*

「大人の遠足」速報

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

みなさん、お久しぶりです。
私は、アルジェリア領のサハラ砂漠で行われた「サハラ・マラソン」42.195キロに発作的に出場、なんとか完走しました。
たいへんに喉がかわいたので、現在はマドリッドでビール漬けになっています。
速報でした。

関連記事

no image

今明かされる「野々村荘秘話」

  新国劇の島田正吾が亡くなった。  「新国劇」など、私には何の関わりもないと思うだろうが、多少の縁

記事を読む

no image

ユーフラテスの旅の落とし穴

昨日やっとこワンに飛んだ。 延々とつづく茶色の香料として山岳地帯を見下ろし、 「こんなところで河下り

記事を読む

no image

「未確認思考物隊」出演者

関西テレビ「未確認思考物隊」のプロデューサーと会い、 やっと共演する人たちの名前がわかった。 MC(

記事を読む

no image

マンセームー脳人間、読書界へ進出!

学研「ムー」的なものに脳が染まってフリーズしてしまうという恐ろしい状態、 それが「慢性ムー脳人間」。

記事を読む

no image

『誰も国境を知らない』

西牟田靖『誰も国境を知らない』(情報センター出版局)の書評を 「北海道新聞」に書く。 新聞の書評は

記事を読む

no image

サドゥはバカか

インドにはサドゥと呼ばれる「聖者」がいる。 ヨガをしたり、瞑想したり、 大麻を吸ったり、すっぽんぽ

記事を読む

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極めて独特な倫理観や世界観をお話

記事を読む

no image

もう10月

いつの間にか10月になっていた。 先月読んだ本の中から面白いものをまとめて紹介しよう。 吉田誠一『ヨ

記事を読む

no image

帰国してからあまり読書欲がわかない。 読み出しては途中で飽きる、を繰り返していたが、 開高健『片隅の

記事を読む

no image

「売れる」ことに対する懐疑心

昨日のブログを見た集英社の担当Eさんに、「そんな自虐的なブログを書かないで!」と言われてしまった。

記事を読む

Comment

  1. 一読者 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    アルジェリアって治安悪いイメージだったんですが国際マラソンが開かれるくらいだからそんなに危険ではないのかな。お疲れ様でした。

  2. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729)
    同じマラソンでも東京マラソンよりもずっと過酷なような気がします。
    何時間ぐらいで完走されたのでしょうか?
    とにかくお疲れ様でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 萩尾望都さんがある候補作について、全体の構成力に難があるのが惜しいと言い、さらに「構成がどうすれば良くなるかは体力だ」と述べているが、「体力」とは一体何なのかは書いておらず。経験なのか物語を考える練度なのか。わかるようでわからず、わからないようでわかるような気もする。 ReplyRetweetFavorite
    • 「小説新潮」12月号に日本ファンタジーノベル大賞が発表されていた。私はファンタジーに興味はないが、選考委員の選評というやつは昔から好きで、自分もノンフィクション賞の選考委員になった今はもっと好きなので、さっそく読んでみる。やっぱ、面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 個人的に一押しは『謎のアジア納豆』。高野秀行さんがシャン語やビルマ語より秋田弁の聞き取りに苦闘する場面がツボにはまりました。「なまはげだけが秋田じゃない」秋田ブックフェア in 代官山蔦屋書店  https://t… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 芝園団地の大島隆さんと、団地オーソリティの大山顕さんの対談at下北沢B&B。おもしろくないわけがない! https://t.co/wkGzpQoUS3 ReplyRetweetFavorite
    • 来月10日にはそのカーニバルシリーズの続篇で、ゲストは関野吉晴さん。ラテンアメリカに興味がある人は行くしかないな。https://t.co/HFhYCOOCfS ReplyRetweetFavorite
    • 冒険家にしてカーニバル評論家の白根全さんのイベントに行ってきた。ゲストはピーター・バラカンさん。写真、映像、そして何より自由でパッションにあふれたカリブの音楽が最高。なぜ自分は色気のない不自由なイスラム圏を長く彷徨っているのだろうと思うほど。 ReplyRetweetFavorite
    • 謎の孤立言語ブルシャスキー語の研究者とはどんな人か、興味がある人はぜひ。 https://t.co/eFcNKTfphj ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑