*

上野動物園ゴリラ秘話(2)

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 辺境動物記

 ゴリラ”ブルブル”のテレビ観賞記録はつづく。
「野生もの」に引き続き、飼育係が見せたのはプロ野球である。
  巨人対中日。
 昭和46年といえば、巨人のV9時代で、王や長嶋が活躍していた頃だ。
 そして、当時、中日のエースは星野仙一(現阪神SD)だったはずだ。
 ブルブルは「星野VS王、長嶋」という、今のファンにとっては「垂涎の対決」をリアルタイムで目撃していた可能性が高い。
 
 ブルブルの反応はどうだったか?
 飼育日記には次のように書かれている。
「始まって五分ほどは、画面を見ていたが、すぐに飽きてエサを食べ始める。ホームランで歓声があがると画面を振り向くが、すぐエサに戻ってしまう。野球はルールがわからないとおもしろくないらしい」
 たしかに野球はルールが複雑でわかりにくい。アフリカや東南アジアで野球の説明をするのは誠に骨が折れる…。
 って、そういう問題じゃないだろ!とツッコミを入れたくなるね。
 
 それにブルブルの反応は、必ずしも野球嫌いとは限らない。
 飲み屋ではよく見られる光景だ。
 酒を飲みながらガヤガヤとしゃべっているおっちゃんたちが、どっと歓声があがったときだけ、フッとテレビのナイター中継に目をやり、また酒に戻る。それに酷似している。 私なども、特に巨人が序盤から0−7で負けているときなどに、よくそういう反応をする。
この辺からもうマンガの「クロマティ高校」(少年マガジン連載。不良(ワル)の巣窟である高校にゴリラがクラスメートとして混ざっている)みたいな、非常識な展開になっていく。
 飼育係の個人的趣味か上野動物園の総意かわからないが、次から次へとゴリラに変なものを見せる。
 野球の次は、プロレスとキックボクシングを見せた。
 さて、ブルブルの反応は?
(つづく)

関連記事

no image

「ハンニバルの象」はアジア象かアフリカ象か?

 シドニーに住んでいる義姉から一足早いクリスマス・プレゼントが届いた。  2005年の、ゾウのカレン

記事を読む

no image

上野動物園ゾウ秘話(番外篇2)

 タタール系ロシア人、ユセフ・トルコはその後どうなったか。  ユセフはリング内外で悪役の道を歩みつづ

記事を読む

no image

上野動物園ゴリラ秘話(1)

 また変な本を発見してしまった。  いや、「変な本」はまずいか。  現職の上野動物園園長(1989

記事を読む

no image

上野動物園ゾウ秘話(3)

 日本には東京と神戸に最初にモスクが作られた。  その二ヵ所にムスリムが多かったからだが、主体となっ

記事を読む

no image

上野動物園ゾウ秘話(番外篇)

 タタール系ロシア人の話で書き忘れたことがある。  日本でも、ひとりだけ、一般によく知られたタタール

記事を読む

no image

上野動物園ゾウ秘話(2)

 それは上野動物園最初のゾウ使いの話だ。  上野動物園に初めてゾウがやってきたのは大正13年(192

記事を読む

no image

象も人間も野生育ちのほうが使える

 昨日、象の話を書いたところ、私の飲み仲間である二村氏から「アジア象でも野生の象はやたら危険」という

記事を読む

no image

上野動物園ゾウ秘話(1)

   長らく行方不明になっていた本が発見された。 「もう一つの上野動物園史」(小森厚著、丸善ライブラ

記事を読む

no image

上野動物園ゴリラ秘話(3)

 ゴリラ”ブルブル”のテレビ観賞、次は格闘技だ。  プロレスは力道山こそもう死んでいたが、馬場猪木組

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑