*

ワンの大地震

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

バンコクで大洪水、そしてトルコ東部のワンでは大地震が発生。
私にとって思い入れが深く、知人友人が何人もいる地域で立て続けに天変地異である。
とくにワンが日本の新聞の一面に載るなど考えられなかったことだ。
私はワンに3回も行っている。
最初に行ったときは、単なる家族旅行だったが、真夏なのに降雪に出くわし、
同行していたジャーナリスト兼ドライバーのイヒサンの手でトルコの新聞に出てしまった。
2回目はワン湖に棲むという謎の未確認動物ジャナワール調査のため、カメラマンの森や
学生の末澤と訪れた。
今回、地震の被害の大きかったエルジシュでも目撃談を集めたりしていた。
このとき、私は謎の黒い物体を目撃してしまい、またしてもイヒサンの手で
トルコの新聞に大きく載ってしまった。
この経緯は「怪獣記」(講談社文庫)に詳しく書いている。
3回目は去年の11月。つまり約1年前。
森、末澤、それからSPA!の編集者・織田君という4名で、ユーフラテス河を見に行った。
ユーフラテス河の最長源流はワンのそばを通っているのだ。
このときは、ワン行きで初めて何も起こらずトルコの新聞にも出ないで終わった。
ただ、ひじょうに寒く、東京の真冬並みの気温だったと記憶する。
いま、屋外で夜を過ごすのは相当に厳しいにちがいない。
ワン周辺は昔から天変地異の多いところらしく、それが怪獣伝説を生んできた側面があるのだが、大地震になると、新聞ネタでは済まない。
3回の訪問でお世話になったり、話をしたりした人は膨大な数にのぼる。
中には被災した人もいるだろう。
イヒサンと、その相棒であるガイドのエンギンの安否については、
メールを出したが、まだ返事がなく、わからない。
おそらく電気が止まっているのだろう。
生命力あふれる彼らは大丈夫のような気がする。
イヒサンはたぶん、例によってワン湖周辺の被災地を駆け回り、レポートしまくっているだろう。
いっぽう、エンギンは得意の英語とコーディネーター力を生かし、
海外からの救援隊やマスコミのガイド・通訳にあたっているだろう。
少なくともそう信じたいところだ。
写真・上:夜明けのワン市街  写真・下:ワンで出会った美人女子高生

関連記事

no image

珍しく円城塔氏と気があった、と思ったのだが……「本の雑誌」上半期ベスト1特集

「本の雑誌」8月号が届いた。今回の特集は「2012年上半期ベスト1」で、私も書いている。題して「超人

記事を読む

ムエタイのちチュニジア飲酒紀行

3,4日前に発売になった「ゴング格闘技」7月号で、格闘家・ムエタイ研究家の菱田慶文先生(帝京平成

記事を読む

no image

離島に電子書籍を!

最近は中東・アフリカのイスラム圏に行き、取材して原稿を書くことが多い。 そういうとき、ネットは便利だ

記事を読む

no image

生物「超」多様性問題

探検部の後輩で今、テレビのディレクターをやっている男が生物多様性問題について取材をしているというので

記事を読む

no image

驚異の山形勉強会

昨年に引き続き、山形大学医学部の先生主催による「勉強会」にお招きいただき、 週末は山形に行き、今さ

記事を読む

no image

「激しくおもしろいブログ100」

 先週、突然見知らぬ人からメールが来た。 「あなたのブログは『激しくおもしろいブログ100』に選ばれ

記事を読む

no image

友人がちゃんと難民になる

フランスへ逃れてから難民申請をしていたルワンダ人の友人から 「やっと正式な難民認定を受けた」という喜

記事を読む

no image

「少しよろしいですか」

打ち合わせがあったのだが、電車に乗ってから肝心の原稿を忘れたことに気づき、 愕然としていったん帰宅。

記事を読む

no image

ブログとツイッター

半年ほど前、誰かに誘われてツイッターを始めたものの、使い方がよくわからないうえ、 面倒くさくなって放

記事を読む

no image

紳士の日記

「紳士の日記」を標榜するバンコク発の月刊風俗誌「G-Diary」の100号記念永久保存版が送られて

記事を読む

Comment

  1. けんじり より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_6_8) AppleWebKit/534.51.22 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.1 Safari/534.51.22
    怪獣記は愛読書の一つです。
    イヒサンよりもエンギンよりも、
    そのごっついべっぴんの女子高生のほうが心配です。

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    「怪獣記」は、僕も大好きな作品です。神秘的な地に暮らすパワフルな彼らも、この作品の大きな魅力のひとつです。イヒサン・アビそしてエンギンが無事だといいけど…

  3. koikea より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB7.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; CIBA; InfoPath.3; AskTbTKR/5.8.0.12304)
    バンコクのペちゃん(おじいさんが上院議長だった、元新聞屋台村の手が悪かったタイ人/現在は旅行会社社長)の家が洪水に会い、避難しているとか。パオちゃんの家のあたりはすでに水が引いているとのことです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 20年前に読んだときは彼ら一人一人がどれほどのスーパースターだったのか理解できていなかった。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • 本田靖春の文章力はさすがですね。 https://t.co/2lCA4RMIds ReplyRetweetFavorite
    • やりたいことをやりたいようにやって90年。今西錦司の人生をたどった後では、ちまちました仕事のメールとか経費の計算とか原稿書きとか全くやる気を失う。悪書なり。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野さん、ほんとに傘ささないんですよね。この間、辺境スタジオに向かうときも雨が降っていたのですが、まったく意に介さぬ様子で。 noteの「辺境メルマガ」更新しました。今回は『辺境中毒!』(集英社文庫)の文庫解説より転載しております!… ReplyRetweetFavorite
    • 本棚整理のついでに本田靖春著『評伝 今西錦司』(講談社文庫)を20年ぶりぐらいに再読してしまった。今西軍団に所属した選手(学者)がとにかくすごい。西堀栄三郎、梅棹忠夫、川喜多二郎、中尾佐助、藤田和夫、伊谷純一郎、河合雅雄……。レアル・マドリード並みの銀河系軍団。 ReplyRetweetFavorite
    • 河童似の杉江さんに「高野秀行は河童じゃないか」と言われてしまった。同族? https://t.co/dHF7mfwfjq ReplyRetweetFavorite
    • 毎月、新しい本がやってくるので、毎月本の整理をしなければならない。で、その間に気になった本を手にとって立ち読みしてしまう。今日立ち読みしたのは中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』(講談社)。短編集だが、表題作がすばらしいのだ。家で立ち読み感動。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑