*

シュウコウとヒデユキは同一人物です

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


ご存知のように、前回のブログのコメント欄に映画配給会社の宣伝の人から
コンゴの作家、エマニュエル・ドンガラさんの連絡先を教えてほしいという伝言が掲載された。
実は私もつい最近、内澤旬子さんより聞いて知ったのだが、
ドンガラさんの『ジョニー・マッド・ドッグ』という小説が
いつの間にか映画化され、日本でも公開されることになったという。
ネットで調べたら、
なんとカンヌ映画祭で賞ももらっていた。
内澤さんが試写会のチケットをもらい、誘ってくれたので、
近々見に行くつもり。
少しは話題になって、その前の作品である『世界が生まれた朝に』(高野秀行訳、小学館、絶版)
がどこかで文庫化されないかな、なんて、はかない希望を抱きはじめてしまった。
      ☆          ☆           ☆
先日、サハラ・マラソンに出た帰り、マドリッドで夜中、いきなり高熱を出した。
砂で喉がやられたうえに、急に集中力を爆発させて5時間以上も走った疲れというか、
知恵熱みたいなものかもしれない。
とにかく、翌日の17時間のフライトに耐えられそうになかったので
深夜に医師を呼ぶべく日本の保険会社に電話した。
すると、ここで問題発生。
私はネットで保険会社と契約した。
クレジットカードで支払い、その名義である「タカノ・シュウコウ」が契約人となっていた。
去年の名前変更大作戦の名残りだ。
しかるに、パスポートでは「タカノ・ヒデユキ」。
ここで電話オペレーターが困惑し、「シュウコウ様とヒデユキ様が同一人物だということを
示す証明書がありますか?」
「同一人物だという証明書???」
私も絶句。
マドリッド。深夜2時。熱が39度近くあるのに
どうしてこんなことになるのだ!
「私がその生き証人ですよ!」とかわけのわからないことを
口走り、
電話が何度も行ったり来たりしたあげく、
なんとか解決されたようだが、
文字通り疲労困憊した。
こんなバカらしいことはこりごりなので、やっと重い腰をあげ、
シュウコウとヒデユキが入り混じっている各種の名義を、
ヒデユキに統一することにした。
銀行口座はとりあえず全てヒデユキに戻した。
振込は今後、じゃんじゃんヒデユキにお願いしますね。

関連記事

no image

急性イラン中毒?

イランより帰国した。 たった10日ばかりの短期旅行とは思えないほど、 濃密な旅だった。 ド

記事を読む

no image

『謎の独立国家ソマリランド』PVはこちらで

昨日、朝日新聞の書評欄で『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)が取り上げられた。 しかも、なん

記事を読む

no image

相模原の秘境

取材で相模原の郊外へ行く。 畑の中にポツンとあるちっぽけな施設に、すごい人物がいた! ほんとうに凄い

記事を読む

no image

小さいおうち

中島京子の直木賞受賞作『小さいおうち』(文藝春秋)を読む。 まあ、書き出しから文章がすばらしい。

記事を読む

no image

本の雑誌年間ベスト1

本の雑誌1月号が届く。 恒例の年間ベストテンの1位はあの新人の快著。 しごく納得。 あの秘境ノンフ

記事を読む

no image

朝青龍ミステリー

木村理子『朝青龍 よく似た顔の異邦人』(朝日新聞出版)を読む。 スポーツ選手に密着したルポものでは

記事を読む

no image

クンサー死去

 韓国へ行っている間だったため知らなかったが、 「元・麻薬王」ことクンサーが死んだそうだ。  私は

記事を読む

no image

私も外出作家へ

珍しく朝から快晴。 空気が澄み渡り、なにやらトルコのワン湖周辺にでもいるようだ。 部屋にこもっている

記事を読む

no image

イケメンなのか昆虫なのか

新潮社にて、トレイルランの第一人者・鏑木毅氏と対談。 さらっとした長髪とにこやかな笑みがなんとも魅

記事を読む

no image

『猛き箱舟』をうっかり再読

いろんな仕事がたまっているのに、船戸与一の大作『猛き箱舟』を読んでしまった。 西サハラを舞台にして

記事を読む

Comment

  1. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729)
    銀行のキャッシュカードのパスワード認証ができず
    新しいカードを作るはめになりました。
    1つのパスワードを使いまわすのは危険と聞きますが
    とても覚えられません。
    シンプルなのが1番だと思います。
    名前なら尚更です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • まあ、そもそもクイックターンができない人間を本格的なスイマーとは呼ばないか。 ReplyRetweetFavorite
    • 今日、水泳のレッスンで、コーチの先生に」高野さん、今日ずっとクイックターンしてましたね。えらい!」と褒められた。本格的に10年以上やってるスイマーでクイックターンができたと褒められてるのは日本広しと言えども私だけだろう。 ReplyRetweetFavorite
    • だから田向さんは探検家なのだ。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【告知】高円寺でトークイベントやります。一流旅行作家というか探検家の高野秀行さんと!! チケットが、21時から発売です!! 2月16日(日)「さくら剛VS高野秀行 初対面ですぐ対談!!with和田虫象 ☆さくら剛新刊発売記念企画☆」 h… ReplyRetweetFavorite
    • 今、テレビの「プロフェッショナル」で珍獣ドクターの田向健一さんが出てる。田向さんは麻布大学探検部出身で、今の仕事は探検活動なんだと前に会ったときに言ってた。 ReplyRetweetFavorite
    • 先週から風邪で鼻づまりがひどく、匂いは90%、味も70%わからない。カレーを食べてもそれがカレーかどうかわからないほど。このままだと納豆探検家生命に関わる。 …まあ、大した生命じゃないけどね。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日取材で南アルプス市ふるさと文化伝承館に行った。何の予備知識もなかったので、「人体文様付有孔鍔付土器」なんてものがあり、「なんじゃこりゃ⁉︎」と驚く。私の好きなアフリカのアートにすごく近いものを感じる。 https://t.co/zNCJc0hdFR ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑