*

どっちなんだ、奥泉光?

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


奥泉山登山、2回目は本屋大賞で5位にもなった『シューマンの指』(講談社)
前回とはうって代わり、デビュー作「その言葉を」を彷彿させるデミアンもの。
「デミアンもの」とは私が勝手に作ったジャンルで、ヘルマン・ヘッセの『デミアン』みたいに、自分と同世代だが圧倒的にすごいという仲間に憧れ、あとを追いかけていくというスタイルの青春小説である。
『モーダルな事象』より格段に読みやすくてどんどん進む。
しかもひじょうに美しい。
純文学とエンタメの類い希な融合、いやこれぞ本来の文学だ!と思っていたら…。
やっぱり奥泉山はふつうの山じゃない。
案の定というべきか、途中から不協和音を連発して物語を壊そうとする。
自然豊かなな山の中に突然、チープな遊園地を作るみたいな真似をする。
一体全体、小説を作りたいのか壊したいのか、どっちなんだ奥泉光? 
と、高橋源一郎のように問いたくなる。
でも、非常識な奥泉連峰の魅力は他に代え難いものがあり、またしても次の登山計画を建てている私がいる。
       ☆       ☆       ☆
月刊少年マガジン増刷「イーノ」誌のために、平山夢明氏と対談。
と言っても、一杯やりながらぐだぐだしゃべくっているだけだったが。
平山さんもなかなか小説執筆が進まないらしく、
次回はぜひ「どうしたら原稿がたくさん書けるようになるのか」について話し合ってみたいと思う。

関連記事

no image

本格エンタメノンフの傑作

平松剛『磯崎新の「都庁」』を読了。 著者については恥ずかしながら全く知らなかったが、2001年に同

記事を読む

no image

急性イラン中毒?

イランより帰国した。 たった10日ばかりの短期旅行とは思えないほど、 濃密な旅だった。 ド

記事を読む

no image

新計画?!「イラワジ河(ほぼ)全流下り」

 昨日から今日にかけて、突然新しい探検計画が生まれた。  その名も「イラワジ河ほぼ全流航下紀行」とい

記事を読む

no image

ペルシア猫を誰も知らない

イランのクルド人監督バフマン・ゴバディの『ペルシア猫を誰も知らない』を渋谷ユーロスペースで見た。

記事を読む

no image

新聞屋台村、再訪

今度、日本に移住した外国人の連載を始める関係で、 タイに関して聞きたいことがあり、ふらっとアポもな

記事を読む

no image

末っ子はわるくない

金曜日、警官の職質とバーティカルでの取材&営業のあと、 ジュンク堂新宿店で宮田珠己、内澤旬子の両氏と

記事を読む

no image

東武東上線では東武動物公園には行けない!?

「アスクル」はAmazon.comで発売直後から長らく、「3〜6週間待て」と書かれていたが、 ようや

記事を読む

no image

冷や汗をかいた…

『本の雑誌 おすすめ文庫王国2006』が発売された。 毎年楽しみにしているムックだが、今回は私自身も

記事を読む

no image

サドゥはバカか

インドにはサドゥと呼ばれる「聖者」がいる。 ヨガをしたり、瞑想したり、 大麻を吸ったり、すっぽんぽ

記事を読む

no image

ある天才編集者の死

集英社文庫で私の担当を長らく務めていた堀内倫子さんが急に亡くなられた。 茫然自失である。 堀内さんは

記事を読む

Comment

  1. TOKOKARA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; YTB730; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET4.0C)
    ワセダ三畳青春記読みました。その後彼女とはどうなりましたか?結婚しましたか?
    現在はどんな所に住んでますか?

  2. doo より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/534.24 (KHTML, like Gecko) Chrome/11.0.696.71 Safari/534.24
    デミアンもの笑 非常にわかりやすい表現ですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2019年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑