*

濁った水たまりで釣りをする

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

アブディンから電話がかかってきた。
彼は結局、身重の奥さんと北九州に「疎開」した。
スーダンの実家からあれこれ心配されてノイローゼ気味だったし、
東京が放射能汚染騒ぎになってしまったし、
疎開は彼にとってよい選択だっただろう。
江戸川区の海沿いにはスーダン人コミュニティがあったが、
地震後、「みんな、震え上がって、着の身着のままで国に逃げ帰った」そうだ。
江戸川区はダルフールかっていうの。
いっぽう私は「おもしろおかしいことをブログに書きまくっていたらアクセス数がどーんと上がった」と言ったら、彼は大笑いした。
「スーダンのことわざでいう、『濁った水たまりで魚を釣る』だね」
てっきり「火事場泥棒」とか「漁夫の利」みたいな意味かと思って腹を立てかけた。
なんせ、別にそれで儲けているわけではない。
「いや、そういう意味じゃない。きれいな川がなくて濁った水たまりしかなくなったとき
釣りをすると釣り針が見えにくいから魚がよくかかる。つまり、困難なときに
それをなんとか利用して、うまくやるって意味だよ」
そうか。いちおう、褒められているのか。全然そんな気はしないが。
私としては、濁った水たまりがあったらのんびり釣りなんかしてないで、
投網をバッと投げ、一網打尽にしたいと言ったら、
「高野さんはやっぱり悪い人だね」とまた笑われた。
アブディンの子供は逆子なので、今日帝王切開で出産だという。

関連記事

no image

タマキングの原点はここにあった!

週末、書店でのトーイベントのため大阪に行ってきたのだが、実に楽しかった。 なにしろ、朝は杉

記事を読む

no image

「少しよろしいですか」

打ち合わせがあったのだが、電車に乗ってから肝心の原稿を忘れたことに気づき、 愕然としていったん帰宅。

記事を読む

no image

「間違う力」と「巻き込まれる力」

話すと長くなるが、成り行きで、ソマリランドの新聞に日本の中古車輸出会社の広告を載せるという仕事をやっ

記事を読む

no image

南米からの便り

 実家の母から「あんた宛に外国から手紙が届いている」と電話が来た。 八王子の実家を知っているという

記事を読む

no image

有名人ではありません

この一週間はインタビューが多い。 読売新聞、PL教の雑誌、そして今日は図書館教育ニュース。 最近では

記事を読む

no image

シンプルノットローファー

この前読んだ衿沢世衣子『ちづかマップ』が面白かったので、 ひきつづき同じ著者の『シンプルノットロー

記事を読む

no image

本の宴会

妻の大学時代の友人たちが集まる飲み会があり、私も混ぜてもらった。 場所は、やはり妻の友人で、本マニ

記事を読む

no image

火群のごとく

ジュンク堂の宮田部長とのトークイベントはもう定員に達してしまったそうだ。 間に合わなかった人、ごめ

記事を読む

no image

この地獄を見よ

丸善ラゾーナ川崎店のエンタメノンフフェアに触発されて 仕事もそっちのけで読みまくっている。 この二

記事を読む

no image

異文化の二日酔い

何でも面白かったり気持ちよかったりすると歯止めが効かなくなるのが 私の悪癖だ。 「ほどほど」でいられ

記事を読む

Comment

  1. spanner より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    アブディンさんは会った事はないけどすごく親しみを感じます。
    地震も一大事だけど出産も一大事。
    赤ちゃんがオギャーって生まれて来たときのことを想像しただけで、勝手に笑顔になってます。
    母子共に元気な出産を祈ってます。

  2. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    3ヶ月ほど前にミャンマーで地震が起きるかもと危惧していたら、今朝の新聞にミャンマーのシャン洲でM6.5の地震が発生したと報じられていました。
    わずか2ヶ月余りの間にニュージーランド、東日本、そしてミャンマーと自然災害というには、余りにも発生し過ぎじゃないかと思うのです。
    こんな疑問を抱くようになったのは「G.E.Q」柴田哲孝 著を読んだからです。
    大国が保有する核兵器は、使用すれば痛み分けになる為、あくまで抑止力としてしか効果を発揮できませんが、自然災害に見せかけた人工地震であれば、震災後、人道的救済という大儀を掲げて被災国に乗り込み、恩を売って民衆につけ込んだ挙句、属国にしてしまうという目論見が見え隠れします。
    ミャンマーが近い将来、中国の属国になるのではないかと心配です。

  3. 上智生 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (iPad; U; CPU OS 4_2_1 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/533.17.9 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Mobile/8C148 Safari/6533.18.5
    先生お久しぶりです。
    アブディンさんなつかしいですね。
    大きなノボリを教室に持ってきて対談してたのを思い出しました。
    ところで、今スーパーではミネラルウォーター2Lと間違えて「大五郎」を買っていっちゃう人が続出してるそうです。
    スーパーでレジ打ってる友人が言ってました。
    みんな満足そうな表情らしいです☆

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.16 (KHTML, like Gecko) Chrome/10.0.648.151 Safari/534.16
    間違えて「大五郎」!
    心洗われるようないい話です。

  5. k より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; FBSMTWB; GTB6.6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618; .NET4.0C; AskTbUT2V5/5.9.1.14019)
    高野さんに政治的な事柄を申し上げるのも恐縮なのですが、、、
    東電と原子力産業の利権体質については御存じですか?
    それから、現地で被爆しているのは東電の社員などではなく、
    孫請け会社の社員であることを、、、
    原子力のある地方都市に生まれ、かの地で家族が議員をしている身から申し上げますが、
    東電は原子力を推進するために、あの手この手で地方に金をばらまいています(議員も含む)。
    原子力は国策ですから、当然、そこには地方の保守系議員がからんできます。
    莫大な金額が動くのです。
    停電騒ぎも、いいですか。
    原子力推進のプロパガンダです。
    原子力の稼働率を下げて、火力、水力の稼働率を上げれば、
    停電はおきません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 日曜日は京都精華大学、水曜日は大阪大学外国語学部でそれぞれ講演、今日はこれから首都大学東京と、なぜかわからないが今週は大学訪問ウィークになってしまった。というわけで、もろもろ業務や連絡が滞っていますという関係者のみなさんへのメッセージです。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : アフガニスタンで殺害された中村哲さん。あれほど現地で長年に渡って信頼されている人でさえ、こんな形で殺害されるとは……。亡くなったアフガン人の運転手や護衛の人達6人全員を追悼したい。日本では「日本人の死」ばかりが報道されるが、中村さんと共に活… ReplyRetweetFavorite
    • 最近ミステリを読んで満足する確率は二割五部くらいで、野球なら確実性に乏しい打者。スタメン起用がためらわれるが、ときどき凄いホームランが出るからやめられない。 ReplyRetweetFavorite
    • 大阪への道中、ベストセラーになっているミステリを読んだのだが、最後まで読んでも釈然とせず。ミステリは難しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初は衝撃なんだけど、著者の巧みな描写や説明で、どんどんズー(動物性愛者)の人たちに感情移入していき、読了するころには「これってLGBTの一種じゃないの?」ぐらいにしか思わなくなっている自分がいた。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日新幹線の中で読んでいた濱野ちひろ著『聖なるズー』(集英社)を読み終える。動物と性愛を行う人々を追った衝撃のルポ。飼い犬を「妻」と紹介する男性が登場するなど、常識の土手っ腹に風穴が空いた。これぞノンフィクションの醍醐味だ。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【大阪大学イベント(外国語学部ビルマ語専攻井上さゆり先生主催)】ノンフィクション作家高野秀行氏講演会「言語オタクのちょっとクレイジーな探検生活」 https://t.co/hotbx2JeWl ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑