*

夢のエンタメノンフフェア

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

丸善川崎ラゾーナ店という書店で「エンタメノンフフェア」をやっており、
しかもそこの書店員オリジナルの32ページのエンタメノンフ目録を無料で配布していると聞き、それをもらいに行った。
行ってみてびっくり。
「君はエンタメノンフを知っているか」という大きなパネルの下に
並んだ本が約90冊。
今までいろんな書店のいろんな棚を見てきたが、
これほどまでに読みたい本ばかり揃っている棚は見たことがない。
そのうち私の本が3冊、私が書評で書いたことのある本が15冊あったが、
それ以外は担当書店員さんのオリジナルであろう。
それがまさにエンタメノンフ、どんぴしゃなのだ。
恍惚としてしまった。
最近エンタメノンフもすっかり話に出なくなってしまっているが、
こんなにあるんじゃん。
どう見ても面白そうな、しかも何か統一性を感じる本が一軒の書店で90冊も並べられるんじゃん。
はっきり言って、この棚をそのまま全国の書店で作ってもらってもいい。
というか、絶対にそうすべきだろう。
それほど素晴らしい。棚を作った書店員さんも並みの人ではない。
たまたま銀行から金を下ろしたばかりだったので、思わず未読の本を全部買いそうになったが、金額的にさすがに無理だし、私が買い占めたら他のお客さんが買えなくなってしまう。
ぐっとこらえて、5冊に絞る。
佐藤あつ子『もう一度会いたい 思い出の人、さがします』(草思社)
福田政史『現役探偵の調査ファイル 七人の奇妙な依頼人』(双葉文庫)
野々村馨『食う寝る座る 永平寺修行記』(新潮文庫)
屋宮久光『南の島のたったひとりの会計士』(扶桑社)
ゲリー・ネイデル/ロブ・チャーチル『ヴォイニッチ写本の謎』(青土社)
目録は品切れとのことだった。
残念だが、もう一度行く口実ができた。

関連記事

no image

『メモリークエスト』やっと発売

見本ができてからあまりに長い時間がたったので すっかり実感を失ってしまっていたが、 今日(10日)

記事を読む

no image

『ルポ アフリカ資源大国』 

ソマリアに行ったことのある日本人ジャーナリストはいないかと調べてみたら、 毎日新聞のアフリカ特派員だ

記事を読む

no image

早稲田についての質問は困る

「早稲田」についての記事をつくっている毎日新聞の記者の人から取材を受ける。 その記者さんの話では、今

記事を読む

no image

あの素晴らしい旅行記をもう一度

なんとなく小島剛一著『トルコのもう一つの顔』(中公新書)を再読したが、 あらためて素晴らしい本だ。

記事を読む

no image

おお、神よ、私は働きたくない

宮田珠己待望の新刊『なみのひとなみのいとなみ』(朝日新聞出版)が発売された。 単行本の新刊は一年半ぶ

記事を読む

no image

鴎外、ダメじゃん!

ひきつづき、吉村昭。 今度は慈恵会病院の創始者で海軍医総監にもなった医師・高木兼寛の一生を描いた

記事を読む

no image

ソマリランドで発見した素敵なドリンク

人と喋っているときはいいのだが、一人になると、波のように佐藤先輩のことが押し寄せてきて、 いろんな

記事を読む

no image

目的は果たせたのか

調布の東京外大から江戸川の葛西臨海公園まで、 アブディンとタンデム(トライデム)で出かけた。 目的

記事を読む

no image

カルトにムックはよく似合う

紹介が大幅に遅れて申し訳ないのだが、「偏愛!! カルト・コミック100」(洋泉社ムック)という面白い

記事を読む

no image

現実逃避にはこの本を!

「急性いい人症候群」の後遺症は大きかった。 いわき市に一週間行っている間に仕事と雑務と不意打ち的な問

記事を読む

Comment

  1. nao より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 SH905iTV(c100;TB;W30H20)
    先週、19日にたまたま見つけて驚きました。
    目録は最後の一冊をGetできました。
    今後も続けて欲しいですね!

  2. 昼寝かわうそ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.0.13) Gecko/2009073022 Firefox/3.0.13 (.NET CLR 3.5.30729)
    私もその「エンタメ・ノンフ」の目録が欲しいです!
    担当書店員さんに著作権があるのかもしれませんが,
    丸善各支店に置いていただけるなら,取りに行きます。
    関係各位,どうぞよろしくお取り計らいください。

  3. rei より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    都内でも、やってほしい。
    南の島に会計士は必要なんだろうか。タイトルだけで面白そう。
    食う寝る座る、以前読みました。面白かったです。
    ところで、昨今の事件のせいか、
    政府がこんな変なフラッシュ作ってます。
    http://www3.gov-online.go.jp/gov/o_movie/200905/f_taima_bokumetsu.swf
    高野さん、ここはひとつ監修してあげて
    身体におよぼす影響とかのアドバイスしてやってください。

  4. sataz より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.0; ja; rv:1.9.1.2) Gecko/20090729 Firefox/3.5.2
    どうもはじめまして、いつも読ませていただいています。
    この記事を読んで今日、丸善川崎ラゾーナ店に行ってみたところ、目録がおいてあり、一つ入手してきました(私の後の残りは三つ)。
    また青山潤氏との対談が載っている雑誌も購入、面白かったです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年6月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑