*

上野動物園ゴリラ秘話(1)

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 辺境動物記


 また変な本を発見してしまった。
 いや、「変な本」はまずいか。
 現職の上野動物園園長(1989年当時)である中川史郎氏が書いた『動物たちの昭和史』(太陽選書)という立派な本だ。
 全2巻で、1巻が「戦争の影をひきずったスターたち」、2巻が「夢と希望を与え続けたアイドルたち」という副題がついている。
 これがまた、「秘話」満載である。
 真っ先にお伝えしたいのは、1巻収録の「ゴリラはテレビを愛す」の章である。
 昭和46年(1971年)、当時としては一般家庭にも普及していなかった19インチのカラーテレビが”ブルブル”という名前のゴリラの部屋に持ち込まれた。
 別にギャグでやっていたわけではない。
 ストレス対策であったという。
 ゴリラはひじょうに繊細な動物である。動物園では概して短命だが、それは群れから引き離されたストレスのせいではないかと言われている。
 ブルブルも一緒に暮らしていた雌ゴリラがリューマチ治療のため隔離されて以来、孤独感から脱毛症になってしまった。
(驚いたことにリューマチは、ゴリラの間ではポピュラーな病気だという)
 上野動物園と深い交流のあったフランクフルトの動物園で、同じように精神的に参ったゴリラを元気づけるためにテレビをためしたら成功をおさめた。
 その情報を聞いて、上野動物園でも大枚をはたいてテレビを買ったのだ。
 まず、上野では彼に何を見せたか。
 「野生の驚異」シリーズと「野生の王国」シリーズだった。
 笑ってしまうが、やはりギャグではない。
 実際にブルブルは画面の中の動物たちにものすごく興味を示したという。
 最初は「なんだこれは?」という感じで遠くから見ていたのだが、やがてどんどん近づき、しまいには「腹ばいになって両ひじを床につけ、顔をブラウン管のすぐ近くまで寄せて見ていた」。
 なんだか、ひとり暮らしの学生みたいだ。
 特に、クマが犬に追い詰められ、戦いのシーンになると、唇を尖らせ、肘を張り、口を鳴らすという興奮ぶりである。
 しかし、番組が終わって、ニュースの時間になると、ブルブルは途端に興味を失って、舌打ちをしながらテレビの前を離れた。
 なんだか、ナイター中継が途中で打ち切られたときのお父さんみたいな態度である。
 同じ「野生もの」でも、アフリカものが好評で、チンパンジーやライオンが出てくると手を伸ばしてさわろうとしたり、驚いて飛び退ったりと激しい興奮ぶりだ。
 いっぽう、南アメリカの動物には関心がなかったという。
 
 不思議である。
 ブルブルはコンゴの隣国カメルーンの出身だが、日本に来たときはまだ4歳の子供だった。あまりに小さくて、期待していた観客から「こんなのゴリラじゃない!」と罵声を浴びせられて震えていたという。
 だから、野生時代の記憶はひじょうに薄いはずだ。だいたい、ライオンなど、ゴリラと生息圏がちがうので(ゴリラは森、ライオンはサバンナ)、見たこともないだろう。
 
「野生もの」に引き続き、飼育係がブルブルに見せたのはプロ野球、プロレス、キックボクシングであった。
(つづく)

関連記事

no image

上野動物園ゾウ秘話(3)

 日本には東京と神戸に最初にモスクが作られた。  その二ヵ所にムスリムが多かったからだが、主体となっ

記事を読む

no image

上野動物園ゾウ秘話(番外篇)

 タタール系ロシア人の話で書き忘れたことがある。  日本でも、ひとりだけ、一般によく知られたタタール

記事を読む

no image

上野動物園ゾウ秘話(1)

   長らく行方不明になっていた本が発見された。 「もう一つの上野動物園史」(小森厚著、丸善ライブラ

記事を読む

no image

上野動物園ゾウ秘話(2)

 それは上野動物園最初のゾウ使いの話だ。  上野動物園に初めてゾウがやってきたのは大正13年(192

記事を読む

no image

上野動物園ゴリラ秘話(3)

 ゴリラ”ブルブル”のテレビ観賞、次は格闘技だ。  プロレスは力道山こそもう死んでいたが、馬場猪木組

記事を読む

no image

「ハンニバルの象」はアジア象かアフリカ象か?

 シドニーに住んでいる義姉から一足早いクリスマス・プレゼントが届いた。  2005年の、ゾウのカレン

記事を読む

no image

上野動物園ゾウ秘話(番外篇2)

 タタール系ロシア人、ユセフ・トルコはその後どうなったか。  ユセフはリング内外で悪役の道を歩みつづ

記事を読む

no image

上野動物園ゴリラ秘話(2)

 ゴリラ”ブルブル”のテレビ観賞記録はつづく。 「野生もの」に引き続き、飼育係が見せたのはプロ野球で

記事を読む

no image

象も人間も野生育ちのほうが使える

 昨日、象の話を書いたところ、私の飲み仲間である二村氏から「アジア象でも野生の象はやたら危険」という

記事を読む

Comment

  1. ライオンの檻で野菜を買うの巻

     日曜市へ行ってきた。 といっても、そこはさすがに厳寒の地シカゴ。 冬は、外で市…

  2. kayokong より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; nifty; SV1; (R1 1.3))
    とっても興味深く読ませていただきました。私がゴリラに惹かれるようになったのは、立花隆著「サル学の現在」を読んでからです。そこにある山極寿一先生とのやりとりから、ゴリラは、とても魅力的な生き物だと感じるようになりました。私が住んでいるところに残念ながらゴリラは居ません。故郷京都にはいるのに、しかも家から近く子どもの頃、毎週動物園に行っていたというのに、ゴリラの記憶がほとんどなく、「あー、なんで憶えていないんだ。なんてもったいないことを・・。」と残念に今更ながら思う次第です。この記事に出会って、ますますゴリラに惹かれました。ありがとうございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年6月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑