるうるしてきた。
 私は動物が死ぬ話はダメなのだ。
 小説でも映画でも人間が死ぬのはいっこうに平気だが、動物は耐え難い。特に、イヌとゾウが死ぬのは許せない。
 イヌやゾウを勝手に殺して「泣ける映画」「感動の物語」など、反則以外の何物でもなく、映倫は厳しく取り締まるべきである。小説なら焚書だ。
(ドキュメンタリーなら全然かまわないが)
 あ、話がそれた。
 その「かわいそうなゾウ」だが、事実は異なるということをこの本で読んで初めて知った。
 一般に流布しているストーリーでは、軍の命令で動物たちが処分されたことになっているが、それはちがうのだ。
 これは昭和18年秋の話だが、まだ空襲は始まっていない。空襲が始まるのは、敗色が濃くなった一年後の19年秋からである。
 18年秋はまだまだ「勝ち戦」が続いていた、少なくともそう信じられていた頃だ。
 では、軍でなく、誰の命令だったのか。
 東京都長官の命令だったという。
 当時の長官は大達茂雄という人物で、それまで日本占領下の昭南市(シンガポール)市長を務めた。
彼はシンガポールで、この戦争が生易しいものではないことを身にしみて感じた。そして、「勝ち戦」を信じて疑わない国民に警告を発するために、あえて「猛獣処分」を行った。ある意味では、軍の威光にさからっての命令だともいえる。
 それが「軍の命令」にすりかわった理由について、著者の小森氏はこう言っている。
「何でも悪いことは軍隊のせいにして、己の口を拭い、戦後も羽根を伸ばしてぬくぬくと生き延びようとした風潮のなせる業だろう」
 いや、ほんと、そのとおりだ。
 もっとも、この「かわいそうなゾウ」の真実は、この前、NHKのテレビでもやっていたから、もう「知られざる話」ではないかもしれない。
 じゃあ、もう一つ、もっと面白い話をこの本の中から紹介しよう。
 やっぱり、ゾウの話だ。
 (つづく)

関連記事

no image

上野動物園ゾウ秘話(3)

 日本には東京と神戸に最初にモスクが作られた。  その二ヵ所にムスリムが多かったからだが、主体となっ

記事を読む

no image

上野動物園ゾウ秘話(番外篇)

 タタール系ロシア人の話で書き忘れたことがある。  日本でも、ひとりだけ、一般によく知られたタタール

記事を読む

no image

「ハンニバルの象」はアジア象かアフリカ象か?

 シドニーに住んでいる義姉から一足早いクリスマス・プレゼントが届いた。  2005年の、ゾウのカレン

記事を読む

no image

上野動物園ゾウ秘話(2)

 それは上野動物園最初のゾウ使いの話だ。  上野動物園に初めてゾウがやってきたのは大正13年(192

記事を読む

no image

象も人間も野生育ちのほうが使える

 昨日、象の話を書いたところ、私の飲み仲間である二村氏から「アジア象でも野生の象はやたら危険」という

記事を読む

no image

上野動物園ゴリラ秘話(3)

 ゴリラ”ブルブル”のテレビ観賞、次は格闘技だ。  プロレスは力道山こそもう死んでいたが、馬場猪木組

記事を読む

no image

上野動物園ゾウ秘話(番外篇2)

 タタール系ロシア人、ユセフ・トルコはその後どうなったか。  ユセフはリング内外で悪役の道を歩みつづ

記事を読む

no image

上野動物園ゴリラ秘話(2)

 ゴリラ”ブルブル”のテレビ観賞記録はつづく。 「野生もの」に引き続き、飼育係が見せたのはプロ野球で

記事を読む

no image

上野動物園ゴリラ秘話(1)

 また変な本を発見してしまった。  いや、「変な本」はまずいか。  現職の上野動物園園長(1989

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑