*

「高野秀行」の新刊?!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


またもや「高野秀行」の新刊が出た!
…といっても、今度は同姓同名の将棋棋士の高野秀行五段の著書だ。
日本将棋界でも五段ほど弁が立つ人はいないそうだから
きっとこの本もすごく面白いだろう。
唯一残念なのは、私が将棋をほとんど知らないことくらいだ。
将棋好きな人は是非この本を読んで、私の直感を確かめてほしい。
ところで、五段は文章がすごく巧い。
以前、ある女性向けサイトで毎週書評を連載していたが、
巧みに自分の身の回りの話を織り交ぜながらのエッセイ的書評で
率直に言って、大方のプロの書評家や小説家の書評よりずっとレベルが高かった。
私としては、今度は五段の「将棋青春記」が読みたい。
飲み会でちらっと聞いただけでも、波乱万丈の半生らしい。
羽生さんみたいな大家でないだけに、かえって瑞々しい本ができるのではないか。
文章力は折り紙つき、しかも文体は「青春モノ向け」と私は見ている。
編集者諸氏、早く彼に話をもっていったほうがいいですよ。
 

関連記事

no image

関野吉晴氏の映画とトークイベント

急ぎのお知らせ。 3月16日~29日、ポレポレ東中野にて、関野吉晴氏が主演(?)の映画「僕らの

記事を読む

no image

「ダカノ−ヒデYuki」が説くエンタメノンフin韓国

 韓国最大のネット書店のサイトに私のインタビューが掲載された話は前にしたが、 読者の方が翻訳サイトを

記事を読む

no image

なぜか妻が…

なぜか妻がブータンへ行ってしまった。 今までブータンなど話題にもしたことがなかったのに、五月のある日

記事を読む

no image

サハラから八王子へ

やっとサハラマラソンの原稿が終わった。 どういう形になるかわからないが、本の雑誌の杉江さんに渡してお

記事を読む

no image

これも旅?

長い一日だった。 6:30起床、荷物など準備。 朝10時頃、ザックをかついで家を出た。 横殴りの雨で

記事を読む

2013年に読んだノンフィクション・ベストテン

毎年恒例となっている「今年読んだ本ベスト10」をやるのをすっかり忘れていた。 今急いでやります。

記事を読む

no image

辛いけどあとで楽しい奥泉山の登山

最近本の感想がとんと書けなかったのは、一つには仕事や雑務で読む時間が少なかったからだが、もう一つの

記事を読む

no image

切羽詰まったら本人伝説

 竹島問題と尖閣問題が勃発して以来、毎日が憂鬱でならない。特に尖閣は、もういつ軍事衝突になっても

記事を読む

no image

お詫びとやり直し

先日このブログで内澤旬子さんについてかなり失礼なことを書いてしまったような気がする。 あまりに刺激

記事を読む

no image

新計画?!「イラワジ河(ほぼ)全流下り」

 昨日から今日にかけて、突然新しい探検計画が生まれた。  その名も「イラワジ河ほぼ全流航下紀行」とい

記事を読む

Comment

  1. Yuka2 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    アマゾンで高野さん(秀行さんの方)の本を購入したことがあったからだと思いますが、「高野秀行最新刊」のお知らせがアマゾンから届きました。
    喜んで読んでみたところ、この本でした・・・・・

  2. gadogadon より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    同じく。アマゾンからお知らせメールが届きましたよ!高野秀行の新刊、という事で。辺境の旅ゾウの新刊発売のお知らせはこなかったんですがね…。

  3. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    私も。
    アマゾンからのお知らせではないですが(^^;
    高野さんを検索した時にこの方もたくさん出てました。
    「すごい!高野さんて辺境の旅の合間に将棋を!しかも有名!」とちょっと誤解しそうでした。
    同姓同名の高野さんも文章に長けてるなんて、やっぱり姓名判断とか当ってるのかもしれないですね。
    他の「高野秀行さん」の行方、文章(?)も気になりますね〜!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年11月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑