*

心身がついていかない

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

日本に帰り突然環境が激変し、心身がまったく付いていかない。
2ヶ月近くソマリエリア(ソマリランド、ソマリア、ケニア東部)をうろうろしていて、
一度も腹を壊したことがなかった(というか腰痛以外は体調を崩したことがなかった)のに、
帰国してすぐ下痢になった。
冷たいものの飲み過ぎと急なアルコール摂取、そしてエアコンのせいだろう。
時差ボケもひどい。
というのは、ソマリランドにいたときすでに、「ラマダン時差ボケ」に陥っていたためだ。
ラマダン時は日中の飲食ができないため、夜に活発に飲み食いする。
例の葉っぱももちろん夜に食べる。
すると、朝まで全然眠れない。
ラマダンが明けてもそのサイクルからなかなか抜け出せない。
ソマリ人でもラマダン時差ボケは普通のようだ。
だから、私はラマダン時差ボケが6時間、ふつうの時差ボケが6時間で、
都合12時間ずれてしまっているわけだ。
実際には取材や打ち合わせ、人と会う約束が毎日入っているから、
午後はなんとか起きているが、それでも午後1時までは体が動かない。
で、寝るのは朝の7時。
昨日は鶴見で沖縄系ブラジル人の取材だったが、ここではカルチャーショックが強烈だった。
ブラジル雑貨屋に入ると、なんだかアフリカの雑貨屋的な感じがするので、気持ちがふっとそちらに戻るのだが、なぜか当たり前のように酒が売られていて驚いてしまう。
「え、いいの?」という感じだ。
しかもすぐ横には豚バラの塊やソーセージが大展開。
「オッラーヘ!」と思わず呟いてしまう。
ソマリ語で「おお、神よ!」というびっくりしたときの感嘆詞だ。
ペルー料理店に行けば、ソマリにもいそうな縮れた髪の褐色の女性がベールもかぶらず、胸元の大きく開いたシャツを着て、男の客に酒を出しているし、またもや「オッラーヘ!」
いや、もちろん、ここは日本だし、彼らは日系のブラジルかペルー人だからいいに決まっているが、なぜ人間はこんなに生活規範がちがうのか、ソマリ人をここに連れてきたらどう思うのか、「罰当たりめ!」などと言わず、むしろ大興奮するんじゃないかとか、あれこれ想像し、気もそぞろになる。
さらに、現地で再発した腰痛は健在で、右足は腰から足首あたりまでが痺れたような状態のまま。歩くのもスムーズにいかない。
急に催してトイレに駆け込むのも一苦労だ。
というわけなので、すみません、郵便物や宅配の荷物はまだ開けてもないし、
メールや暑中見舞いのはがきは拝見して心の中で感謝しているのみ、
借りたお金についても同様、
締切が迫った原稿については申し上げる必要もないでしょう。
みなさん、しばし、お待ち下さい……。

関連記事

no image

見えないサッカー世界大会

昨夜、ギリシアより帰国。 行きも帰りも飛行機に乗っている時間(トランジット含む)が24時間を超えると

記事を読む

no image

なぜか、まだ日本にいる…

なぜか、まだ日本にいる。 ミャンマー取材の許可がまだ取れず、出発が伸び伸びになっているのだ。 本来な

記事を読む

no image

調布VSスーダン

福島からの避難民を受け入れている調布の味の素スタジアムがどんなものなのか 見に行った。 私もボラン

記事を読む

no image

豚に真珠とはこのことか

昨年亡くなった義母の命日なので (そして一昨年亡くなった義父の命日にも近いので)、 義姉とその夫であ

記事を読む

no image

療養中の人にはアスクル?

「アスクル」、売れ行きはどうかわからないが、 評判はいい。 amazon.comでも、私の本の中では

記事を読む

no image

世の中がキビシイのではなく

二週間ほど前のこと、探検部OBで映像ディレクターの竹村先輩と本の雑誌の杉江さんと 三人で会った。 2

記事を読む

no image

たまには手紙で

「朝日新聞」が3月31日より「57年ぶりの紙面大幅リニューアル」され、 その特別記念企画としてタマキ

記事を読む

no image

あのUMAサイトが本に!

私がウモッカを知った伝説のウェブサイト「謎の未確認生物UMA」がムックとして登場。 管理人「さくだい

記事を読む

no image

闇の王国ブータン

ぜひ多くの人に読んでほしいと思いつつ、こちらの気持ちの思い入れが強くてなかなか紹介できなかった本

記事を読む

no image

アフガニスタン本ベストワンはこれだ!

前にここで紹介した石井光太・責任編集『ノンフィクション新世紀』(河出書房新社)で、国分拓と柳

記事を読む

Comment

  1. おみや より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.1; EasyBits GO v1.0; .NET CLR 1.1.4322)
    腰痛のことも心配しております。気候や環境の急変、いくらお若くても大変です。どうか、ゆっくり、ゆっくり、お身体をかばって上げて下さい。

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    残暑お見舞い申し上げます。若い頃は平気でしたけど、歳を取ったら帰国してすぐは仕事になりませんよね。歳のせい(笑)にしてご自愛下さい。

  3. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C; YTB730)
    高野さんは新しい環境に対して適応力がある人、というイメージを持ってたのですが、日本に帰ってきてそれほどしんどい思いをしているとは…
    腰痛も心配ですね。お大事に。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑