*

ワンの大地震

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

バンコクで大洪水、そしてトルコ東部のワンでは大地震が発生。
私にとって思い入れが深く、知人友人が何人もいる地域で立て続けに天変地異である。
とくにワンが日本の新聞の一面に載るなど考えられなかったことだ。
私はワンに3回も行っている。
最初に行ったときは、単なる家族旅行だったが、真夏なのに降雪に出くわし、
同行していたジャーナリスト兼ドライバーのイヒサンの手でトルコの新聞に出てしまった。
2回目はワン湖に棲むという謎の未確認動物ジャナワール調査のため、カメラマンの森や
学生の末澤と訪れた。
今回、地震の被害の大きかったエルジシュでも目撃談を集めたりしていた。
このとき、私は謎の黒い物体を目撃してしまい、またしてもイヒサンの手で
トルコの新聞に大きく載ってしまった。
この経緯は「怪獣記」(講談社文庫)に詳しく書いている。
3回目は去年の11月。つまり約1年前。
森、末澤、それからSPA!の編集者・織田君という4名で、ユーフラテス河を見に行った。
ユーフラテス河の最長源流はワンのそばを通っているのだ。
このときは、ワン行きで初めて何も起こらずトルコの新聞にも出ないで終わった。
ただ、ひじょうに寒く、東京の真冬並みの気温だったと記憶する。
いま、屋外で夜を過ごすのは相当に厳しいにちがいない。
ワン周辺は昔から天変地異の多いところらしく、それが怪獣伝説を生んできた側面があるのだが、大地震になると、新聞ネタでは済まない。
3回の訪問でお世話になったり、話をしたりした人は膨大な数にのぼる。
中には被災した人もいるだろう。
イヒサンと、その相棒であるガイドのエンギンの安否については、
メールを出したが、まだ返事がなく、わからない。
おそらく電気が止まっているのだろう。
生命力あふれる彼らは大丈夫のような気がする。
イヒサンはたぶん、例によってワン湖周辺の被災地を駆け回り、レポートしまくっているだろう。
いっぽう、エンギンは得意の英語とコーディネーター力を生かし、
海外からの救援隊やマスコミのガイド・通訳にあたっているだろう。
少なくともそう信じたいところだ。
写真・上:夜明けのワン市街  写真・下:ワンで出会った美人女子高生

関連記事

no image

有名人ではありません

この一週間はインタビューが多い。 読売新聞、PL教の雑誌、そして今日は図書館教育ニュース。 最近では

記事を読む

no image

イランの料理をみくびっていた

日曜日、「おとなの週末」で連載開始する「移民の宴」の第2回取材で、 イラン人のベリーダンサー、ミーナ

記事を読む

no image

ギックリの元はこの本でとれた

まったくげっそりした一週間だった。 せっかくここ数年でかつてないくらい体調も体力もあがってきた

記事を読む

no image

藤岡弘はキリヤマ隊長か

子供のころ夢中になっていたウルトラセブンを見たくなり、DVDを購入、第5話から第8話まで見たが、あ

記事を読む

no image

カゴの中の鳥のつぶやき

謎の海賊国家プントランドに入ってからもうすぐ一週間。 今は首都のガロウェという町にいる。 滞在し

記事を読む

no image

インディアンの驚くべき小説

シャーマン・アレクシー『はみだしインディアンのホントにホントの物語』(小学館)という本を妻の本棚で

記事を読む

no image

小説の書き方本、ベスト3はこれだ!

「本の雑誌」12月号が届いた。 特集は「いま作家はどうなっておるのか!」 ベテラン文芸編集者が匿名

記事を読む

『移民の宴』重版。ついでにお詫びと訂正

先日、読者の方からこんなメールをいただいた。 「過日、御著「移民の宴」を拝読いたしまし

記事を読む

no image

次にブレイクする作家

 今月8日発売の「本の雑誌」(7月号)に、久しぶりに私の名前が出た。  「次にブレイクする作家はこ

記事を読む

no image

ゾウ本について他

まずはお知らせから。 『辺境の旅はゾウにかぎる』(本の雑誌社)を ただいま「本やタウン」でご予約いた

記事を読む

Comment

  1. けんじり より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_6_8) AppleWebKit/534.51.22 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.1 Safari/534.51.22
    怪獣記は愛読書の一つです。
    イヒサンよりもエンギンよりも、
    そのごっついべっぴんの女子高生のほうが心配です。

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    「怪獣記」は、僕も大好きな作品です。神秘的な地に暮らすパワフルな彼らも、この作品の大きな魅力のひとつです。イヒサン・アビそしてエンギンが無事だといいけど…

  3. koikea より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB7.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; CIBA; InfoPath.3; AskTbTKR/5.8.0.12304)
    バンコクのペちゃん(おじいさんが上院議長だった、元新聞屋台村の手が悪かったタイ人/現在は旅行会社社長)の家が洪水に会い、避難しているとか。パオちゃんの家のあたりはすでに水が引いているとのことです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • たぶん、どっちかが死ぬ。 https://t.co/yZgTTAsMpC ReplyRetweetFavorite
    • さらに電話でこの友人に問いただすと、「俺にはコスプレとファッションのちがいがわからない」とか「ただの布に10万とか出すなんてどうかしてる」など、迷言の数々。内澤さん、もし続篇やるなら、この男をバーニーズに連れて行ってやってください。鴨田さんとの一騎打ちが見たい。 ReplyRetweetFavorite
    • 私の親しい友人が内澤旬子さんの『着せる女』の写真を見て、「beforeの何が悪いのかわからん」「afterは単にみんな、スーツの人になっただけに見える」などという恐るべき感想を述べていた。村西監督じゃないが「下には下がいる」。 ReplyRetweetFavorite
    • よかった、森の中に捨てられないで。 https://t.co/RHPN5DeTlF ReplyRetweetFavorite
    • 新型肺炎のニュースを見聞きしていると、病気に罹患してないのに気鬱、苛立ち、焦燥感といった各種症状におそわれる。そんなときは全卓樹著『銀河の片隅で科学夜話』(朝日出版社)が効くと気づいた。ひそやかな科学の好奇心が鎮静剤になる。造本も素晴らしい。 ReplyRetweetFavorite
    • 「パラサイト」もびっくり。半地下どころか墓場の地中深くに潜っていたのか、私は。 https://t.co/FspAO48snC ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子さんの新刊『着せる女』(本の雑誌社)読了。「職質もののファッション」を纏う男性陣に似合うスーツを選ぶ顛末。ビフォーアフターの写真つきです。笑いで免疫力増しましたわ。高野秀行さんの場合が、ビフォーもアフターも破壊的に凄い。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑