*

世にも奇妙なマラソン大会

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


帰国した。大人の遠足はなかなかにハードだったが、想像以上に充実していた。
今回私が参加したサハラ・マラソンは、別に過酷さが売り物ではない。
それより「変」なのである。
なぜなら、サハラ・アラブ民主共和国、通称「西サハラ」と呼ばれる未確認国家の独立運動を支援するため、アルジェリア領にある彼らの難民キャンプ周辺の砂漠で行われたからだ。
西サハラはかつてスペインの植民地だったが、
スペインが撤退した直後、隣国のモロッコに占領されてしまった。
住民である「サハラ人」はモロッコ人とは別の民族であり、独自の国家をもとうと
モロッコの弾圧に立ち向かって武力闘争をはじめた。
そのゲリラは「ポリサリオ戦線」と呼ばれる。
日本で最初にこのゲリラを取材したのは私の探検部の先輩であるジャーナリストの恵谷治氏で、彼の案内でこの地を取材し、冒険小説を書いたのが船戸与一氏。
その小説『猛き箱舟』(集英社文庫)は代表作の一つなので読んだ人も多いかもしれない。
1991年にモロッコとポリサリオ戦線は停戦し、国連による住民投票が行われることになったが、モロッコの数々の妨害により実施されないまま20年近くが過ぎている。
(3年前、やはり探検部の私の仲間である古賀美岐がテレビ番組制作のために訪れたが、
なぜか番組にならず、古賀さんはその1年後くらいに、ネパールで急死してしまった。)
モロッコの弾圧から逃げたサハラ難民がいまだ20万人も、草木のほとんどない砂漠のど真ん中に暮らしている。
それがサハラ人難民キャンプ兼西サハラ亡命政府の拠点であり、
つまりポリサリオ戦線後援のマラソン大会なのである。
あるいはマラソン大会がポリサリオ戦線を後援しているともいえる。
ほら、相当変でしょ?
ソマリランドにつづく「謎の未確認国家」第2弾というわけなのである。
どこでどういうふうに書くのか、なーんにも決めてはいないのだが。
(写真上:マラソンも大変だが、途中の移動もけっこうハード。荷物は自分でかついで
砂漠を歩かねばならない)
(写真下)若い女の子たちにモテモテのポリサリオ戦線兵士。

関連記事

no image

アフガンのケシ栽培の謎

 先週のことだが、ミャンマー・フォーラムへ行ってきた。  ミャンマーで行われている「麻薬(ケシ)栽培

記事を読む

no image

ある阿呆の血

10日ほど前だが、このブログを通して、読者からのメールが来たのはいいが、 「あなたは私を知っている。

記事を読む

no image

2007年に読んだ本ベスト10(小説部門)

恒例(といっても2回目か)の「今年読んだ本ベストテン」である。 自分が読んだということだから、今年出

記事を読む

no image

旅に出るにはワケがある

わけあって部屋の片付けをした。 ゴミためのようで、足の踏み場もなかったのだが、 片付けるとウソのよ

記事を読む

no image

ディズニーランド・デビュー

宮田珠己との「タカタマ対談」第3弾はなぜか東京ディズニーランドで。 以前「世界で行きたくない場所は

記事を読む

no image

「クロ高」英語版届く!

私が熱狂的な「クロ高」ファンだということは意外に知られていない。 クロ高とは、少年マガジンで連載し

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフ対談

『怪獣記』の販促で、カメラマンの森清と高田馬場・早稲田界隈の書店周りをする。 どこも『ワセダ三畳青春

記事を読む

no image

豚に真珠とはこのことか

昨年亡くなった義母の命日なので (そして一昨年亡くなった義父の命日にも近いので)、 義姉とその夫であ

記事を読む

no image

2009年の小説ベスト1

ここんところ仕事で行き詰っているのに、いや、だからこそ、 大作の小説を読んだ。 アミタヴ・ゴーシュ

記事を読む

no image

2010年小説ベストテン

恒例(だったっけ?)の年間枚ベストテンを発表したい。 私が今年読んだ本だから、出版年はバラバラだ。

記事を読む

Comment

  1. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2)
    これも高野さんの出番ですね。

  2. プラム より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    おかえりなさい!お疲れ様でした!
    日本では、先週号のananは、本とマンガ特集でした。
    載ってましたよ高野さん!アジア未知動物紀行〜♪
    「はずしナシ!の41冊徹底ナビ」瀧井朝世さん厳選ページです。
    他企画では、角田光代さんの仕事に対するストイックな姿勢が印象的でした。
    anan読者はどんな反応をするのでしょうか?うーーん。謎っ
    そういう私は高野さんのおかげで集英社の本が本棚に並びました。感謝!
    新潮社、講談社、筑摩書房で揃えてたので。
    本を通じて、個人の視点や興味のジャンル拡大なんて肩書きを何とするのでしょう?

  3. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2) Gecko/20100115 Firefox/3.6 (.NET CLR 3.5.30729)
    素朴なギモンなんですが、42.195kmを砂漠で走ったのでしょうか?
    ネットで調べると、最も過酷なマラソン、なんて書いてますが

  4. tam-tam より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    内澤さんの『旅先でも本』のそばに絵本『les enfants du polisario(ポリサリオの子どもたち)』を並べているわたしとしては、ソマリランド同様、どこかで書かれることを期待しています。

  5. tam-tam より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    西サハラについての著書がある方に伝えたところ、下の写真については、ベレーを被っているのでサハラウィではなく、国連MINURSO隊員と思われるとのことです。

  6. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; GTB6.4; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    間違いなくサハラウィ(サハラ人)です。
    当時、現場には国連兵士の姿は皆無でした。

  7. tam-tam より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    別の方からのメールに、国連MINURSO軍事監視要員なら、ベレー帽は黒ではなく青いはず、と書かれていました。
    でも、一見したときは、カーキ色の軍服につばのある帽子が一般的だという印象だったので、アフリカ諸国出身のMINURSO要員ではないかと思ったそうです。

  8. LP より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.3; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.5.21022; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; MEGAUPLOAD 3.0; Grani/4.1)
     水を差すようですいませんが、最近「民主主義がアフリカ経済を殺す 最底辺の10億人の国で起きている真実」という本を読み、この手の独立運動をどう考えれば良いのかと考えてしまいました。
     この本の著者によると安全保障にも規模の経済が働き、国が小さくなるとより不安定になるということです。著者はデータを元に統計的に処理して得られる定量的な内戦リスクの違いも求めてます。説得力はあります。
     アフリカだけで民族言語グループが2000ほどあり、民族独立を許すと、独立した小さな国はさらに不安定になり、際限の無い分裂と内戦が進むであろう、という話です。
     この本は経済学的手法で政治を検討するという面白い本です。邦題はトンデモ本のようですが。中身はいたってまともです。
     私も消えゆく少数民族を応援したい気持ちを持ちながら、「答えが無いよなー」と思ってたもので、この本は結構グサリと来ました。高野さんならどう思われるでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • しかし、よく考えてみたら、秘書というのはAIと同じで、こちらが取材内容や取材相手、取材日程を決めなければ、何も動いてくれない。そしてそういうことを考えるのがひじょうに面倒くさいわけだ。それとも優秀な秘書はそこまでやってくれるんだろうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 12月から2月にかけての海外・国内旅行の段取りを始めたが、早くも挫折しかけて頭の中は「秘書がほしい!」の声がグルグル。ますます段取りが進まない。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さん@daruma1021 の『間違う力』、読んでいて何度も爆笑。 研究者と辺境探検家には共通することも多く、今日も間違おうと心に決めるのであった。 巻末の「とにかくやる」の信条が刺さる。 上田次郎「なぜ君はベストを尽くさないの… ReplyRetweetFavorite
    • 異色アンソロジーが気になる。特に読みたいのは『卓球アンソロジー』と『FUNGI 菌類小説選集 第1コロニー』。 https://t.co/YFh07aldTF ReplyRetweetFavorite
    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑