*

奇人コレクション

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


その昔、「PLAYBOYドキュメント・ファイル大賞」というノンフィクションの賞があった。 
選考委員の顔ぶれはすごく、たしか開高健、筑紫哲也、安部公房、藤原新也などが名を連ねていたと思う。
第一回の受賞作は大賞が佐伯泰英の『闘牛士エル・コルドベス 1969年の叛乱』、
優秀賞が恵谷治『秘境の戦士たち』だった。
現代最大のベストセラー作家と早大探検部OBがこんなところでニアミスをしていたのである。
それから数年後、第4回大賞を受賞したのが大谷幸三『性なき巡礼 インドの半陰陽社会を探る』(集英社)
先日、著者の大谷さんにお会いしたので、本を買ってあったが、未読だった。
読んでみたら、予想以上に面白い。
「ヒジュラ」は一般にはオカマの集団と思われているが、
インドでも最高度にタブーの存在で、文献も皆無に近い。
それを、大谷さんは何かに取り憑かれたようにヒジュラの真実を求めて
最底辺社会に飛び込んでいく。
一文無しでヨーロッパからインドを放浪した自分と重ね合わせて、
ヒジュラの起源を探す旅は、青春記としても出色のできだ。
      ☆        ☆        ☆
関野吉晴氏の同僚で、ランドスケープアーキテクチャーの第一人者、
望月昭・武蔵野美術大学教授の招きで、ムサビに行き、講義を行った。
講義名は「植物と人間」。
ケシからとれる植物について、写真を交えて解説したが、
そのうち、望月さんとイスラム圏の酒やドラッグの話に脱線してぐだぐだに。
こっちの方が面白かったかもしれない。
望月さんはとにかく奇人変人の人脈がすごい。
授業のあと、望月節が全開。
ロス疑惑の三浦和義に「やっぱりおまえがやったんだろ!」とからんだとか、
人肉食の佐川一政氏に「肉はうまかった?」と訊いたら、「あまりうまくなかった」と言うので、「食う前に料理の勉強をしなきゃダメだ」と説教したとか、
「サダム・フセインとバグダッドで会食したことがあるけど、本物か影武者かわからなかった」とか、話を聞いていると、キワモノ人物図鑑のようである。
フセインの話が終わったあと、
「そういえば、最近すごい人がいるよな」と望月さんは言う。
「世界中をまわって、屠畜の現場ばっかり行って、細かいイラストで紹介してる女性…
面白いよな−、一度会ってみたいなあ…」
「その人なら心当たりがあるので、いつでも紹介します」と言っておいた。
望月さんの奇人コレクションにまた一人加わることになろう。

関連記事

no image

交通事故は危険

ナイロビ在住のフリーのカメラマン、中野智明さんと約10年ぶりに会い、 エチオピアの話をきく。 アフリ

記事を読む

no image

これからは「盲人サッカー」だ!

以前「少林サッカー」という面白い映画があったが、それはもう古い(私が言うまでもなく古いけど)。これか

記事を読む

雷王は誰だ!?

昔、コロンビア・アマゾンの町でばったり出会った鬼才ドラマー・のなか悟空さんが主催する D-1ド

記事を読む

no image

不安と緊張を和らげるのは笑い

スーダン人のアブディンから電話がかかってきた。 地震直後の電話では「いやあ、俺が日本に帰ってすぐだか

記事を読む

no image

うちの子は中華学校に入れたい

最近、「移民の宴」の取材があまりに頻繁で、 週に3,4回、編集の河井さんとカメラマンの森清と一緒に

記事を読む

no image

沖縄発!プロとお手伝いによる地場映画

私の家を民宿(兼居酒屋)と勘違いしている沖縄の友人がいる。 ずうずうしい男なのだが、やっていることは

記事を読む

no image

早大探検部バカ50周年記念

早稲田大学探検部が今年で創立50周年を迎える。 本当ならば、ライバル視していた(向こうは屁とも思って

記事を読む

no image

ロゼをちびちびやりながら砂漠を行く

ごぶさたしております。 20日に東京を発ち、今度はなぜか北アフリカのチュニジアをうろうろしている。

記事を読む

no image

変身写真館

日曜日のアブディンとのタンデム日帰り旅の写真が届いた。 撮影は併走してくれた友人のワタル社長。 こ

記事を読む

no image

もう一人の「高野秀行」との出会い

ご存知の方も多いと思うが、将棋の棋士に私と同姓同名の「高野秀行五段」という人物がいる。 ネットで「高

記事を読む

Comment

  1. 副部長 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_4_11; ja-jp) AppleWebKit/533.17.8 (KHTML, like Gecko) Version/4.1.1 Safari/533.17.8
    奇人呼ばわりされて光栄です。いつでも喜んで。と御伝え下さい(笑) 

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.63 Safari/534.3
    お、副部長、どうも!
    望月さんは「身体のいいなり」も(部分的にかもしれないけど)読んでるみたいでした。
    今度ご紹介しますね。

  3. タツ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_4; ja-jp) AppleWebKit/533.18.1 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Safari/533.18.5
    いつも楽しく拝見しております。
    このコメント欄で気になったのですが、お知り合いの作家さんや探検部関係の方、編集者等のお仕事関係の方からのコメントに対しての高野さんからのご返信が多く高野さんの著作やブログ読者からのコメントには少ないかなーと感じています。
    お忙しい中でなかなかお時間もとれないと思いますが、かなりの数の高野さんファンがこのブログを見ていると思いますので。読者のコメントとの掛け合いが増えればますます面白いかと感じます。
    偉そうにすみません。

  4. kei より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    いろいろなご意見もあるかと思いますが、「ねばならない」的なのはらしくないですし、高野さんご本人が気楽に書ける状況が一番か、と・・・。

  5. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.63 Safari/534.3
    ああ、そうですね…
    知り合いの「公人」に返信が多いのは、どっちにしてもメールを書いたり電話したりしなきゃならないので、どうせならこのブログ上でやったほうがてっとり早いし、めんどくさくない…と、ただそれだけの理由です。
    読者の方のコメントはどれも楽しくじっくり読んでます。
    なるべく(気が向けばですが)返事もしようと思います。

  6. タツ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_4; ja-jp) AppleWebKit/533.18.1 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Safari/533.18.5
    高野さん、こんばんは。
    あーなるほどそういう理由で。高野さんらしいですね(笑) 小さなことを気にしてしまってごめんなさい。
    それにしても倉敷においでになっていたんですね。自分の地元なのでプチニアミスしているかも知れませんね!これからも岡山の地から応援しています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 橋本幸士先生の『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社)がとても面白かったので、大栗博司著『大栗先生の超弦理論入門』(講談社ブルーバックス)にも手を出してみた。『超ひも〜』も大半がわからなかったが、こちらはほとんどわかなかった。だけど無類の面白さ。って、どういうことなんだろう? ReplyRetweetFavorite
    • 今なら宮田さんの小説に適切なアドバイスができますよ。 https://t.co/Ny6Wde0yPM ReplyRetweetFavorite
    • 本書によれば、「自分は普通以下のアホ」であり、「人生は楽しくないもの」と認識することによって断酒が可能になるという。断酒するつもりはないけど、こう考えるのは悪くないかも。 ReplyRetweetFavorite
    • 町田康著「しらふで生きる」(幻冬舎)が面白い!と噂に聞いたので読んでみた。久しぶりの町田節を堪能。30年間大酒を毎日飲み続けた町田さんがなんと断酒したという話だが、なんと酒云々を超えて「幸福論」になっている! ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑