*

孤高の伝道者・大槻ケンヂ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 昨年暮れ、つまり10日あまり前にアップされた音楽関係サイトで、大槻ケンヂのインタビューが載っているのを知人に教えられる。
 その最後になぜか「最近のオススメ本」として高野本が。
「んー、何だろうな……。高野秀行っていう人の『ワセダ三畳青春記』という本があって、これものすごく面白いんです。意地でも人に読ませたいと思って、ずっといろんなところで1人で宣伝してるんですよ。22歳〜30何歳まで早稲田の三畳一間のアパートに住んでた人のお話で、とっても笑えて楽しい面白い本です。」
 もう一年以上前に出た本なのに(全然最近じゃないし)、まだ布教活動してらっしゃるとは(しかも、孤軍奮闘らしいし)…。
 オーケン、えらい! 2005年、彼と彼のバンド「特撮」に幸あれ!
 (彼のインタビューはこちら)
  http://www.vibe-net.com/musicinfo/push/tokusatu_Interview.html

関連記事

no image

大作家を斬る!

ある雑誌の増刊号で頼まれていた書評をやっと書く。 私が長らく愛読している、もう亡くなった大作家の作品

記事を読む

no image

パレスチナの悲劇は世界の元気か

 今日こそアラファトとパレスチナについて辺境的な感想を一言書きたい。 十年ほど前、中国の大連にしばら

記事を読む

新連載開始?

今、すでに五誌(紙)で連載していてアップアップなのに 今度は「本の雑誌」で新連載を開始してしま

記事を読む

no image

バトルロイヤル、参戦!

先日「酒飲み書店員(中略)大賞」なるものに選ばれ、千葉と都内東部を席巻している(?)「ワセダ三畳青春

記事を読む

no image

ダルマ死す。享年17歳9ヶ月

飼い犬のダルマが昨晩、午前2時ごろ息を引き取った。 享年17歳9ヶ月。人間なら90歳くらいの高齢だっ

記事を読む

no image

豆腐学生

私が原稿を書いた古本愛好雑誌「彷書月刊」今月号で 内澤旬子さんのダンナで編集者・ライターの 南陀楼綾

記事を読む

no image

フリーランスの志士

家に攘夷モノがないか探してみたら、藤沢周平『回天の門』(文春文庫)に気づいた。 千葉道場きっての剣

記事を読む

no image

ソマリアのワークショップで怪しまれる

日本エネルギー経済研究所・中東研究センターが主催するソマリア問題のワークショップというやつに行ってき

記事を読む

no image

新しい探検部の部室とゴリラ

第5回目の上映会が早稲田大学の学生会館で行われた。 数年前に建てられたわりと新しい建物だ。 この新

記事を読む

no image

津波の子ども

 津波で両親が行方不明になった子どもについての緊急メールがまわってきた。  添付された写真を見る限り

記事を読む

Comment

  1. BUFF より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP; rv:1.7.5) Gecko/20041108 Firefox/1.0
    高野様、皆様、遅ればせながら明けましておめでとうございます。
    特撮のほうは聴いてないのですが、私は、筋肉少女帯FC・「ノーマン・ベイツ」の会員でした。
    大槻ケンヂさんも何冊か旅本を書いていらっしゃいます。
    『行きそで行かないとこへ行こう』、『のほほんと暑い国へ行く』、『脱力旅の世界』、とか。面白いです。
    また、バンドな青春記、『リンダリンダラバーソール』はどこか『ワセダ三畳青春記』と同じ匂いがするような気がします。面白おかしくほろ苦く、ちょっとトホホ入っている感じ、でしょうか?
    だから、高野さんの作品にも惹かれたのかなぁって思っています。
    ではでは。

  2. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    皆様、新年おめでとうございます。
    ご挨拶遅れてすみません。
    正月は雪が降って仕事無くなったこともあり、
    毎日飲んだくれてました。
    大槻さん、エライ!
    頑張ってください!
    「ムベンベ」も売れますように。
    オレの方は、天下の大作家、高野秀行にVISAを
    取りに行かせる、なんぞという暴挙をして、
    このたびアフリカに行ってきます。
    ま、1ヶ月ほどの短いものですが。
    キリマンジャロ登ってきます。
    今回の目標!
    象の「雑煮」を喰う!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑