*

インドの怪魚ウモッカを探せ!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


自分のなかではずっと前から決定していすぎてブログに書くのを忘れていた。
今年の12月中旬から来年の3月中旬にかけて、約三ヵ月、インドの謎の怪魚「ウモッカ」を探しに行くことにした。
ウモッカとは、ハンドルネーム「モッカさん」という人物が、10年前にインドのベンガル湾に面する町で見かけた謎の魚だ。
「謎の巨大生物UMA」というサイトで二年前に登場、ウモッカという名前をつけられ大人気を博し、今ではすっかり忘れられているのを私が今頃気づき(このブログ上で「りーだーさん」という方に教えてもらったのだが)、他の人より二年遅れて興奮した次第だ。
魚に詳しい誰もが「こんな魚はけんとうがつかない」と首をひねっている。
もしかしたら、古代魚の生き残りかもしれないし、ハチュウ類が魚に戻ったものかもしれない。
とにかく、見つかったら大発見になるはずである。
9月の下旬に「モッカさん」にお会いして詳しい話を聞いた。
モッカさんがひじょうに誠実かつ常識的な人物であること、モッカさんが生き物大好きな美術の先生でありスケッチの上手さはもちろん、生き物の観察に慣れていること、そして何よりも話のリアルさから、私は「ウモッカ」なる魚が実在する(少なくともその時点では「実在した」)と勝手に断定した。
来年で40歳になる人間がやることではないんだが、こうなると仕方がないのである。何が「仕方がない」のかよくわからないが、そうなのだ。
あ、そうそう、ウモッカの特徴をあらためて簡潔に説明しておこう。
・体長約2メートル。
・背中にバラのようなトゲのついたウロコに覆われている。
・ウロコはふつうの魚鱗のように重なっていない。六角形が立体的に横に並んでいる。サッカーボールのイメージに近い。
・背ビレがない(たぶん)。
・頭や腹はつるつるしている。
・ヒレが「足」のようになっていて、シーラカンスを彷彿させる。
・エラはサメに似ている(たぶん)。
・全体的に魚と爬虫類の合いの子っぽい。
・現地の漁師は「カレーにする」と平然とさばいていた。
・モッカさんによる目撃は、1996年の1月1日。なぜか元旦の朝だった。
こう、改めて書いていると、「すごい!」という興奮と「ほんとにこんな魚、いるのか?」という疑問に揺さぶられる。
実際に見た人はたった一人、それも十年前の話だし。
さて、中年男の究極のバカ探検の行方はいかに???

関連記事

no image

東京に戻りました。

だいぶ予定より遅くなりましたが、おかげさまで無事帰国しました。 2ヶ月近くも、めくるめくソマリ・ワン

記事を読む

no image

ミャンマーがまた…

ミャンマーがまた大変なことになっているようだ。 というか、自然災害でも戦争でも こんなに被害が出たの

記事を読む

no image

山口晃「親鸞」書籍化を熱望!

『ヘンな日本美術史』(祥伝社)を読んで以来、山口晃に嵌ってしまったとブログやツイッターに書いたと

記事を読む

no image

シャンの新年って何だ?

以前、ミャンマーのシャン人(自称「タイ」)の独立運動を手伝っていた関係で、 今でもシャン・コミュニ

記事を読む

no image

原作を読もう!

映画「スラムドッグ・ミリオネア」を観てたまげた。 原作とまるっきりちがう話だったからだ。 スラム育ち

記事を読む

no image

書店野宿

2年前、前代未聞の「書店プロレス」を実施した伊野尾書店の伊野尾さんから、 今度は「書店野宿」という

記事を読む

no image

モノカキ=ハジカキ

  先日、読者の方からメールで『辺境の旅はゾウにかぎる』の誤りを指摘された。 船戸与一『金門島流離譚

記事を読む

no image

グレート関野6歳説

 探検部の大先輩であるグレートジャーニーの関野吉晴略して「グレート関野」に会い、都内某所にある秘密ス

記事を読む

no image

千葉のソマリランド人

千葉県東金に住むソマリランド関係者がいる、と前に書いた。 曖昧な言い方をしてしまったが、その人物、実

記事を読む

no image

クールだけど超目立つ

 『謎の独立国家ソマリランド』、ついに昨日からAmazon.comで予約受付が開始された。

記事を読む

Comment

  1. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    『40にもなってそんなバカなことやって』
    という最高の誉め言葉を贈ります。
    うらやましいと思っている人いっぱいいますんで
    その人たちの『羨望の眼差し』をいっぱいに浴びて
    行ってきてください。
    おそらく最大級の『いいなー』by 二村

  2. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    ウモッカ発見・捕獲! 期待しております。
    あー、同行したかった(笑

  3. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
    羨ましいな、本当に・・・・
    ウモッカに噛まれて足の1本も腫らせて帰って来て下さい
    「羨望の眼差し」、いや嫉妬ですよ(笑)
    マジで羨ましいな

  4. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    3ヶ月もですか・・・。
    うらやましいとか嫉妬とかを超えて、尊敬してしまいます。
    またまた、おんもしろい話しやな〜〜。
                     風りん 小林 純

  5. OPPU より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    >現地の漁師は「カレーにする」と平然とさばいていた。
    これいいですね。是非お味の感想も調査&報告お願いします。
    ちなみにムービーは回すんですよね。
    上映会とか予定ありですか?

  6. AISA より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.5.1 (KHTML, like Gecko) Safari/312.3.1
    OPPUさん、お待たせしました。
    高野秀行インド行きに際し、早大探検部時代のモケーレ・ムベンベに始まり、一連の辺境&未確認探索の軌跡をまとめた高野秀行イベントを11月5日に開催する運びとなりました。
    11月5日(土)14:00〜
    太田文化の森 多目的室
    前売:3500円/当日:4000円
    限定:250名
    「ムベンベに始まりウモッカ探索発表に終わる」という内容です。
    出演:高野秀行、早大探検部(現役)、内藤陳、森清(講談社写真部)

  7. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    細部の説明を無視した、絵を見ての
    印象だけだと、は虫類というよりほ乳類のジュゴンとか
    マナティみたいに見えますね。
    もちろん尾びれや背びれも無視しているので、なんですが。
    背中のとげもフジツボが着生しているのでは?
    あ、うろこも無視しないと。。。(苦笑)

  8. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    すいません、11月5日のイベント前売り券はどこで購入できるのでしょう?
    インドには行けませんが、せめてイベントには行きたいです。

  9. ワイルドキャット より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    ミャンマーロードの放送日はいつ?

  10. AISA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    ワイルドキャットさん、どうもありがとうございます。
    高野秀行のスケジュールは公式サイトで逐一アップしております。
    どうぞご確認くださいませ。
    http://www.aisa.ne.jp/takano/schedule.html
    今後ともよろしくお願い申し上げます。
    リーダーさん、チケットの件ですが、
    追って正式に発表いたします。
    日にちが迫っているのに、遅くなってしまい申し訳ありません。
    サイト管理
    有限会社AISA

  11. ワイルドキャット より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    がーん!!
    そうでしたかしりませんでした。
    でも、放送は衛星テレビなんですねみれないな・・・・
    どこか、インターネット喫茶なんかでみれると来ないですかね?
    ずっと楽しみにしてたのに・・・
    まあしょうがない
    私も、酒屋にウォッカでも探しに出掛けよう。
    がっかり

  12. 密林のスケールを遙かに越える男

    昨年の5月に共通の友人の紹介で知り合い、その後、懇意にしていただいている日本随一の辺境冒険作家高野秀行氏が、次のターゲットを決めたという。高野氏は、早稲田の探検部時代にアフリカはコンゴの怪獣モケーレムベンベを探しに行き、そのいきさつをまとめた本

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 昨日取材で南アルプス市ふるさと文化伝承館に行った。何の予備知識もなかったので、「人体文様付有孔鍔付土器」なんてものがあり、「なんじゃこりゃ⁉︎」と驚く。私の好きなアフリカのアートにすごく近いものを感じる。 https://t.co/zNCJc0hdFR ReplyRetweetFavorite
    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑