*

シュウコウとヒデユキは同一人物です

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


ご存知のように、前回のブログのコメント欄に映画配給会社の宣伝の人から
コンゴの作家、エマニュエル・ドンガラさんの連絡先を教えてほしいという伝言が掲載された。
実は私もつい最近、内澤旬子さんより聞いて知ったのだが、
ドンガラさんの『ジョニー・マッド・ドッグ』という小説が
いつの間にか映画化され、日本でも公開されることになったという。
ネットで調べたら、
なんとカンヌ映画祭で賞ももらっていた。
内澤さんが試写会のチケットをもらい、誘ってくれたので、
近々見に行くつもり。
少しは話題になって、その前の作品である『世界が生まれた朝に』(高野秀行訳、小学館、絶版)
がどこかで文庫化されないかな、なんて、はかない希望を抱きはじめてしまった。
      ☆          ☆           ☆
先日、サハラ・マラソンに出た帰り、マドリッドで夜中、いきなり高熱を出した。
砂で喉がやられたうえに、急に集中力を爆発させて5時間以上も走った疲れというか、
知恵熱みたいなものかもしれない。
とにかく、翌日の17時間のフライトに耐えられそうになかったので
深夜に医師を呼ぶべく日本の保険会社に電話した。
すると、ここで問題発生。
私はネットで保険会社と契約した。
クレジットカードで支払い、その名義である「タカノ・シュウコウ」が契約人となっていた。
去年の名前変更大作戦の名残りだ。
しかるに、パスポートでは「タカノ・ヒデユキ」。
ここで電話オペレーターが困惑し、「シュウコウ様とヒデユキ様が同一人物だということを
示す証明書がありますか?」
「同一人物だという証明書???」
私も絶句。
マドリッド。深夜2時。熱が39度近くあるのに
どうしてこんなことになるのだ!
「私がその生き証人ですよ!」とかわけのわからないことを
口走り、
電話が何度も行ったり来たりしたあげく、
なんとか解決されたようだが、
文字通り疲労困憊した。
こんなバカらしいことはこりごりなので、やっと重い腰をあげ、
シュウコウとヒデユキが入り混じっている各種の名義を、
ヒデユキに統一することにした。
銀行口座はとりあえず全てヒデユキに戻した。
振込は今後、じゃんじゃんヒデユキにお願いしますね。

関連記事

no image

また知り合いがノンフィクション賞を受賞!

小説すばる(10月号)に、開高健ノンフィクション賞の発表が載っていた。 それを見て、たまげてしまった

記事を読む

no image

もう当分OBとは関わりたくない

早大探検部50周年映像上映会はけっこう大勢の人が来てくれたし、 西木正明、恵谷治両先輩とのトークも想

記事を読む

no image

間違えてしまった…

「ミャンマーの柳生一族」が予想以上に好評だ。 あんなトンチキな本、誰が読むんだろうと他人事のように思

記事を読む

no image

日本はよい国

天気がいいので、相模湖から城山まで山をぶらぶらする。 途中の休憩小屋で酒が売られているのを見て感激

記事を読む

no image

未確認思考物隊の新テーマ

保江邦夫『武道VS物理学』(講談社α新書)はあまりに凄い本だった。 癌を患ったひょろひょろの世界的

記事を読む

no image

探検部映像50年史のお知らせ

早稲田大学探検部50周年映像史が、早稲田祭の期間中に 早大で上映されることになった。 ほとんどNHK

記事を読む

no image

V字に向けて

後手後手になってしまっているが、2月20日ジュンク堂書店での 「エンタメノンフ三銃士トークショー」は

記事を読む

no image

今更アニー・プルーの衝撃

この前、マイクと話していたとき、「アニー・プルーがいい」と言っていた。 私も十年以上も前、まだ早稲

記事を読む

no image

館山で昼寝

ぶらっと東京湾フェリーに乗って館山に行ってみた。 船の中でビールを飲んだら眠くなり、館山駅近くの小

記事を読む

no image

ベトナムより帰国

ベトナムより帰国した。 謎の猿人フイハイ(フイホアイ)を探しに行ったのだが、例によって現地は思いがけ

記事を読む

Comment

  1. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729)
    銀行のキャッシュカードのパスワード認証ができず
    新しいカードを作るはめになりました。
    1つのパスワードを使いまわすのは危険と聞きますが
    とても覚えられません。
    シンプルなのが1番だと思います。
    名前なら尚更です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : みなさん、納豆、お好きですか? ミャンマーの奥地で偶然出会った「納豆卵かけごはん」に衝撃をうけ、アジアの納豆文化を求めて彷徨う旅人は『辺境メシ』の高野さん! 『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』(高野秀行著 新潮文庫) ht… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆」のとなりに、コッソリと「くさいはうまい」(角川ソフィア文庫)を並べるともう臭いプンプン新刊台に♪ ReplyRetweetFavorite
    • 坂野さん、今回も素敵な装幀をどうもありがとうございました!! https://t.co/C6Q6VmjeUo ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑