*

多忙につき

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


多忙である。
おそらく一般の人からすれば「まあ、ふつう」くらいだと思うが、
私のレベルでは「超多忙」だ。
メールもたまり、返事をするのに三日、四日は当たり前の状態だ。
あまりに忙しいので読書に励む。
三崎亜紀『バスジャック』(集英社文庫)
この人の小説はほんとにいい。
どの作品も「世界の終わり」に満ちている。
星新一などのSF短篇に似ているのだが、三崎作品に描かれているのは近未来でなく
今現在という気がする。
今現在の世界がすでに終わっているのである。
そこが他の類似SFやファンタジーとちがうところだろう。
(むしろ村上春樹に近いかもしれない)
この短編集では「動物園」と「送りの夏」が出色だった。
でも三崎作品を読むといつも思うのだけど、
「これなら俺にも書けそうだ」と小説家をめざす人間がたくさんいるんだろうな。
いちばん真似をしてはいけないタイプなのだが。

関連記事

no image

ソマリア大飢饉の嘘

やっとラマダンが終わり、新年際の「イード」も終わった。 今日から仕事始め。 だが、新年では大物政治家

記事を読む

no image

『腰痛探検家』韓国マンガ版?

韓国語版『腰痛探検家』のレビューは、読者の方々があっという間に正確に翻訳してくれた。 高野本の読者

記事を読む

no image

王様のブランチ

妻は早起きして一昨日から通っている浦安市の災害ボランティアに出かけていたので、 9:30にひとりで「

記事を読む

no image

ヒンディー語と春風亭昇太

トルコの怪獣取材もいいが、忘れちゃいけないインド・ウモッカ探索行。 そう、凝りもせず今年の11月末か

記事を読む

no image

Mじゃない

みんな勘違いするのだが、間寛平など日本人が毎年出場しているウルトラマラソンと私の出たマラソンは別物だ

記事を読む

no image

古墳プレイ

集英社の財団主催の高校講演会、今年はなんと高野山高校に行ってきた。 校長先生は高位の僧侶で、話をする

記事を読む

no image

我が言い訳

昨日、なんと今月5度目の神楽坂詣で。 やっと「移民の宴」4回目の取材が終わった。 明後日までに原稿を

記事を読む

no image

クールだけど超目立つ

 『謎の独立国家ソマリランド』、ついに昨日からAmazon.comで予約受付が開始された。

記事を読む

no image

編集力

本の雑誌の杉江さんが『辺境の旅はゾウにかぎる』のゲラをもってきてくれた。 エッセイ、対談、書評など中

記事を読む

no image

今日のアブちゃん

今週の講義のゲストでもあるアブディンのブログを発見した。 ていうか、どうして今まで気づかなかったんだ

記事を読む

Comment

  1. 杉江です より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.0.5) Gecko/2008120121 Firefox/3.0.5
    お忙しそうなので返信の手間の無いこちらにコメントしておきますね。
    私はさきほど三崎亜記の新作『廃墟建築士』(集英社)読み終えましたが、相変わらずの奇想ぶりに大笑いしました。天才ですね。
    そして絶対私には小説が書けないと朝から落ち込んでおります。参りました。

  2. トト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さん、こんにちは!
    初めてコメントしますがいつも楽しくブログを拝見しております。
    姉が来月から(ビザ待ちなので未定ですが)ミャンマーに3年赴任することとなったのがきっかけで去年からミャンマー関連の本を良く読むようになりました。記念すべき第一冊目が高野さんの「ミャンマーの柳生一族」だったのですが、それ以降大ファンです。「アヘン王国潜入記」も大いに楽しませていただきました。
    頑張って下さい。応援してます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑