*

岡崎市のクライミングジムPlay Mountain

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


早大探検部時代に一緒にムベンベ探査を思い立ち、副隊長として参加した高橋洋祐から
「岡崎市でクライミングジムをオープンした」という電話が入った。
高橋は学生時代から熱病に浮かされたようにロッククライミングに明け暮れていた。
大洋漁業に就職後も、「独立してクライミングジムをやりたいんですけど、いけますかね?」と上司に相談し、「そんなのやめろ」などと言われていたという。
おそらく上司は「そんなことを俺に相談するな」という意味で言ったんだと思う。
当時はまだ日本にはクライミングジムなんて一つもなかった。
ひじょうに先進的だったわけだ。
あれから20年近くが経ち、今ではそこかしこにクライミングジムができている。
高橋も実家の会社に戻って働きながら、やっと今になって長年の夢を叶えた。
しかも日本でおそらく2番目に広いという巨大ジム。
上司はもういないが、奥さんには呆れられているという。
ふつうのジムの人工壁は木の板だが、高橋のジムPlay MountainではFRP(繊維強化プラスチック)の擬岩ウォールを使っている。
数年前、「これからベルギーのクライミングジムに見学に行ってくる」と電話で話していたが、そこでのものを採用したらしい。
見ればわかるが、本物のクライミングにかなり近いイメージだ。
子供や素人にもとっつきやすい。
興味がある方はぜひ行ってみてください。
希望者にはコンゴの話もしてくれるそうです。
公式サイト→
http://www.playmountain.jp/shopinfo.html

関連記事

no image

他社の本を宣伝する出版社って…

今注目を集めているポプラ社の文芸ウェブサイト「ポプラビーチ」をたまに眺めているが、 いろいろな意味

記事を読む

no image

丸善ラゾーナ川崎店は伝説になる

今、丸善ラゾーナ川崎店でものすごいフェアをやっている。 その名も「君は高野秀行を知っているか」。 私

記事を読む

no image

この地獄を見よ

丸善ラゾーナ川崎店のエンタメノンフフェアに触発されて 仕事もそっちのけで読みまくっている。 この二

記事を読む

ドンガラさん、15年ぶりの緊急来日

私がかつて翻訳したコンゴ文学の名作『世界が生まれた朝に』(小学館、絶版)。 その著者であるエマ

記事を読む

no image

メールマガジンがスタート!

※このコラムは◆週間 辺境・探検・冒険ML MBEMBE ムベンベ Vo.2◆に掲載されたものです。

記事を読む

no image

斉藤由貴とギアナ高地

今さらだが、クドカンこと宮藤官九郎脚本のドラマ「我輩は主婦である」を見ている。 斉藤由貴扮する早稲田

記事を読む

no image

【訂正】岡野雅行『野人伝』

このところ忙しくてブログを書く時間がなかなかとれないが、 岡野雅人 岡野雅行『野人伝』(新潮社)だ

記事を読む

no image

医学界に進出

「週刊医事新報」なる医学雑誌が自宅に届き、何事かと思ったら 私の本が紹介されていた。 神奈川県葉山

記事を読む

no image

まだやる気なのか?

集英社に行き、ムベンベ映画化を目論む映画監督アベ・ユーイチ氏とプロデューサーでネルケピクチャーズ役員

記事を読む

新キャラ・パープル旬子の『捨てる女』登場!

あと二時間ほどで家を出る。旅の準備はだいたい終わったと思ったら、大事なことがまだだった。 内

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年6月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑