*

原発君とインド人

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今日も原発君は元気なようである。
原発を憎むとかえってよくないような気がして、
親しみをもたせて、心を開いてもらいたくて君付けで呼ぶことにした。
ところで毎日いろんな人が電話をしてくる。
他に用事があってのことだけど、多くの人が「原発、大丈夫ですかね?」とか
「政府の発表はほんとうなのかな?」と私に訊く。
わかるわけないじゃないか。
原子力の専門家でもないし、政府や東電の人間でもないんだから。
昨日は宮田部長まで「ねえ、原発どうなんだろうね?」と言うから
逆に「どうして俺に訊けばわかるってみんな思ってるんだろう?」と聞き返した。
すると「いや、高野さんはさ、何か特殊なルートを持っていて、裏事情かなんかを把握してそうな気がしてさ」
なるほど。私はアジア、アフリカのことでは、一般の人が知らない事実を報告している。
でもそんなのは裏事情ではなく、単に日本のマスコミが報道しないだけだ。
原発君については日頃電気をもらっていたくらいで、特に親しくはしていない。
昨日は、海外からやってくる外国人客を成田空港から送迎するという仕事をしているKさんから電話が来た。
「高野さん、大変ですよ」と彼は言う。「インド人も逃げてるんですよ。ほんとにやばいんじゃないかな」
これには笑った。
インド人は野生動物かっていうの。
津波の前にゾウやトラが逃げたとか、沈没する船からネズミが逃げるとかと同じなのか。
もっともKさんの言いたいのは、どんなことがあっても気にしなさそうなインド人が
あわてているから、やばいんじゃないかという意味だったみたいだ。
ま、そりゃそうだけど、
彼らだって、帰るところがあれば、逃げるでしょ、ふつう。
Kさんの話でもう一つ面白かったのは、彼はインド大使館に頼まれて、
大型バス3台、中型バス2台を手配したのだが、
当日それに乗ったのはたった6人。
他の人たちは大使館の話を知りつつ、自分たちでそれぞれ車を手配して成田に行ったという。
「インドの人は頭から大使館の言うことなど信じてないんですね」とKさん。
多少は見習いたいものである。
     ☆        ☆          ☆
あわてるあまりだろうけど、郵便窓口で「日本赤軍に義援金を」と口走ってしまった人の話がコメント欄にあった。
笑わせてもらったけど、
そういえば、私も、5年前、妻が小学館ノンフィクション大賞を受賞し、すぐに来てくださいと言う電話が夜中に来たとき、、
タクシーを呼ぼうとしたら、なぜか110番につながっていた。
しかも「事故ですか、事件ですか?」と訊かれて、えっとどっちかなと一瞬考えてしまった。
みなさん、緊急時こそ落ち着きましょう。

関連記事

no image

タイの懐メロを熱唱してしまう

こちらに来て初めて飲み会に行った。 「アジアの雑誌」編集長の夢野狂作夫妻、同誌で辺境レポー

記事を読む

no image

発売が楽しみ?

『シワ夢』文庫版を出しても、少なくとも女性読者は4人残ってくれることが コメントから判明した。 そ

記事を読む

no image

平凡妄想

『放っておいても明日は来る』(通称アスクル)を出版することが決まったとき、 まず思ったのは「ゲストの

記事を読む

no image

NHK「きょうのお料理」

立て続けに珍しいインタビューを二つ受けた。 一つは朝日新聞の受験生向けサイト。 テーマはパニック力

記事を読む

no image

編集者は辛いよ

私がプロデュースするアブディン『わが盲想』がいよいよ終盤にさしかかっている。 本来なら2月いっ

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

no image

ミステリ・ノンフィクションの傑作『龍馬史』

ちょっと前まで「学者」というのは圧倒的に年上の先生ばかりだった。 だが今は本のプロフィールを見

記事を読む

no image

ディアスポラ

エンタメ・ノンフ作家は彷徨うことが宿命づけられている。 本人もそうだが、著書はもっと。 書店に棚がな

記事を読む

no image

上智大学で比較未知動物学?

 なぜか来年度の後期(10月〜2月)、上智大学外国語学部の非常勤講師を務めることになった。  大学で

記事を読む

no image

野宿の話はつづく

「高野さん、この前うちの近くで野宿してたでしょ?」と水泳のY先生にレッスンのあとで言われて驚いた。

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    明るいニュース
    欽ちゃんが、気仙沼ちゃんの無事を確認したそうです。

  2. シャロン より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
     関西ローカルですが、「ちちんぷいぷい」という情報番組で、原発についてわかりやすく解説してましたよ。一部紹介します。
      http://www.youtube.com/watch?v=TWFCXrK0Fig
     「騒ぎすぎ」だそうで、今のところ東京どころか福島でも、原発すぐ近くでない限り大丈夫とか。

  3. シャロン より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
     げ、すいません。リンクの貼り方間違えていまいました。恥ずかし……。
     また失敗するとご迷惑なので、興味があればYoutubeで「ちちんぷいぷい 原発」「ちちんぷいぷい 被曝」などで検索してみてください。素人でもよくわかりますよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年12月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑