*

趣味がほしい

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

毎年のように新年になると「趣味がほしい」と思う。

そう切実に願う理由は二つある。
昔、私の趣味はプロレスだった。
プロレスを見て、それについてあれこれ考え、
また同じプロレスファンと語り合うのを無上の喜びとしていた。

残念ながら総合格闘技の登場と、昭和のプロレスラーが表舞台から去ることで
プロレスへの情熱はどんどん薄れ、いまや絶滅してしまった。

あのときの興奮や楽しさをもう一度味わいたいという気持ちがある。

もう一つは、私はとにかく国内・海外を問わず、世界中のいろんな場所に行く。
もし何かを収集する趣味でもあれば、さぞかし面白いことができるんじゃないか、
あるいはその趣味のために旅行するのも楽しそうだなどと考えてしまう。

今年こそは…と考えつつ、ようやく少し時間ができてきたので、
今さらながら部屋の大掃除をしていたら、切手がたくさん出てきた。
1円とか2円とか15円とかいう妙な金額の、でも普通の日本の切手だ。

「なんだ、こりゃ?」と首をかしげていたが、やがて思い出した。
数年前の新年に「今年こそ趣味がほしい」と思い、いろいろ考えた結果、「そうだ、切手収集なんかいいんじゃないか」と
いうことになったのだ。
切手はアフリカの小国でもどこでも発行されているわけだし、私にうってつけじゃないか、と。

急いで郵便局に行って、ふつうの切手を片っ端から買い求めたのだ。

そして…

切手についてはそれっきり忘れてしまっていた!

大掃除で、切手に続いて発見したのはこれまた妙な形のアルバム。
これはすぐにわかった。
お札を入れるアルバムなのだ。

こちらは去年の正月に「今年から世界の通貨を集めよう!」と決意してアマゾンに注文したものの、
札を一枚も入れることなく放置していた。

通貨も世界中にあるし、絵柄にその国独特の文化や雰囲気が現れるから面白いだろうと考えたのだが、
切手同様、こちらにも致命的な欠陥があった。

とにかく、私はモノに執着がない。
モノは少なければ少ないほどいいと思っている人間が、モノを集めようとすることに無理がある。

…そんなことを言うと、きっとまたS氏が「浦和レッズのサポーターになりましょう!」と誘ってくるにちがいない。
でも、彼を見ていると、レッズ・サポというのは自然農法やそば打ち職人みたいに、ほとんど「生き方」に近く、
趣味とはとても言えない。

宮田部長の「石集め」にいたっては難解すぎて私にはついていけない。
もっとシンプルなものがいいのだ。他にも普通にやっている人がたくさんいて、そういう人たちと楽しく語り合えるような趣味がいい。
春風亭昇太師匠の「城めぐり」はおそらく私にとって理想的な趣味だが、あくまで国内の趣味であること、それに私のまわりには
誰も城めぐりをしている人がいないのが難点だ。

何かよい趣味があれば、ご提案ください。

関連記事

no image

なぜか今、コソボ

突然だが、明日から約2週間、旧ユーゴスラビアのコソボに行くことになった。 といってもコソボだけ

記事を読む

no image

別ジャンルで2つ上がる

「本の雑誌」2008年1月号が届いた。 2007年度ベスト10に『怪獣記』が6位にランクイン。 昨

記事を読む

no image

『謎の独立国家ソマリランド』PV&オタク本の魔力

『謎の独立国家ソマリランド』発売1カ月を記念して(?)、 プロモーション映像を作った。 http

記事を読む

no image

加点法の偉大なる記録

最近私が島田荘司を強力に勧めたため、友人の二村さんが読んでみたらしい。 で、答えは「島田荘司は減点

記事を読む

no image

間違う力の巨人、インドにデビュー!!

人は私に「間違う力」があるという。 いや、そんなことはない。 というか、私のやってることなど間違い

記事を読む

no image

NHKに出演して仰天

金曜日、NHK-BS1の「ほっと@アジア」という番組に出演した。 テーマは「UMA(未確認動物

記事を読む

no image

今さらだが…

角田光代『八日目の蝉』(中央公論新社)を読む。 今まで読んだ角田作品の中で(そんなにたくさん読んでな

記事を読む

no image

謎の独立国家ソマリランド大吟醸拾年古酒

仕事場にしている「辺境ドトール」は昭和の世界だ。 店長夫妻が常に店におり、私たち常連の客と交流

記事を読む

no image

昔の縁

仕事というより雑事に追われて ブログを書く時間もなかなかとれない日々が続いている。 昨日は稲城市で上

記事を読む

no image

前代未聞の藤沢周平ベストテン

『本の雑誌増刊 おすすめ文庫王国2007年』が発売された。 私はこの中で、なんと藤沢周平の全作品か

記事を読む

Comment

  1. Satay より:

    読書では駄目なのでしょうか?もう仕事の一部になってしまっているのでしょうか?

  2. 匿名 より:

    釣りはどうでしょう。高野さんは仕事のネタにしてしまいそうですが。

  3. 匿名 より:

    まずは趣味として浦和レッズファンから。
    いかがでしょう?

  4. 高野 秀行 より:

    読書はたしかに最大の趣味にしてザ・仕事。
    外に出歩く趣味がほしいのですが、それを考えればたしかに「釣り」はいい線を行っている。
    でも、どういうわけか、今まで釣りを面白いと思ったことはないんです。
    釣れたことがないせいかもしれないな。

    レッズはダメだって言ってるでしょうが!!
    私の文章を全然読んでないのか、レッズの応援をはじめると
    脳内でネガティヴ情報の遮断が行われるのか…

  5. コーヒー微糖好き より:

    高野さん
    いつもブログ・著作楽しく拝読しています。

    あまり物の執着がなのであれば、「本屋巡り」というのはどうでしょうか?
    電子書籍の登場で多くが無くなると言われていますが、地方や海外を巡ってみればいい味を出している本屋さんがあるかもしれません。

  6. GO より:

    世界のお酒でも集めてみられては?飽きたら飲んじゃえばいいのです、飽きる前に飲んでしまったら、また買い足せばいいのです(笑)

  7. 豆アジ より:

    初めまして。断然、釣果全般を食べられる海釣りをオススメします。釣果で飲むとタマランですよ。魚釣りに行っているのか、肴釣りにいっているのか、高野先生が釣りにハマればその境界について1冊書けると思います。釣れないのは時期と場所が悪いからかと。釣りの95%は釣れるときに釣れる場所に行くこと。あとの5%がウデと運と思います。……UMAも一緒ではないでしょーか。

  8. 匿名 より:

    散歩はどうでしょうか。私も以前から趣味がほしいなと思っていましたが、散歩なら何も準備しなくていいのでラクです。近場とかちょっといったところで。疲れたら電車とかで帰ればいいし。旅行自体も海外の散歩みたいなものですから。

  9. sayo より:

    怪しげな笛を世界各地で吹くのはどうですか?

  10. 義理の弟 より:

    腕立て伏せや懸垂はどうですか?ロシアや東ヨーロッパの青少年がかなり強いです。

  11. t2y より:

    先生いつも拝見しております。
    釣りは楽しいですよ。私は釣りが大好きなのでオススメします。

    何か動物モチーフの物を集めつとか。犬とか蛙とか。
    何処に行っても動物の形をした物はありますから。
    あとはカメラとか如何でしょうか。

  12. タツ より:

    波乗りでしょう!海上がりは水泳後の心地よい疲れ×10は補償しますよ!

  13. おに より:

    趣味って作るものじゃなくて、何だかわからんけども夢中になってしまうものだと思っていました。そう思って十数年、いまだに無趣味・・。
    みんながやってて簡単で、実益を兼ねた料理はどうでしょう。

  14. サラミ より:

    お酒をよく飲み歩くのですから、グルメ日記などいかがですか?高野さんが行っているお店を知りたいです!あとは、お料理とか!

  15. いつも読んでます より:

    私がオススメしたいのは、卓球です。
    【理由】
    ①家(部屋)で練習できる。主に素振りですが。
    ②無料、ないし格安で使える公共施設がたくさんある(しかも比較的空いている)。
    ③道具が楽しい。いろんな種類のラバーがあったり。
    ④いろんなサーブとか開発できそう。
    もし卓球部を結成したら是非参加したいです。

  16. Silent spice より:

    海外への取材時での現地料理のレシピ収集及び研究など如何でしょうか?
    私観での趣味なのですが
    トマト、唐辛子、ジャガイモの三種の作物は南米産なのにも関わらず
    今現在、世界各国の料理に広く深く浸透していると思うのです。
    中央アジアでのトマト、鎖国状態が永かったブータンの更に
    僻地にまで浸透している唐辛子、ネパールでのジャガイモ栽培
    アフリカでもトマトを食べる地域と余り食べない地域。など
    其々の作物の拡散経緯を政治、宗教の変遷を絡めてみると中々に興味深いと
    思うのです。と云いますか、其処に高野先生の着想、妄想が加わった。そんな本が読みたいですw しかも主夫としての料理スキル向上のオマケ付き。
    如何でしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑