*

プレステの取材を受けた途端こうなった

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

火曜日、プレイステーション関係の媒体にインタビューを受けた。
インタビュアー(編集者)の人にいつ頃出るのかと聞いたら、
「まだわかりません。実は今、プレステのシステムが停止してまして。
ハッカーに攻撃されたなんて噂もあるんですが」
と言っていた。
で、翌日(昨日)水曜日には「7700万人の顧客情報が流出!」という夜のトップニュースになっていた。
この前の「王様のブランチ」も私が取材を受けたとたんに吹っ飛んだし(地震のせいだけど)、私が関わるとどうもよくないことが起きるらしい。
もっともプレステの取材は本の雑誌社で杉江さん立ち会いのもとに行われた。
私ではなく杉江さんが関わることがよくないのかもしれない。
今後は頭を坊主刈りにしたりせず、金髪のアフロとかにして、
厄払いをしてほしい。
     ☆        ☆         ☆
先日、「放射能を恐れて野菜を洗剤で洗っている主婦がたくさんいる」と書いたら、
いろいろと意見や反論のコメントが来ていた。
で、ネットで調べてみると、ほんとうに台所洗剤は野菜の虫を落とすということで
大々的に宣伝されて広まったようだし、
野菜用洗剤というものがあり、「米も洗えるほど安全」と謳われた商品が出回っていることも事実のようだ。
いっぽうで学校給食の野菜は洗剤で洗ってはいけないという法律が70年代に作られていたり、野菜を洗えるオーガニック洗剤についても「界面発泡剤を使っているのは同じで環境によくない」とか「農薬にまた薬をつけるという対症療法の繰り返しがいいわけない」といった否定的な意見もあるようだ。
明らかに人体によくないと私には思われる台所洗剤についても、
企業や業界は「万一体内に摂取されても人体にはまったく影響がない」と断言している。
もちろんこれにも反論がたくさん出ている。
なんとしたことか、洗剤自体が放射能(正しくは「放射線」「放射性物質」)問題と同じ、
「科学的に誰が正しいかさっぱりわからない状態」に陥っていた。
全然知らなかった。
きっと私も非常識なことを言ってるだろうと前回予言したのだが、
その文章自体が非常識だったとは驚きだ。
腰痛のときもそうだったが、科学とは一体何なのだろう。
昔の人は雷神が雷を落とし、ナマズが地震を起こすと思っていた。
今は科学が進歩してそういう迷信はなくなった…とされているが、
別の段階に進んだだけで、「わからない」ことについては大して変わりがないんじゃないかとすら思える。
ただわかることもある。
よいか悪いかわからないものを、商売にしている人たちは足していきたがるということだ。
私としては、よいか悪いかわからないものは、なるべく使わずにいたいのだが。

関連記事

no image

ソマリランドで発見した素敵なドリンク

人と喋っているときはいいのだが、一人になると、波のように佐藤先輩のことが押し寄せてきて、 いろんな

記事を読む

no image

だめだめスウェーデン刑事小説

ヘニング・マンケル『殺人者の顔』(創元推理文庫)を読む。 「スウェーデンが世界に誇る警察小説シリー

記事を読む

no image

メモリークエスト2

遅ればせながら、ようやく『メモリークエスト』の続編を開始することが正式決定した。 現在、幻冬舎の編集

記事を読む

no image

大脱出記を生かすも殺すも表現次第

なぜかよくわからないが、小説では「表現」や「いかに書かれているか」が問題とされるのに、 ノンフィク

記事を読む

no image

ブータンは4月

2月にブータンに行く予定だったが、向こうの事情やこちらの事情などで 4月に延期になった。 それまでゆ

記事を読む

no image

太平洋もインド洋も波高し

 私の「ビルマ・アヘン王国潜入記」英語版"The Shore beyond Good and Evi

記事を読む

no image

私も外出作家へ

珍しく朝から快晴。 空気が澄み渡り、なにやらトルコのワン湖周辺にでもいるようだ。 部屋にこもっている

記事を読む

no image

スイスのFWはコンゴ人

昨日、本の雑誌の杉江さんとスーダンのアブディンと打ち合わせをし、 寿司好きのアブが、寿司アレルギーの

記事を読む

no image

講談社ノンフィクション賞の最終候補になった

以下のようなことになったそうです。 -----------------------------

記事を読む

「ダ・ビンチ」2月号にてオードリー春日氏と対談

現在発売中の「ダ・ヴィンチ」2月号にて、オードリーの春日俊彰氏と対談している。 私はテレビ

記事を読む

Comment

  1. 杉江@本の雑誌 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10.5; rv:2.0) Gecko/20100101 Firefox/4.0
    ほんとにほんとにプレステの件には驚きました。
    こういうのは「持っている」というのでしょうか、それとも「持っていない」というのでしょうか(笑)。
    そして問題があるのは私でしょうか、高野さんでしょうか。
    マイナス×マイナスの掛け算はプラスになると教わったので、おそらくどちらかなんですよね……(苦笑)。

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    商売をする人たちは、前向きなことだけを義務づけられているかのように、例えそれが端から見ればどれだけ危険で、どれだけ馬鹿らしいことでも、前向きなことにのみ食い着いて、破滅して行くのです。つまり後ろ向きなら良いのです!人類総後ろ向き!これで日本も大丈夫!

  3. KAORU より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; YTB730; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    以前ニュージーランドに住んでいたんですが、現地では洗ったお皿の洗剤は流さず、そのまま布で(かなり使いまわし)拭くだけでした。
    洗剤自体が日本と違い、人体に影響のないものかと聞いてみると、全く同じだとの事。
    「なんで流さないですかねぇ?」と聞くと、ひと言「キウイ(ニュ—ジーランド人の愛称)はレイジーだから」。
    国民性によって安全観念もいろいろですね。

  4. ぶるとんぬ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; YTB730; GTB6.6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618; .NET4.0C)
    7700万人ってけっこうな規模の国の人口なみですね…
    以前フランスに住んでいましたが、洗剤で洗った後、シンクに溜めた水にちゃっぽん、とつけるだけ、というのが主流でした。(居候したドイツでもそんな感じでした。)友人のだんなさん(イギリス人)はお湯をはったバスタブ内でせっけんで身体を洗った後、その同じバスタブのお湯で泡を流していただけなので友人が「(せっけんが残って)身体に悪いじゃない」と非難したら「ちゃんと洗い流した(rinse)から問題ない」と言いはったそうです。この辺についてまわりのフランス人に聞いてみたところ、「洗剤や石鹸が残ってもそれほど害はない」というより「だって水がもったいないじゃない」というのがよく上がる意見でした。

  5. ほうきだこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    生半可な科学知識で「●●がないと困る、●●が買えないと困る」っていうように仕向けられて生活習慣やら価値観まで知らない間に変わってくるのが怖いですよね・・・。

  6. タツ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_7; ja-jp) AppleWebKit/533.21.1 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.5 Safari/533.21.1
    まあよほどの発展途上国に住んでいない限り、みんな実生活でなんらかの形で商売に関わってますよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 20年前に読んだときは彼ら一人一人がどれほどのスーパースターだったのか理解できていなかった。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • 本田靖春の文章力はさすがですね。 https://t.co/2lCA4RMIds ReplyRetweetFavorite
    • やりたいことをやりたいようにやって90年。今西錦司の人生をたどった後では、ちまちました仕事のメールとか経費の計算とか原稿書きとか全くやる気を失う。悪書なり。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野さん、ほんとに傘ささないんですよね。この間、辺境スタジオに向かうときも雨が降っていたのですが、まったく意に介さぬ様子で。 noteの「辺境メルマガ」更新しました。今回は『辺境中毒!』(集英社文庫)の文庫解説より転載しております!… ReplyRetweetFavorite
    • 本棚整理のついでに本田靖春著『評伝 今西錦司』(講談社文庫)を20年ぶりぐらいに再読してしまった。今西軍団に所属した選手(学者)がとにかくすごい。西堀栄三郎、梅棹忠夫、川喜多二郎、中尾佐助、藤田和夫、伊谷純一郎、河合雅雄……。レアル・マドリード並みの銀河系軍団。 ReplyRetweetFavorite
    • 河童似の杉江さんに「高野秀行は河童じゃないか」と言われてしまった。同族? https://t.co/dHF7mfwfjq ReplyRetweetFavorite
    • 毎月、新しい本がやってくるので、毎月本の整理をしなければならない。で、その間に気になった本を手にとって立ち読みしてしまう。今日立ち読みしたのは中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』(講談社)。短編集だが、表題作がすばらしいのだ。家で立ち読み感動。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑