*

心身がついていかない

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

日本に帰り突然環境が激変し、心身がまったく付いていかない。
2ヶ月近くソマリエリア(ソマリランド、ソマリア、ケニア東部)をうろうろしていて、
一度も腹を壊したことがなかった(というか腰痛以外は体調を崩したことがなかった)のに、
帰国してすぐ下痢になった。
冷たいものの飲み過ぎと急なアルコール摂取、そしてエアコンのせいだろう。
時差ボケもひどい。
というのは、ソマリランドにいたときすでに、「ラマダン時差ボケ」に陥っていたためだ。
ラマダン時は日中の飲食ができないため、夜に活発に飲み食いする。
例の葉っぱももちろん夜に食べる。
すると、朝まで全然眠れない。
ラマダンが明けてもそのサイクルからなかなか抜け出せない。
ソマリ人でもラマダン時差ボケは普通のようだ。
だから、私はラマダン時差ボケが6時間、ふつうの時差ボケが6時間で、
都合12時間ずれてしまっているわけだ。
実際には取材や打ち合わせ、人と会う約束が毎日入っているから、
午後はなんとか起きているが、それでも午後1時までは体が動かない。
で、寝るのは朝の7時。
昨日は鶴見で沖縄系ブラジル人の取材だったが、ここではカルチャーショックが強烈だった。
ブラジル雑貨屋に入ると、なんだかアフリカの雑貨屋的な感じがするので、気持ちがふっとそちらに戻るのだが、なぜか当たり前のように酒が売られていて驚いてしまう。
「え、いいの?」という感じだ。
しかもすぐ横には豚バラの塊やソーセージが大展開。
「オッラーヘ!」と思わず呟いてしまう。
ソマリ語で「おお、神よ!」というびっくりしたときの感嘆詞だ。
ペルー料理店に行けば、ソマリにもいそうな縮れた髪の褐色の女性がベールもかぶらず、胸元の大きく開いたシャツを着て、男の客に酒を出しているし、またもや「オッラーヘ!」
いや、もちろん、ここは日本だし、彼らは日系のブラジルかペルー人だからいいに決まっているが、なぜ人間はこんなに生活規範がちがうのか、ソマリ人をここに連れてきたらどう思うのか、「罰当たりめ!」などと言わず、むしろ大興奮するんじゃないかとか、あれこれ想像し、気もそぞろになる。
さらに、現地で再発した腰痛は健在で、右足は腰から足首あたりまでが痺れたような状態のまま。歩くのもスムーズにいかない。
急に催してトイレに駆け込むのも一苦労だ。
というわけなので、すみません、郵便物や宅配の荷物はまだ開けてもないし、
メールや暑中見舞いのはがきは拝見して心の中で感謝しているのみ、
借りたお金についても同様、
締切が迫った原稿については申し上げる必要もないでしょう。
みなさん、しばし、お待ち下さい……。

関連記事

no image

「ダカノ−ヒデYuki」が説くエンタメノンフin韓国

 韓国最大のネット書店のサイトに私のインタビューが掲載された話は前にしたが、 読者の方が翻訳サイトを

記事を読む

no image

私は魔境に生きた

本の雑誌の杉江さんに勧められ、 島田覚夫『私は魔境に生きた』(光人社NF文庫)を読んだ。 ニューギ

記事を読む

no image

育ての親

自然現象なのかバイオリズムなのか、 周期的に「落語がすごく聞きたい」という時期がくる。 今がその時期

記事を読む

no image

大人の遠足

 ブータンが4月に延期になり時間がぽっかり空いたので、 発作的に小旅行に出かけることにした。  つ

記事を読む

no image

昔の愛読書

今から30年以上も昔、私が小学生になったかならないかの頃、 トラゴロウというトラの出てくる物語を愛

記事を読む

no image

罠、二つ

「Amazon.co.jpで、以前に××の本をチェックされた方に、このご案内をお送りしています」と

記事を読む

no image

未確認思考物隊の新テーマ

保江邦夫『武道VS物理学』(講談社α新書)はあまりに凄い本だった。 癌を患ったひょろひょろの世界的

記事を読む

no image

末っ子はわるくない

金曜日、警官の職質とバーティカルでの取材&営業のあと、 ジュンク堂新宿店で宮田珠己、内澤旬子の両氏と

記事を読む

日本の中世人と現代ソマリ人の共通点と相違点

『謎の独立国家ソマリランド』の感想を述べたツイートに、清水克行『喧嘩両成敗の誕生』(講談社選書メチエ

記事を読む

自殺削減を国策として掲げたいワケ

最近、人に会うと「賞をとって忙しくなったんじゃない?」と言われるが、 実際には賞云々以前に、二

記事を読む

Comment

  1. おみや より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.1; EasyBits GO v1.0; .NET CLR 1.1.4322)
    腰痛のことも心配しております。気候や環境の急変、いくらお若くても大変です。どうか、ゆっくり、ゆっくり、お身体をかばって上げて下さい。

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    残暑お見舞い申し上げます。若い頃は平気でしたけど、歳を取ったら帰国してすぐは仕事になりませんよね。歳のせい(笑)にしてご自愛下さい。

  3. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C; YTB730)
    高野さんは新しい環境に対して適応力がある人、というイメージを持ってたのですが、日本に帰ってきてそれほどしんどい思いをしているとは…
    腰痛も心配ですね。お大事に。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年5月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑