*

今度はインド人をアゼンとさせてしまう

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

また午前中、また別のソマリランド人と会った後、
いつもどおり、ドトールF店に「出勤」すると、なぜかそこには和服を着たインド人男性がいた。
成り行きで挨拶したところ、在日27年、出身はカルカッタという。
カルカッタ!
それは私の人生を何度も左右した因縁の町。
身ぐるみはがされたり、強制送還されたり、強制送還されたりした思い出深い都市だ。
思わず、「ミャンマーから国境を越えて密入国したらブラックリストにのっちゃって…」という話をしはじめてしまい、気づいたら相手はすっかり困惑していた。
でも話を止めることができず「背中にトゲのある魚が…」とかしゃべり続けていたら、お相手らしい浴衣姿の日本人女性が出現。
「じゃ、どうも」と彼は女性(彼女か)と一緒に去って行った。
盆踊りか花火大会かに行くところだったのだろう。
ドトールでデートの待ち合わせをしているところへいきなり強制送還とかウモッカがどうのとかいう話をされても困るよなあ。
今週は外国人をアゼンとさせる強化週間、ということみたいだ。

関連記事

no image

寒波と猛暑

フランスに亡命したルワンダ人の友人のところに母国から家族が到着した。 奥さんと娘が移住を認められたの

記事を読む

no image

三沢光晴DVD-BOX

10月上旬のバングラ行きまでに片付けなければいけない仕事が山ほどあるが、 そんなときにかぎって、三

記事を読む

no image

くどくどかぱらぱらか

比較的調子よく来ていたブータン原稿がうまくいかなくなってきた。 逃避の意味合いもあって、ある作家の

記事を読む

no image

映画「ホテル・ルワンダ」を見るべし!

試写会で、映画「ホテル・ルワンダ」を見た。 1994年、ルワンダで三ヶ月で数十万人が虐殺されるという

記事を読む

no image

フリーランスの志士

家に攘夷モノがないか探してみたら、藤沢周平『回天の門』(文春文庫)に気づいた。 千葉道場きっての剣

記事を読む

no image

旅いろいろ

私が最近寄稿した雑誌が2冊、ほぼ同時に送られてきた。 どちらも旅の本で、一冊は「バックパッカーズ読本

記事を読む

内側から見た「やくざ」

最近イースト・プレスの本が面白い。 まあ、知り合いの編集者が増えて新刊を送ってきてくれるせいも

記事を読む

no image

ゴール目前で足がつったマラソンランナー

2月刊行の『謎の独立国家ソマリランド』が佳境だ。 すでに地図、相関図、ソマリ群雄割拠之図、口絵のカ

記事を読む

no image

悪いのは飛蝗か

「本の雑誌」9月号を読む。 特集は翻訳ミステリ。 私は全く知らなかったが、飯田橋に「ブックスサカイ

記事を読む

no image

「いちおう民主国家」ミステリ

今さらだが、伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』を読んだ。 独裁国家でのミステリ読書週間の番外編だ。

記事を読む

Comment

  1. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    いいな〜インド人!
    今インド人でカルカッタ出身ならもれなく高野さんに身の上話してもらえるんですよ!
    インド人のふりして近づいて話を聞きながら(うん、知ってる!)と心の中で微笑みたいです。

  2. hkpoo より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6)
    来月 25日、26日インドナマステ祭り AT 代々木公園でしたらいろんな
    方といろんな情報が得れると思います!司会のビナヤさんは知り合いも多いので知っているかもしれません!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑